プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
またワードローブの整理をする

こんにちは〜、やっと本格的な衣替えに手を付けたchiguです。

 

11月の半ばになっても冬らしいアイテムを出さずに過ごして来られたんだから

やっぱり気候があったかいんですねえ。

移動のときのアウターだけ調整すればなんとかなってたもんな〜。

 

とは言えだんだんそれなりに冷える日々になってきて(さすがにその方が安心するよね)

今年はことのほか億劫がっていた衣替えに昨日からやっと着手。

 

いつものことで、とりあえず全アイテムを出して整理。

今回はよく着たものと着なかったものに分かれるな〜。

シーズンで自分のテーマも気分も変わるからね。ここしばらく徹底してパンツスタイルだったからな。

 

何を着るかってテーマはやっぱり大きい、だって一日中何かは着ているわけだから。

そんなに大げさなものでもない。

自分を”何からしく”見せたい?

今はどんなライフスタイルなのか。

何を目指しているのか、どうなりたいのか。

時には迷子になって「なんとか診断」や本や雑誌に頼ってみたり。

 

やっぱりただ自分らしくいたい、それにはどうしたらって思うのがファッションでありスタイルであって

「自分がしっくりきて、その格好の自分を自然に受け入れられる」かどうかを

自分で感じとれないかぎり、落ち着きどころって無いような気がする。

今日、自分がなにを食べたいかのかは自分にしか分からないのと同じで、

自分がどう感じているかの感度を上げていくしかない。

本当の自分がどう感じているかを知る訓練が必要なんだよねえ。

それにはいったん、人からどう思われるかとか、自分をどう見せたいのか、を取っ払った自分と向き合わなくてはならなくて、

これがまたなかなか難しいことなんだよね。自分の声を聞く作業に慣れないとさ。

 

でもそれが出来れば、気負わずにのびのびと自分らしい自分でいられる。

鏡を見て「ウフ♡」でもなければ「まあいいや」でもなく、「うんうん、そうね」と思えること。

服選びで「うんうん、そうね」を整えたら、

あとはお気に入りのジュエリーひとつで「ウフ」のテンションにもいけるし

そこまでいかずとも、ただ落ち着いた気分と服とのフィット感だけでも十分な日もある。

 

 

とりあえず、今シーズン着なかったな〜のアイテム、多くはまだ大好きと感じている子たちなので

ワードローブに置いておきます。

ワンシーズン着なかったらもう着ない、という判断基準もあるようだけれど私はそれは採用しない。

そもそもうんと気に入って連れて帰った子たち、

急に「あれ、今日はこの子がしっくりだね」って日も来るような気もするし

何しろ大好きな子を無理に手放す理由が今は見つからないし。

 

とりあえず大量の洗濯や、引き出しから出したアイテムのスチームかけ、毛玉のチェックとか、

あっという間に一日が過ぎてしまうのであった・・・。

晴れた日にやれて良かった良かった。

入れ替えたワードローブ、明日何を着ようかなって、やっぱり楽しい。

| chigu | 日々のこと | 21:20 | 昨年の記事 | comments(0) |
手紡ぎウールのマフラー二枚め

こんにちは〜、今日は織物教室に行ってきたchiguです。

 

昨日と違って天気が良くて、それだけで気分がウキウキで

教室に向かう前に済ませなくてはならない家事や白チワワのちびナナたんの散歩も鼻歌交じり。

道中のドライブも上機嫌。

 

で、到着して、さて心新たに二枚目ですよ〜なんて織り始めたらまたたくさん間違えると。

間違ったって戻って直せるんだから別に良いのだ。

根気は私の武器なのだ(←呑気なだけとも言うかも知れない)。

 

 

二枚目は真っ白と薄いグレーを交互に入れています。

かなりフカフカ、フンワリの手触り。

ただ、素肌の首に巻けるくらいチクチクしないで出来ているかどうかは仕上がってみないと分かりません。

特に私は肌が弱くて敏感なので、自分が安心して巻けるようなものを目指せば

他の大抵の方も安心して使うことのできる作品になっていくと思います。

今目指しているのはそこかな〜。

 

ところで羊毛を梳いたり色を混ぜたりするのにハンドカーダーという道具を使っているのですが

↓この道具ね

 

 

紡毛機で糸紡ぎをして、それで大きな作品を織っていこうとすると

このカーダーで処理できる量ではとても追いつかないことになってきました。

羊毛をたくさん梳いたり混ぜたりするのには「ドラムカーダー」という機械があって

いずれこれも必要かもな〜、なんて思うように。

高機も欲しいしドラムカーダーも欲しい、しかもほかにもたくさん必要な道具ってあるからねえ。

 

たぶん、慌てなくともなんとなく流れで「今、このタイミングなんだな」とか「この出会いこそ!」という時があると思います。

今までも色んなことがそうだったから。

とりあえず今やれることをやろう、お〜!なんちて。

 

 

教室の猫さんも「お〜!」なんちて。

 

 

人懐こくて抱っこと遊びが大好きなカワイ子さんなのだ。

 

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 17:40 | | comments(0) |
今日は双糸にして

こんにちは〜、今日は出かけたり糸を紡いだりと忙しなかったchiguです。

 

いつもと違う予定がちょっと入っただけで、いつもと違うな〜、という感覚が気持ちを焦らせると言いますか・・・

いちいち小さなことで焦らない構えが欲しいところ。

ま、そういうキャラなんだ、仕方ないやね。

いやそれよりも、規則的な生活してるから変化に弱いのかもな〜、別にそれで良いけどさ。

 

昨日は織物教室で、ここのところ取り組んでいた手紡ぎ糸のマフラー1枚目をやっと織り終えました。

やっと、というのは、ボリュームからすればとっくに織り終っていても良さそうなものを

間違えては戻りの繰り返しでずいぶん時間がかかってしまったのです。

ま、そういうキャラなんだ、仕方ないやね。

 

明日から同じ経糸で続けて2枚目に入るので、その緯糸の準備。

 

 

この二色の糸を撚り合わせて双糸にします。

両方ともメリノ。奥はグレーと白のブレンドで、手前は真っ白。

これを撚り合わせると

 

 

白っぽいグレー。

 

単糸を二本引き揃えて緯糸にするのと、

単糸を撚り合わせて一本の双糸にしてしまってから緯糸にするのとでは

手触りや風合いはどう違うのか?を試したかったのだ。

なので、一枚目は引き揃えで織っていたのです。明日から双糸。

 

こんな調子で「こうしたらどうなるのか?」が次々湧いてきて、よし、やってみようと進んでいるところ。

ひとつひとつやってみるのだ。

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 17:45 | 昨年の記事 | comments(0) |
柚子や生姜を仕込む日、もう悲しくない日

こんにちは〜、今日は実家でクロスステッチのサンプラーを進めたchiguです。

 

ずっとやっているサンプラーなんだけどやれる時間が短い上にすごくでっかいからなかなか終わりそうもない。

 

Tyler's Lion @Long Dog Samplers Size 304×409 stitches 

 

この写真はしばらく前のものなので、今はもうちょっと進んでいます。

でも残っている部分はまだまだ大きいのだ。

そしてこれと並行して進めていた他のサンプラーはもういくつか仕上がったんだけど…これはゆっくりなのだ。

 

 

ところでここのところ無農薬の生姜や柚子を頂いて、加工しないとな〜、なんて考えていました。

 

生姜はまずはもちろんハチミツ生姜だよね。無農薬だから皮ごと入れられる。素敵だ。

寒いなと思ったらお湯や紅茶に溶かして、時にはシナモンも足したりしてね。

これはすぐできるから楽ちん。薄くスライスしてハチミツに漬けるだけだもんね、ちゃっちゃっちゃと。

午前中のちょっとした時間に仕込みました。明日から頂こう〜。

 

で、柚子。

この前は相方が柚子ジャム作ったからな〜、私も頑張ろう。

というわけで夕方からもくもくとポン酢作り。

ここでの”もくもく”はひたすら柚子を絞る作業ね。

レシピを見たら300佞陵子の絞り汁って書いてあった。

300佞旅覆蟒舛辰討匹鵑覆發鵑見当もつかなかったけど、やってみるとなかなか気の長い話だよ。

なんだって夕食の準備なんかで忙しい時間にこんなこと始めちゃったんだ。

でもひくにひけない、ひたすら絞ると。

とりあえず山積みの皮を前に、仕込んだぞポン酢。えらいぞ、頑張ったぞ・・・。

はやく使いたいな、楽しみだな。

レシピには数か月置いた方がカドがとれて美味しいって書いてあったけどそんな時期まで残らないだろうな。

 

お話し変わって。先日は先代ナナたんの命日でした。

もうね、あの子を思って悲しくなることはなくなりました。

当時はこんなにつらくていったいどうなってしまうんだろうって本気で思って過ごしていたけれど

ちゃんとこうして穏やかな気持ちの毎日にたどり着きました。

日々あの子を思い出して、楽しかったな、可愛かったな、本当に愛してるって感じてます。

 

 

あの子は私の人生における最高のギフト。

あの子が私たちに与えてくれたものははかり知れない。

大好きよ、愛してる、ありがとね。

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 21:20 | | comments(0) |
繊細なモチーフの日

こんにちは〜、今日はオートクチュール刺繍に取り組んだchiguです。

 

まずはレッスンの宿題の難しい部分に取り組んで、あれ、今、息が止まってたな、という瞬間しばしば。

細かくて神経を使う作業はなんでもそうですが、気をつけないと呼吸が浅くなっているか息を止めていることって多い。

それって割と無駄に力が入ってしまっているせいであることが多くて、

そうなると良いパフォーマンスが出来なくなるような気がする。

まあ根詰めていれば息が止まるのも仕方ないけれど

そんな自分の状態に気づく習慣をつけること、気が付いたら深呼吸して余計な力を抜くってのも技術のひとつ。

喉が渇いていることに気付くのも大事。

たまに窓の外の緑に目をやるのも大事。

 

で、宿題が一段落して、自分の作品にも取り組むと。

 

 

小さなモチーフを作っているからラインも使う素材も繊細なものばかり。

ふ〜っと吹いたらサラサラと流れていってしまいそうな。

水をかけたら溶けてしまいそうな。

 

今日もAmazonのエコーにBGMを流してもらっていたら、『Walking in the air』が流れてきました。

ついこの前までクリスマスソングが流れると「おいおい、ずいぶん季節はずれな選曲だな」なんて思っていたけれど

もう、このスノーマンの主題歌を聴いても違和感の無い季節になってしまった。

やっぱり冬って金とか銀とか、きらきらした素材が合いますね。

作りたいものもそんなものになっていきそう。

 

はあ〜、それにしても一日よくチクチクしたな。お風呂でのび〜っとしなくちゃな。

 

 

| chigu | オートクチュール刺繍のこと | 18:02 | | comments(0) |
少しずつしか進まない日

こんにちは〜、織物教室に行ってきたchiguです。

 

今日はとくに午前中は間違ってばかりであまり作業が進まず・・・。

 

PB070265_edited-1.JPG

 

間違う、というのはペダルを踏む順番のことで、

それを間違うと模様が崩れてしまうのです。

そんなにものすご〜く複雑なことをやっているわけではないのに

ふっとした拍子に、「あれ、次は何だっけ」となってしまって

そうなるとだいたいその後はがたがた。

で、その分は戻ってやり直し、と。

妙に順調にとんとん進められるときもあるし

今日のように慎重にやっているのに間違う、というときもある。

やり直したのにそれがまた間違っていて「なんでだ〜!!」と思うときもある。

集中力の差だと思うのですが、その差がどんなコンディションによるものかまでは分からない。

だから調整のしようが無いのです。

仕方ない、間違ったらやり直せば良いさ。やり直せるんだからまあ良いじゃんね。

 

他にもうまくいかない部分があって、先生に助言を頂いてその後はうまくいきました。

ひとつお利口になっちゃったよ、と、これは嬉しい。ほくほく。

しっかり実になっていくと良いな。

 

自分で紡いだメリノのマフラー。織り上がった部分を触って、ふんわりしているのを感じられるのが嬉しい。

完成して首に巻けるまで、まだまだ遠いけどね。

 

 

 

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 17:56 | 昨年の記事 | comments(0) |
自家製パンと自家製ジャム、ぼんやりする白チワワ

こんにちは〜、今日は糸紡ぎを頑張ったchiguです。

次の織に間に合うか?!

間に合わなかったら色のきれいな糸を買って織ろう。

色合わせだってものすごく楽しいもんね。

 

さて、一昨日、昨日と相方とふたりでやけに家のことを張り切った日で

野菜をたくさん買い、夜はそれらをルクルーゼのでっかい鍋に入れてオーブンで蒸し焼きにしたり

相方は柚子がたくさんあるから柚子ジャムを作ると言い出したり

 

PB050262.JPG

 

で、きれいな柚子ジャムができました。

柚子独特の、他のなにものでも変えられないあの香りのジャム。

しっかり甘みもつけたけれどちょっと漂う苦味がまた美味しい。

ちなみに私は外皮を刻むところだけ手伝ってみました。

その後外出して、帰宅したら美味しいジャムになってた。きゃっほー。

 

私はパンを焼いたり。

 

PB040252.JPG

 

ライ麦パン、クルミ入り。

ついドライイチジクとか入れたくなるけど、柚子ジャムをつけるからには甘いものは入れないのだ。

クープがばし〜っと開いてこれも美味しいパンになりました。

ちなみに相変わらず捏ねないパンばかり作っていて(梶晶子さんのレシピです)、

それも種をビニール袋で仕込んだあと、発酵がある程度進んだところで野菜室に入れてしまい余裕があるときに焼くという方法。

焼かなきゃ!というプレッシャーが無いし、冷蔵長熟でより美味しいのではあるまいか。

ちなみに野菜室に入れるのは、冷蔵庫では他の色んなタフな菌がたくさんいて、パンの酵母がやられちゃいそうだから。

納豆菌なんかすっご〜く強いって言うもんね。

 

昨日の昼は自家製パンに自家製ジャムをつけて、なんか贅沢。イヒヒ。

 

PB040254.JPG

 

そんなわれわれをたまにぼんやり見ている白チワワのちびナナたん。

この後、てってってって、と足元に来て、膝に乗せてくれいとアピールします。

 

PB040257.JPG

 

来た!

 

PB040258.JPG

 

来た来た!

 

PB040260 - コピー.JPG

 

お、目を合わせてきた!

 

| chigu | 動物たちのこと | 17:06 | | comments(0) |
小さな小屋に行く、パウンドケーキも焼く

こんにちは〜、今日は野菜の買い出しに行ったchiguです。

 

野菜はいつもどこかでは買うわけですけれど

特別に美味しいお野菜を買うことができる小さな小屋があります。

まるで隠れ家のようなお店で、友人が教えてくれました。

 

PB030245.JPG

 

木々に囲まれたとっても小さくてキュートなお店。

少し珍しい種類の野菜もあって、行くとワクワクしちゃう。

どう食べたら美味しいですかと相談しながらひとつひとつ選ぶ楽しみ。

どれも手をかけてもらって健康に育てられたことが伝わってきます。

 

PB030243.JPG

 

良い素材があれば料理はもっと楽しい。

晩ごはんを作るのが楽しみになっちゃうんだよね。

 

 

たくさん買ってホクホクして帰ってきて

機嫌の良い勢いでパウンドケーキを焼きました。

 

PB030251.JPG

 

コーヒー・シナモン・キャラメル風味。ヘーゼルナッツのカリカリした食感がアクセント。

風味が重厚に思えるけれど実際は軽いケーキで、切り分けた一人前はペロッと食べてしまう。

 

実家で合流した姉から果物を分けてもらったりもして、なにかとホクホクの一日でした。

ホクホクホクホク。

| chigu | 日々のこと | 17:08 | 昨年の記事 | comments(0) |
とうとう手紡ぎブランケットが完成した日

こんにちは〜、今日は織ったブランケットをお湯でざぶざぶ縮絨したchiguです。

 

いや〜、静かに感動。なんか感動。

 

PB010237.jpg

 

なんてったって、初めて自分で紡いだ糸で織ったブランケット。

この“初めて”はもう二度と無いんだな・・・そりゃそうだ、だから初めてって言ってるでしょうが。

と軽くボケて自分でつっこむくらい、ふわ〜っと感慨深い。

 

昨年の今頃と言えば、どこから降って来たのか分からない「機織りやってみたい」熱に取りつかれて

何から手をつければ良いのか、だいたい機織りやるってどんなことなんだ、から始まって

いろいろ調べてみたり、体験だけでも出来るところを探してみたり。

 

一年後の自分が糸を紡いでそれを織っているなんて、想像もしなかったな〜。

こういうこともあるんだな〜。

不思議な情熱の火をぽんと与えられて、導かれるままに良い先生・良い先輩方に出会い、

素晴らしい道具との縁も得て

自分の気持ちなのか何かに流されているのかもよく分からないままに、

なんか楽しい、もっと進みたい、もっとやりたいって日々がやって来るなんてね。

ほんと、機織りも糸紡ぎも何それ?ってくらい、縁が無かったんだけどな。

 

PB010239.jpg

 

糸の太さがまちまちだったこともあり、かなり隙間をあけてゆったりした織り方をしました。

で、その隙間を埋めるべく、わっしわっしとお湯のなかで刺激して縮ませ、起毛させるのです。わっしわっし。

結果フワフワになった一方、予定していたサイズよりず〜っとちっさくなってしまった。

先生に言われたもんね、「紡いだ糸ってまた違うから、仕上げて、その都度データとって、次に生かすのよ」って。

はい、よく分かりました。

こういう経験と数値を積み重ねて、織りたいものの計画を立てられるわけですね。

それが実感できただけで充分だい!

 

PB010240.jpg

 

軽いブランケットです。膝にかけるとなかなか暖かい。

手紡ぎの糸を使う意味をもっと実感していくべく、精進したいものです。

 

ちなみに、刺繍への情熱というのは静かにず〜っと熾火のようにあって、

こちらはドンドンガンガン、という熱とはまたちょっと違う。

日常の一部、私の手の一部のようなものだから

当たり前に針を手にとって何かしらを刺す。

それがオートクチュール刺繍のクロッシェ針の日もあれば、クロスステッチ針の日もあり。

こちらも作品を制作しております。

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 18:12 | 昨年の記事 | comments(0) |
窓際を好む日

こんにちは〜、今日は少しペースダウンして過ごしたchiguです。

 

刺繍と糸紡ぎを行ったり来たり、でもゆっくりめで。

天気が良くて窓の外を眺めるのが気持ち良い日だったな。

 

窓と言えば白チワワのちびナナたん。

 

PA290223.jpg

 

最近はこのスペースの日当たりがお気に入りらしい。

 

PA290224.jpg

 

ご満悦。

座布団敷いてあげようか、なんて余計なお世話をするとここからいなくなってしまう。

自分で選んだザ・ベストな場所にちゃんといるのだ。

だから余計な手出しは無用なのだ。

 

PA290227.jpg

 

かと言って座布団はもちろん大好きで、こんな風にも寝てました。

ハスキーのぬいぐるみ ハッキーとはいつも一緒で

さっきまで振り回して遊んでいたと思ったらその後はべったり甘えて寝るんだよな。

ちなみに私がソファにいるときに乗せて乗せてとアピールするので

抱き上げてソファに乗せてあげて「じゃあ一緒に昼寝しよう」などと一緒に横になると、

割とさっさと降りたがって下でハッキーと寝たりするんだよな・・・ふんだ。

| chigu | 動物たちのこと | 18:27 | 昨年の記事 | comments(0) |