プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
羊の種類とか、その羊毛を梳いたりとか・・・

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

紡ぎ車で糸紡ぎをしよう!と羊毛を購入した際、

試しに数種類の羊の羊毛、そして下処理の状態が違うものを選んでみました。

 

「下処理の状態が違う」というのは、

羊毛って羊の毛を刈ってから糸になるまで、たくさんの工程があるってことで

例えば刈ったままでも売っているし、洗っただけの状態でも売っているし、それを梳いたものも売っているし

さらにすぐに紡げる状態までもってきたものまで・・・色んな状態で入手できるってことです。

 

で、興味津々で、洗っただけのものや、すっかり紡げるように用意されたものまで、いくつか買ってみたってわけ。

で、ついでに、羊の種類もちょっと変えていくつか買ってみたってわけ。

手触り違うのかな〜、色はどうなんだろう、とかね。

 

で、本日は「紡げるほんのちょっと前」まで処理された羊毛を、紡げるようにする作業にチャレンジ。

いや、教室で教われば良いんだけど、今はお盆休み。

いや、待てば良いのかも知れないけど、うずうずして我慢できん!

 

ここはひとつ、本を凝視しながら少しずつやってみます。

 

P8145691.JPG

 

羊毛ちゃんを少しずつ取り出して、まずは手でほぐすと。

そのときゴミや藁くずなんかとってあげる。

 

で、左に写っている、もうワンコのブラシにしか見えない「ハンドカーダー」という道具で少しずつ梳いて流れを整えてあげる。

ちなみにワンコブラシよりもずっと大きくて重いし、針もガッシガシなのだ。

 

P8145692.JPG

 

梳いてます。

重い道具を両手に持って使うので、手首を痛めない持ち方や姿勢がちゃんとあって

本でそれをよくよく確認しながら恐る恐るやってみてます。

 

P8145694.JPG

 

ある程度梳いて、毛の流れが整ったら最後はふんわりくるくるっと丸めてできあがり〜。

 

P8145695.JPG

 

を、たくさん作る。ちょっとずつしか出来ん・・・。大変な作業だよこりゃ。

 

この羊は”ジャコブ”だそうです。旧約聖書に出てくるヤコブが飼っていたとかいないとか・・・。

思ったよりちょっとゴワッとした手触りに思えるけど、これを紡ぐとどうなるのやら。

今回は染めていない、ナチュラルな羊の色のものばかり購入しました。

羊ってどんな色がいるのか知りたくて。

 

織物を始めたころは、どうして糸紡ぎなんて自分でするのかよく分かりませんでした。

良い糸はたくさん売っているし、それで良いじゃんって。

 

でもこうしてチャレンジして見ると、自分が織ってみたいもののために糸を作りたい気持ちが少しだけ分かります。

今の私は好奇心に突き動かされているところが多いけれど。

 

 

 

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 21:03 | 昨年の記事 | comments(0) |
糸ができました

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

紡毛機がやって来てから(→2018.08.01 Wednesday『ワクワクして眠れなかった日』の記事へ

さっそく羊毛を注文し、すぐに紡げる状態になっているもので紡ぐ練習をしていました。

 

なかなかリラックスして出来ない・・・。

切れてしまったり逆に撚りが強すぎたり、要領がよく分からない。

身体に妙に力が入っているらしく、肩がガチガチ。おかしいな、そういう作業じゃない筈だよ。

本を見返して、またやってみる。

YouTubeで動画を検索してじ〜っと観察してみる。

文化、ということでしょうが、糸紡ぎに関する動画は圧倒的に海外のものが多いのです。

ということは英語の説明の動画が多いというわけで、

ときどき単語がちょっと耳に入ってくる以外はまとまった説明として聞き取れるものは殆ど無い。

で、とにかく凝視して観察すると。

あとはやってみるしかないよ。スピンドルだってはじめはぜんぜん出来なかったけど、練習して、今は安定して紡げるもの。

 

で、たまにイライラもしながら、それでも少しずつ練習しています。

気が付くと切れなくなり、切れてもうまく繋げるようになったから切れることが怖くなくなり

だんだんと同じリズムで安定して紡ぎ続けられるようになってきました。

 

で、ボビンがいっぱいになったので、とうとう糸巻き機で巻き取り。

 

P8125680.JPG

 

太さも撚りの入り方もまちまちだけど、するっと手触りの良い糸ができました。

はじめの頃に紡いだ部分はちゃんと撚りが入っていなくて切れてしまって巻き取りもできなかったけれど。

まあ、これだけ出来ていればいいじゃないですか。ウシシ。

 

P8125684.JPG

 

記念にカワウソに持ってもらいました。キシシ。

 

まだいっぱい羊毛ありますからね、どんどん練習するぞ!

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 20:30 | | comments(0) |
どんどん進みたくなる日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

今日も織物教室でした。

最近は織り始めるとすごく集中できるし、”織るリズム”ができてきたように感じます。

 

で、今日、思ったより早く機にかけている分が織り上がり。

 

P8085668.JPG

 

同じ経糸で4パターン。

それぞれ糸の色と踏み木のふみ順を変えて。

細かい柄が出ました。艶のある糸を使って上品な仕上がりになっていると思います。

これは小物に仕立てていくつもり。

よく布地を見て何にするか考えてあげよう。

 

織りすすめて柄が出てくるのが楽しくてはやく次に進みたい。どんどん進みたい。

 

 

 

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 20:38 | | comments(0) |
誕生日な日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

今日は誕生日でした!

私は毎年自分の誕生日って大好きです。

お祝いしてもらうのが純粋に嬉しいし、ケーキなんかも素敵。

シンプルに嬉し楽しの日。

 

誕生日なんだから、思いつきのやりたいことやろう、ということにして、

アイスコーヒーを買って海にドライブに行きました。

今日は相方は仕事だしちび白チワワのナナたんは留守番だし、ひとりだけで。

Oasisの楽曲をガンガンかけてときどき一緒に歌いながら、慣れた道の向こう側に海が見えてくるのにふわっと感動。

まあ、なかなかに荒れた海でしたけど。

それでもいつだって海は良い。あっという間に開放的な気持ちにしてくれる。

 

で、午後のやりたいことは、織物教室。

午前中やらなかったからな〜、午後にがんばろっと、というわけで集中して取り組めました。

 

P8065665.JPG

 

三色目に突入、踏み木の踏む順もまた変えてみました。

模様が浮かび上がって来るのが楽しくてワクワクする。

 

夕方は吹き始めた強風のなかをナナたんと散歩、久しぶりの涼しい風を堪能。

夜はハーゲンダッツを食べてゴキゲン。

 

さり気ないようですごく素敵な一日。

誕生日ってやっぱり良いな。

 

 

 

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 21:46 | | comments(0) |
どうも気になった日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

昨日、我が家にやって来た紡ぎ車。(→2018.08.01 Wednesday『ワクワクして眠れなかった日』の記事へ

約束通り、今日は明るい部屋の中であらためて細部までチェックしながら丁寧に拭いてあげました。

 

やっぱりすごくきれい。

サクラ材の質感や木材同士を丁寧につなぐ技術や

海外製のような飾りは無いけれど、丸みやカーブひとつひとつや。

 

そしてシンプルかつ精巧なパーツそれぞれ。

 

P8025633.JPG

 

 

P8025634.JPG

 

 

 

P8025636.JPG

 

はは、道具好きな人ならすぐ好きになっちゃうと思うな。

私はすぐに惚れちゃったね。

 

 

で、じつは何か説明書があるわけでもないので、

仕組みもわからず触ると壊しちゃうかもしれないし

次回教室に持って行って教えてもらうまでは置いておこうと思っていたのですが。

 

背中を向けて何か作業をしているとどうしても後ろにいるこの「紡ぎ車くん」が気になってしまう。

そうだ、『羊の本』(→2018.05.11 Friday『羊の本がやってきた』の記事へ)にちょっと仕組みが出てたっけ、

それに別の糸紡ぎの本を見ながらだったら触れるんじゃないか。

なんてソワソワして、ちょっとずつ触ってみる。

始めはペダルを踏んで車を回して満足。

 

しばらくしてまた後ろにいるのが気になって、近づいてみて、今度はバンドをかけてみる。

ペダルを踏んで、別のパーツが車と一緒に回るのを見て満足。

 

またソワソワして、ネットでなんとか画像を探して、バンドのかけかたを修正して、また回してみる。

そうか、ダブルバンドってそういう意味なのね、分かりましたよ。なんちて。

 

なんて何度もやっているうちに、だんだん仕組みが分かってきました。

そしたらやってみたくなるよね。

 

で、毛糸でしばし動かす練習をしたのち、夕方は羊毛を紡いでみる、と。

う〜む、難しい。でも使い方はわかったぞ。でも紡ぎ方はどうも分かってないな。

来週の教室で教わろう、でもそれまでもきっとついつい回しちゃうんだろうな。

 

と、一日じゅう、紡ぎ車くんが気になった日でした。

名前、つけてあげたいけどね。どうもとっかかりが無くて思いつかないんだよね。

なにしろメーカーさんではそれこそシンプルに『紡ぎ車2 Spinning Wheel』だもんな〜。

まあ考えておくからね。末永くよろしくお願いします、紡ぎ車2くん。

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 21:08 | 昨年の記事 | comments(0) |
ワクワクして眠れなかった日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

スピンドルで糸を紡いでいるうちに、紡ぎ車でたくさん良い糸を紡いでそれで織物をしたいと思うようになりました。

ほんと、ちょっと前には思いつきもしなかったこと。

不思議なものです。

 

自分でいろいろ調べてみて、「この紡ぎ車にしようかな。値段は高いけど」とかなんとか検討していたところ

ご縁があって、す〜っと美しい紡ぎ車がやってくることになったのです。

・・・もう、びっくりするやら感激するやら。にわかには信じ難い。

そのお話を頂いた日はワクワクし過ぎて眠れませんでした。

なんてこった!

 

で、今日。

 

P8015632.JPG

 

サクラ材で丁寧に作られた国産の紡ぎ車。

私が検討していたものとは違いますが、購入すればもっと高価なもの。

未使用の中古品ということでしたが、ピカピカで新品同様です。

こんなことってあるかしら・・・と未だぼーっと舞い上がった頭でいます。

今日は寝るまでこんな調子だな。

 

他に、欲しいと思っていた小さめの卓上織機がセットでやって来ました。

え〜、そんなことってあるかしら。

 

嬉しい。感謝の気持ちでいっぱい。

ご縁を繋いで下さった方にも、大事なものをこうして譲り渡して下さった方にも、感謝してもし切れません。

美しい道具を作っている職人さんにも。

たくさん勉強して、大切にたくさん使わせて頂きます。

モノづくりの神様に応援してもらっているのを感じました。

 

高機の機織り機ともきっと良いご縁があるように思います。

最高のタイミングでね。

 

というわけで、今日はこのままベッドに入るまで夢見心地で過ごします。ふう。

明日は明るい光のもとで、きれいに磨いてあげるからね。

 

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 20:19 | | comments(0) |
とにかくやってみます

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

織物、横糸の色を変え、踏み木の踏み方も変えて二枚目に入りました。

 

IMG_0049.jpg

 

この色を入れたらどうなるんだろう、

こうやって踏み木を踏む順番を変えてみたらこの色はどんな風にあらわれるんだろう。

分からないのでとにかくやってみます。

 

前にも書いたとおり、織物は導かれる感覚が強いこともあって(→2018.07.26 Thursday『素材が手を引いてくれる日』の記事へ

あまり自我のこだわりみたいなものにとらわれずにスルッと「まあやってみましょう」と進むことができる。

こういう感覚も、これからどんどん変化するのかも知れない。

だからこうして記録しておこう。

 

 

織物の日はほとんど一日中留守するので、留守番させているちび白チワワのナナたんがどうしているかな、とちらっと気になります。

帰宅してみると、室内のようすからほとんどじっと寝ていたのであろうことが想像できます。

人がいないと犬ってびっくりするくらい何もしない。

人がいればいろんないたずらをしたりぬいぐるみに飛びかかったり活発なのに

そうやって活動した形跡がまったく無いんです。

排泄すらしていない。

 

で、帰宅した途端にわ〜っとはしゃぎだして、

「ちょっと休ませて。一緒にソファでゆっくりしようよ」なんて言っても全然聞いてくれない。

ソファでキイキイと妙な声を出しながら人の指をぎゅうぎゅうと甘噛みしたり

人の顔を肉球でぺたぺた繰り返し叩いてみたり

クッションカバーをかじってみたり、まったく落ち着かない。

で、「・・・じゃあ、散歩行きますか」と、ようやく気温が下がってきた街なかをぶらぶらすることになります。

 

ま、それはそれで良い切り替えになって、私もありがたいんだけどね。

 

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 20:43 | | comments(0) |
素材が手を引いてくれる日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

織物、少しずついろいろ学んでいます。

ふと垣間見える奥の深さにちょっと気が遠くなるようなときもある。

刺繍も、いつだってそうだけど。

 

IMG_0048.jpg

 

経糸はちょっとグレーがかったブルーと、生成りのようなオフホワイト。どちらも艶のある綿。

で、しばし悩んでから、横糸はガサッとした麻にしました。

漠然とした色合わせのイメージしかなかったのが、

織り始めて素材同士の、色同士の、織の組織の効果の、文字通り「織り成す」世界にハッとしちゃう。

 

胸がふわ〜っとくるような美しさに。

 

刺繍ジュエリーを作っているときにも、この「ふわっとくる」瞬間はあります。

 

でも、織の方が「ふわっとくる」衝撃度が大きい。

まだ初心者で織るとどうなるのかイメージしにくいからかも。

 

刺繍は自分のなかにあるイメージに素材を合わせていく、

あるいは素材と向き合って、素材同士がいちばん美しくなる組み合わせをはかっていくのに

あくまでも自分が主体で完成まで持ち込む感じ。

 

織は、途中までは自分でいろいろ考えるんだけれど

途中からはすっかり素材に手を引いてもらって導かれて、自分は「織る人」というパーツになる感じ。

流れに自分ものっていて、ある意味、強い責任、みたいなものから放たれているというのか・・・。

 

こういう感覚って初めてかも知れないな。

いや、過去に経験があるけれど忘れているのかな。

とにかく新鮮。

 

どちらの感覚も好きで甲乙つけがたいけれど、今、すごく大事な体験をしてるって感じがひしひしとします。

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 16:59 | 昨年の記事 | comments(0) |
DIYこれにて終了、の日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

ここのところ取り組んでいたアトリエ大改造のDIYが今日で一段落。

久しぶりに大がかりで大変だった〜。

でも思い通りに仕上がって嬉しい。

 

P7165580.jpg

 

壁一面に浅い棚を作ってディスプレイや収納スペースを増やし、それによって空間そのものを広くしました。

これからパーツをうまく収納したり、好きな飾り物(主にちっちゃな動物たちなんか)を飾ったりしていきます。

大変な作業は終わりこれからは楽しいところね、ムフフ。

 

やはり自分の織機が欲しい。

入手についてすぐにどうこう、と決めてはいないけれど、置くスペースを確保しないことには検討もできない。

それで今回の大改造でした。

スペースはそれなりに確保できたぞ!

そしてスピンドルでの糸紡ぎが楽しくなっちゃって、紡ぎ車も欲しくなっちゃったよ。

大丈夫、置けるんじゃないかな。

これも入手についてどうこう、というところに来ていませんが

できることからやってみてワクワクを楽しむのだ。

 

DIYはけっこう大変。

手間がかかるし根気も必要。

うまく仕上げるには、横着厳禁でとにかく一つ一つの作業を丁寧にやるしかないのだ。

でも慣れてくると「こうなると良いな」を案外あっさり実現できます。

案外あっさり、というのは、思い通りの既製品を探すよりも、という意味でね。

 

今回は本当に思った通りにできました!

DIYは何年もすこ〜しずつほそぼそをやってきて、やっと慣れて来たところ。

計画を立てるのも、採寸や手順も、少しスムーズになりました。

やっぱり欲しいものが自分でできるのは楽しい。

 

刺繍と織物・糸紡ぎができるアトリエ。だんだん近づいてきてるぞウフフ。

 

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 18:22 | | comments(0) |
干す日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

今年の春、実家の梅の老木はたくさんの花を見せてくれ、

初夏にはびっくりするくらいたくさんの実をつけてくれました。

 

これまで梅を収穫すると仕込むのは梅ジュースのみ。

ずっと前は梅酒をつけたこともあったけれど、今はお酒も飲まないので・・・。

梅ジュースと言っても、そんなにたくさんは飲まないですしねえ。

というわけで我が家の梅関連の需要を考えてみると

一番消費するのは梅干しである、という結論になりました。

相方が毎日のようにおにぎりの具にするので。

 

これまでは面倒くさそう、やらないなと思ってきた梅干し。

でも、こんなに実がなったんだもの、今年はチャレンジしてみようというわけで

いろいろ調べた結果、ジップロックで漬けるのが楽だし、漬けるための入れ物を買ったりせずに済むということに。

毎日何袋ものジップロックを、梅酢に梅がまんべんなく浸かるようひっくり返しながら

やってみればなんだ、けっこう出来るじゃない、あとは干すだけよ、と進捗状況を観察。

 

で、今日はとうとう干しました。

P7155577.jpg

 

赤シソは入れなかったのでこんな色。

けっこう柔らかくできました。

干すったってそんなに大きいザルもないし、小さいのもちょっとしかない。

実家からも借りて総動員して干しました。

うん、けっこう大変だね・・・。

 

カンカンの日光の下に並んだ梅干しちゃんたち。

よしよしうまくいっているようだ。

おにぎりに入るのはまだちょっと先だね。

 

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 21:19 | | comments(0) |