プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
今日もちくちくの日

こんにちは〜、今日はオートクチュール刺繍に取り組んだchiguです。

 

せっかく大きな刺繍枠に布を張ったんだからどんどん刺さないとねえ。

 

と言っても今日はどうも眠気が強くて

午後、ちょっと休もうと思ってソファに座り電気膝掛けを足に掛け、

その上に白チワワのちびナナたんをのせていたらしばらくうとうとしてしまったようでした。

 

おっと、と起きて作業しないと、とナナたんを降ろそうとすると

あったかい膝掛けが気に入ったようで一生懸命降ろされまいと頑張っていた・・・そういうの可愛いよな。

降ろしちゃうけどさ。

 

ちなみに日中私しかいないのに暖房をかけるのもナンだしなあ、ということで

数年前に刺繍の作業用に電気膝掛けを購入しました。

これがなかなかあったかくて優れものなのだ。

腕を通す穴とボタンもついていて、羽織ったり腰に巻いたりもできるようになっています。

ものすごく冷えちゃったよ!なんてときに羽織るとすごい効果を実感。

 

自宅でひとりで作業することが多いと、心地よく過ごせるよう何かと工夫するのもまた楽しいのです。

 

 

というわけでブローチのもと。

ひと針ひと針で面を埋めていくので完成までの時間が長い。

が、イメージ通りにかたちになってきたときのフワッと嬉しい気持ちで

時間がかかったことなんてどうでも良くなってしまう。

過程の楽しさ、仕上がりの嬉しさ。どちらも大事。

| chigu | オートクチュール刺繍のこと | 17:53 | | comments(0) |
でっかい刺繍枠の日

こんにちは〜、今日は刺繍、機織りの準備、糸紡ぎと精力的に手仕事に取り組んだchiguです。

 

 

先日刺繍枠いっぱいにパーツを刺し終わったので、刺繍し終えた布を外してブローチに仕立てているところ。

で、次の布を枠に張らないとな、というわけで

調子が良いからたくさん作りたいな、大きい方の刺繍枠に張ろう!なんて気合を入れたところ

 

P1120735.jpg

 

広い・・・で、でっかい・・・。あれ?こんなに大きかったっけ。

布を張るのもなかなかに時間がかかりました。

これねえ、けっこう大変な作業なんだよねえ。

頑張って張りました、これでたくさん刺せるぞ!そしてちょっと空いたスペースでいろいろ試せるしね。

やりたいことたくさんあるんだ。

 

P1120737.jpg

 

でっかい刺繍枠にさっそく第一弾を。

先日仕立てたブローチがとても気に入ったので色違いです。

これも好きだ。他にまだ作りたい色合わせがあるんだ。

制作中に、素材の質感や色合わせの美しさにふわっと心が踊る感じ、少しずつ取り戻してきたぞ。

まず自分がうんと気に入ること。作っていて幸せな気持ちになること。手を休めるのももったいないくらいなこと。

それが大事。まずはね。

 

リピーターのお客様に、ぜひ販売をお待ちしています!とおっしゃって頂きました。

新しいことを始めるといつだってわくわくと一緒に不安がついてくるけれど

こうして嬉しいお言葉に背中を押されて勢いをつけていけます。ありがとうございます。

 

でっかい刺繍枠いっぱいに、私らしい世界を広げて行って、これじゃ狭いよ!ってくらいパワフルにやりたいな。

| chigu | オートクチュール刺繍のこと | 18:09 | | comments(0) |
ブローチが仕上がってきた日

こんにちは〜、今日は年明け初めての織物教室に行って来たchiguです。

 

久しぶりに皆さんとお会いして和気あいあいと盛り上がりました。

楽しかった!

仕上がった織物についてはまた後日ご報告します。

 

先日から進捗状況をお伝えしているブローチ、仕上がってきました。

 

 

これまでの刺繍ブローチとは全然ちがう手法で。

仕上がりはとても気に入りました。

手法も素材も雰囲気も違うんだけれど、ちゃんと私の作品らしい、と感じられます。

こちらは土台は既製品のブローチ台を使っていて、きりっとした仕上がり。

モチーフは心の赴くままに。

色違いもたくさん作りたくなってきました。

オートクチュール刺繍のクロッシェ(かぎ針)を使い細い糸で面を埋めたり

一方で6本どりの刺繍糸を太い刺繍針を使って盛ったり

もちろんビーズ、スパンコールもその場その場に合った手法で。

作り始めると夢中になっている自分に気がついて、それがまた嬉しい。

 

 

白チワワのちびナナたんは寒いなかでも元気に散歩、一緒に走って私もしまいにゃ暑くなっちゃう。

で、帰って来てから、またも干してふかふかになったばかりの掛け布団で遊んだりなんかして。

 

 

か、かわいいから、どきなさ〜い、と今日も言えない私。

 

| chigu | オートクチュール刺繍のこと | 18:03 | | comments(0) |
仕上げに向かおうかな〜の日、油断ならない日

こんにちは〜、今日は何かと集中して取り組めて満足のchiguです。

 

家事もちゃっちゃとこなし

糸紡ぎもきれいにやれたし、その後はオートクチュール刺繍のブローチシリーズ。

 

オートクチュール刺繍のブローチたち、

いいかげん刺繍枠いっぱい溜まってきたので、そろそろ仕上げないとな〜と言う気持ちになって

裏側の処理やこれから布をカットしていくための処理をちょいちょいと進めました。

 

P1070730.jpg

 

・・・こうやって見るとなんのこっちゃですけど、これから形になっていくのだ・・・の筈なのだ。

やってみなきゃ分からん。

 

 

晴れてしかも乾燥しているので掛け布団をベランダに干して

午後、取りこんでいったんリビングの床によいしょ、と置くなり

てってってって、という足音のあと、ざ、ざ、ざ、ざ、と踏みつける音、そしてざくざくざくざくと掘る音が。

 

P1070711.jpg

 

チワワってどうしてそう目ざといんだろう。

さっきまでぐ〜すか寝てたじゃないですか。いきなりそんなに動けるもん?!

 

P1070727.jpg

・・・あ〜あ。

 

というわけで、午後じゅう白チワワのちびナナたんは満足そうな寝息を立てて布団に寝ていました。

むう、ほ、ほんとはダメなんだぞ〜と力なく呟く私なのであった。むう〜。

| chigu | オートクチュール刺繍のこと | 16:35 | 昨年の記事 | comments(0) |
はかどる日

こんにちは〜、今日はなんだか刺繍も紡ぎもはかどったchiguです。

 

昨日、オートクチュール刺繍のレッスンに行って創作意欲に刺激をもらって来たのかも。

 

 

たくさんたまってから仕立てようなどと思っていて、なかなか完成に至らないブローチシリーズの原形たち。

作っていて、あ、これ好きだなあとフワッとした気持ちになったり。

刺繍台に刺繍枠が載っていて、ふっと目をやった瞬間に、あ、きれいだなあと思ったり。

良い感じです。

 

 

紡ぎはまだピンクの糸作りが続いています。

前よりもコツが分かってきたような。

こんなこともやってみたい、あんなこともやってみたいと欲も出てきたような。

 

 

| chigu | オートクチュール刺繍のこと | 18:47 | | comments(0) |
レッスンの日

こんにちは〜、今日はオートクチュール刺繍のレッスンで上京してきたchiguです。

 

いつも通り、明るい日差しの降り注ぐなか、景色が畑からだんだんビル街に変わっていって

それを寝てはときどき起きてちらっと眺めて。ずっと音楽を聴きながら。

 

今年最後のレッスン。すごく楽しかった!

ただ、ここのところクロッシェ(かぎ針)を使ってスパンコールやビーズを刺す練習をしていなかったのでなんとなく苦戦。

慣れて来たと思っても日頃の訓練はやっぱり大事だな。

 

今年のはじめ、織物教室に通うことを決めたとき

習い事がふたつか・・・贅沢すぎるんじゃないかという思いがよぎりました。

オートクチュール刺繍、もう何年も習っているのにオリジナルの何かにまだなっていないし

かと言って基本的な技術はちゃんと習ったわけだし

大きな刺繍枠の入ったバッグを抱えて遠くまで通うのも大変だし

レッスンはやめようか・・・とも悩みました。

 

そう思ってから

アトリエにセットしてある刺繍枠と刺しかけの課題を見たときに

自分がどんなにレッスンの課題ひとつひとつを楽しんでいるか、

やっぱりすごくすごく大好きなんだって思いがブワッとこみ上げて

やめるのをやめよう!とものごとは明快になりました。

 

贅沢だし労力もかかりますよ、

でも、大好きなことを資金も労力をかけてするって、そんな贅沢、生きているうちしかできないじゃないか。

来世でやろうってわけにいかないんだから。

 

そこから約一年経った今、よ〜く分かるんだけど

刺繍を続けたことも新しく織物を始めたことも、大正解。

どちらも私を大きく成長させてくれた。

どちらもうんと充実した時間をくれた。

 

こんな経緯があって、刺繍のレッスンへの愛はとても強くなりました。

いや、それを実感できるようになったってことかな。

素晴らしい先生に出会えて本当に幸せ。

来年もよろしくお願いします!

 

 

| chigu | オートクチュール刺繍のこと | 21:58 | | comments(0) |
繊細なモチーフの日

こんにちは〜、今日はオートクチュール刺繍に取り組んだchiguです。

 

まずはレッスンの宿題の難しい部分に取り組んで、あれ、今、息が止まってたな、という瞬間しばしば。

細かくて神経を使う作業はなんでもそうですが、気をつけないと呼吸が浅くなっているか息を止めていることって多い。

それって割と無駄に力が入ってしまっているせいであることが多くて、

そうなると良いパフォーマンスが出来なくなるような気がする。

まあ根詰めていれば息が止まるのも仕方ないけれど

そんな自分の状態に気づく習慣をつけること、気が付いたら深呼吸して余計な力を抜くってのも技術のひとつ。

喉が渇いていることに気付くのも大事。

たまに窓の外の緑に目をやるのも大事。

 

で、宿題が一段落して、自分の作品にも取り組むと。

 

 

小さなモチーフを作っているからラインも使う素材も繊細なものばかり。

ふ〜っと吹いたらサラサラと流れていってしまいそうな。

水をかけたら溶けてしまいそうな。

 

今日もAmazonのエコーにBGMを流してもらっていたら、『Walking in the air』が流れてきました。

ついこの前までクリスマスソングが流れると「おいおい、ずいぶん季節はずれな選曲だな」なんて思っていたけれど

もう、このスノーマンの主題歌を聴いても違和感の無い季節になってしまった。

やっぱり冬って金とか銀とか、きらきらした素材が合いますね。

作りたいものもそんなものになっていきそう。

 

はあ〜、それにしても一日よくチクチクしたな。お風呂でのび〜っとしなくちゃな。

 

 

| chigu | オートクチュール刺繍のこと | 18:02 | | comments(0) |
刺繍台に手を加えるのも久しぶりだな、の日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

オートクチュール刺繍は、基本的に大きな刺繍枠にシルクオーガンジーを張って作業します。

布の下から左手で糸やビーズやスパンコールを送り出し、それを布の上から右手の鉤針で留めていきます。

イメージとしては、ミシンの下糸と上糸を一人でやる感じかな?

 

さて、そんなわけで刺繍枠は何かしら台に乗っていなくてはなりません。

以前こちらで記事に書いたとおり、刺繍台はなんとか自作しました・・・まあ、たくさん手伝ってもらって、ですけどね。

(⇒2014.10.16 Thursday『こんなのです』の記事へ

その後、使いやすいように、ちょこっと手を加えてみたり。ほんのちょこっと。

(⇒2016.03.19 Saturday『ちょっとしたことで』

 

さて、この刺繍台に久しぶりにまた手を加えました。

もっとさっさとやれば良かったな、気になっていたんだからさ。

 

それはこちら!

 

P9111606.jpg

 

じゃ〜ん!!

・・・と言われましても・・・とお思いになったかと思います、ええ。

なにしろ今回もささやかな変更なものですから。

 

P9111611.jpg

 

この金具をつけてみました。

そもそも、この金具はいったい何のためのグッズなのか、私はまったく知りません。

目的を果たせそうなものがこのへんにあるんじゃないかな〜とホームセンターの資材置き場をぶらぶらしていたら

まさにこれだよ!!と見つけたのがこの子です。

 

はい、欲しかったのは糸をセットする場所だったのです。

 

P9111614.jpg

 

ほらほら、こんな風にね。

これは糸をセットするための木製の道具をわざわざ使っていますけど

 

P9111618.jpg

 

本当はでっかい釘でも良いのです。

現に、この釘はオートクチュール刺繍のレッスンの初日に他の道具と一緒に頂きました。

どこかにこの釘よりちょっと太めでしっかり深い穴さえあれば、糸をセットすることができるのです。

この刺繍台は刺繍枠をのせたらスペースいっぱいになってしまうので、糸の場所は外に出したってわけ。

 

地味ようで、作業の上では大きい変化だ!

なにしろ糸巻きを膝に乗せておいたり刺繍枠の上に転がしておいたりすると、

確認のために立ち上がったとき、あるいは刺繍枠を持ち上げたときに転がって行ってしまって、あぁ〜!となるわけで。

 

P9111621.jpg

 

こんな風にビーズの通った糸巻をセットして、下から左手でスムーズに送れるようになったわけです。

 

ちょっとしたことでも、DIYをやり始めるとホームセンターは本当に面白いです。

今回のように訳の分からない金具(私にとっては、ということですけどね)がびしっと役割を果たしてくれる。

そのやった〜!ってな感じが、ほんと、楽しくて達成感があるんですよねえ。

 

オートクチュール刺繍は、レッスンの宿題が終わったあとは、作品とまではいかなくとも何かしら練習で刺すようにしています。

なにか形にしようとするとかえってどうしたら良いか分からなくなってしまうので

なんとなく円や帯状の図形のなかを習った技法で埋めてみる、と。

いずれそれがオリジナルに繋がっていくかも知れません。

新しい糸のセット金具でますます楽しく刺せれば良いな!

| chigu | オートクチュール刺繍のこと | 17:37 | | comments(0) |
粒々ちゃん

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

オートクチュール刺繍のレッスン、今回の課題も残りわずかでラストスパートです。

 

20170505_161738.jpg

 

同じビーズを縫いとめていく作業でも、技法によって表情はさまざま。

 

刺繍の難しさというのは素材も技法もあまりにも自由で幅が広く、奥行きもまた果てしないところにあると思います。

表現したいことに合わせてそれらをうまくピックアップできればそれは素晴らしいでしょうし

自分のアイディアが乏しいうえに、あまりにも多い選択肢の前で茫然としてしまったらなにもできない。

 

私はまだ、そのどちらにも属していません。

そのずっとずっと手前のところで、ひとつひとつの選択肢を身に着ける難しさと格闘中。

道は長い、それが楽しい。

がんばるぞ。

| chigu | オートクチュール刺繍のこと | 21:44 | | comments(0) |
チャレンジの日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

レッスンに通っているオートクチュール刺繍、

そろそろ課題だけではなく、オリジナルが出来ないかな〜と検討中。

大きな平面のデザインを考えることや、それをアイテムに仕立てていく工程など

これまでにない経験ばかり。

でも、まずはやってみなければ。

やってみれば、こんなに出来るじゃないかって分かることがたくさん出てくる。

そしてきっと、ここが今出来ないことなんだな、とか、問題なんだなってことも分かってくる。

それらをクリアするために工夫したり調べたり時には四苦八苦したり

それが楽しかったりする。

やってみましょう、やってみましょう。

 

チャレンジと言えば

ガスオーブン設置以来、お菓子もパンもお料理もいろいろ作ってみています。

昨日はスコーン。

バターのかわりに植物オイルを使うレシピでとても簡単に出来ます。

サクサクと軽くて美味しいので後をひく、危険なお菓子(笑)。

 

P8140007.JPG

 

今回はメープルシロップと胡桃入り。

次は何にしようかな。

| chigu | オートクチュール刺繍のこと | 21:12 | 昨年の記事 | comments(0) |