プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
DIYこれにて終了、の日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

ここのところ取り組んでいたアトリエ大改造のDIYが今日で一段落。

久しぶりに大がかりで大変だった〜。

でも思い通りに仕上がって嬉しい。

 

P7165580.jpg

 

壁一面に浅い棚を作ってディスプレイや収納スペースを増やし、それによって空間そのものを広くしました。

これからパーツをうまく収納したり、好きな飾り物(主にちっちゃな動物たちなんか)を飾ったりしていきます。

大変な作業は終わりこれからは楽しいところね、ムフフ。

 

やはり自分の織機が欲しい。

入手についてすぐにどうこう、と決めてはいないけれど、置くスペースを確保しないことには検討もできない。

それで今回の大改造でした。

スペースはそれなりに確保できたぞ!

そしてスピンドルでの糸紡ぎが楽しくなっちゃって、紡ぎ車も欲しくなっちゃったよ。

大丈夫、置けるんじゃないかな。

これも入手についてどうこう、というところに来ていませんが

できることからやってみてワクワクを楽しむのだ。

 

DIYはけっこう大変。

手間がかかるし根気も必要。

うまく仕上げるには、横着厳禁でとにかく一つ一つの作業を丁寧にやるしかないのだ。

でも慣れてくると「こうなると良いな」を案外あっさり実現できます。

案外あっさり、というのは、思い通りの既製品を探すよりも、という意味でね。

 

今回は本当に思った通りにできました!

DIYは何年もすこ〜しずつほそぼそをやってきて、やっと慣れて来たところ。

計画を立てるのも、採寸や手順も、少しスムーズになりました。

やっぱり欲しいものが自分でできるのは楽しい。

 

刺繍と織物・糸紡ぎができるアトリエ。だんだん近づいてきてるぞウフフ。

 

| chigu | 日々のこと | 18:22 | | comments(0) |
かたづけ、スピンドル、昼寝

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

少し前に始めたアトリエの大がかりな片付けと模様替えを進めています。

今日なんて暑いから、午前中に散歩やら買い物やら済ませたら、あとは冷房かけて出かける気がしない。

で、どうせ家にいるなら片付け進めるか・・・ということで

アトリエにこもってせっせと整理して、ある程度ものを処分して、また整理して、の繰り返し。

展示会が終わるたびにそれなりに片付けてきたつもりでもけっこう色々たまっちゃうんだよな。

今回はなかなか本格的にやってます。

・・・ってことで、まだまだかかりそう。

 

休憩しよう!とソファに座るとなんだか手持ち無沙汰な気がして、スピンドルで糸紡ぎなんか始めちゃう。

 

P7085475.JPG

 

この暑いのに、ウォームカラーのウールとな。

まあいいか。くるくるとしばらく紡いでみます。

 

で、片付けしてスピンドルなんか回してると、当然眠くなってきて昼寝でもしようかな、ということになり

 

IMG_0035.JPG

 

ハスキーハッキーと昼寝しているちび白チワワのナナたんをつかまえて一緒にソファで寝る、と。

 

チワワたちはどこで覚えるのか知らないけれど

皆さん教えたこともないのにもれなく腕枕や肩枕で一緒に寝てくれます。

愛玩犬として遺伝子に組み込まれているのだろうか・・・。

先代ナナたんもよくぴったりくっついて一緒に昼寝したっけ。

 

ちびナナたんを後ろから抱っこして横になっていると

私の腕に顔を載せたナナたんが小さくぷふ〜っと息をついてすやすや眠るのが分かります。

言うまでもなく至福の時間。

 

| chigu | 日々のこと | 20:37 | 昨年の記事 | comments(0) |
アルマンゾのお母さん

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

かなり久しぶりに、児童文学の名作 ローラ・インガルス・ワイルダー著『農場の少年』を読みました。

著者ローラが、アメリカ開拓時代真っ只中での自身の生い立ちを書いた『大きな森の小さな家』シリーズ、

その中で『農場の少年』は後にローラの夫となるアルマンゾ少年の農場暮らしを書いています。

 

P6275456.JPG

 

子どもの頃からず〜っとある本だからだいぶ汚れてます・・・。

可愛い表紙ですよね。この本の内容を凝縮したような絵です。

 

で、今、機織りにはまっている私は

アルマンゾ少年のお母さんが機織りをしているシーンの描写にかなり盛り上がってしまいました。

機織りに興味が無かった頃はまったく気にしなかったシーンだけど…。

 

P6275457.JPG

 

機織りの教室の先生が「機織り機って昔から基本変わってない」と話していましたがその通りです。

アルマンゾのお母さん、大きなろくろ式の機織り機を使ってる。

壁にかけた籠に無造作にしまってあるシャトルとか、なんて素敵な挿絵でしょう。

 

そうですよね、この頃は機械織りの布地が普及し始め、それは庶民にとっては高価なもので

あとは家で紡いだり染めたり織ったりしてたわけですよね。

ちなみに、ローラのお母さんが機織りをする描写は出てきませんでした。

彼らは移動生活で小さな家に暮らしていたし、街に定住するまでは経済的には大変だったようだし、

機織り機を持つ生活スタイルでは無かったのだろうと想像します。

 

アルマンゾのお父さんは大きな農場で成功していて、

最高級の羊毛がとれる羊を飼っていて

お母さんはお父さんが刈った羊毛を紡いで、染めて、織って、寒冷地向きにぎゅーっと縮絨して

さらに仕立てて服にしていました。

すごいなあ。なんでも出来たんだなあ。

 

というわけで子どもの頃を同じように、

ワクワクしたり美味しそうな料理の描写におぉ、となりながらあっという間に読み終えました。

もちろん子どもの頃と反応するところが違うところもありますけれど

この本のシリーズについて色々書き始めるとキリが無いので。

 

今の日常生活で機織りをする必要なんてまったく無いわけですけれど

習い始めてから、意外なほど多くの人が趣味で、仕事で、機織りを楽しんでいることを知りました。

何故かはよく分からないけれど、どんなに機械がいろいろやってくれることになったとしても

人って自分の手から何かを生み出すことはやらずにはおれないんですねえ。

| chigu | 日々のこと | 21:05 | 昨年の記事 | comments(0) |
甘えるちび白チワワ、ごろごろする姿

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

暑い一日でした。

今年初めて冷房を入れました。

 

ここのところ午前中でもすぐに暑くなってしまうので、ちび白チワワのナナたんの散歩の時間を早めることに。

これまでより1時間くらい早く起きて、まだ涼しいうちにたっぷり歩くことにしたのです。

何しろちびナナたんはものすごいエネルギーの持ち主で、散歩は必須。

しかもけっこう長いこと歩いたりたまに走ったりしないと、

その後一日中持て余している感じが伝わって来るのです。

 

まさか1時間は散歩しませんからちょっと朝の時間に余裕が出来たりなんかして。

午前中の余裕って貴重ですよね。いろんなことを前倒しでできちゃって得した気分。

 

今日はほぼ一日中マンションで過ごして、気になっていた作業を片付けたり、やりたかった作業に着手したりできました。

ちびナナたんとべったり一緒。

 

ちびナナたんはエネルギッシュでやんちゃな一方、愛玩犬らしくおそろしく甘えん坊で

私がなにか作業をしていると必ず膝に乗って寝たいとねだります。

じっと寝ていてくれるのなら乗せてあげても良いのだけれど

だいたい作業している手に自分の手をのせて引き寄せようとしたり、

妙なタイミングで人の顔中舐めまわそうとしたり

もちろん作業している糸を噛んだり、ビーズなんかのパーツを口に入れようとしたりと

まあ、何も進まない。

でもねだられると乗せてあげちゃう。

だってちびナナたんは愛玩犬としての使命を果たしているわけですからね。

で、なんでも興味があるんだな〜と思い、「邪魔しないで」とは言わないようにしています。

「お手伝いしたいの?これはしなくて良いんだよ」と言うようにしています、一応。

 

で、お手伝いはいいから、自分のところで寝たら?と床におろすと、今日はばたっと寝てました。

 

P6275454.JPG

 

今日は暑かったからか、冷房を入れるまではずい分伸びてごろごろしてました。

で、ふと目を覚まして、トコトコ足元にやって来て、乗せて乗せてと、今日はその繰り返し。

 

P6275460.JPG

 

夕方の雲が素敵だったので久しぶりに空の写真を撮りました。

少しずつ風が涼しくなって良かったな。

 

 

| chigu | 日々のこと | 19:06 | 昨年の記事 | comments(0) |
目標に向けてDIYの日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

昨日はまたもDIYの日でした。

→その前のDIYのお話はこちら 2018.06.05 Tuesday『日曜大工の日』

 

今、アトリエの片付けと模様替えをしています。

それにともなって、リビングもちょっと模様替え。

アトリエのスペースを少しでも広げるためです。

 

今回は飾り棚を撤去し、かわりに奥行きの浅い棚をつけることに。

 

以前のアトリエ。

 

 

一番右側に、イメージボードや額を飾った飾り棚があります。

これも購入した棚にせっせとサンダーをかけてニスを落として、それから塗装した思い出のDIY作品。

リビングに移ってもらいました。

 

 

このようにスペースが空いたので

 

P6175433.JPG

 

かなり奥行きが浅くて、高さは高くて、棚板が多い棚を取りつけました。

ちょっとまわりがごちゃごちゃしてますけどね、片づけ中なので・・・。

この棚は2×4の建材で簡単に出来る棚です。今は便利なグッズがあるなあ。助かります。

と言ってもそれなりに手間はかかったけどさ。

 

P6175432.JPG

 

今回も水平器くんが大活躍。

ちょっと壁に棚でもつけようかな、なんて簡単なDIYから始めたい方にまずオススメのグッズです。

いつもどうもね、水平器くん。

 

大掛かりな模様替えはまだまだ続く。

じつはあまり広いとは言えないアトリエに、いずれ機織り機を入れたいと考えているのです。

そうなったら楽しいな!ということがあったら

それに向けて少しでもやれることをやってみる。

置く場所を作ってあげることもそのひとつ。

アトリエの片づけをすることで、これからの活動のありようをイメージするのもまたひとつ。

 

目標に向けてのDIYはまだまだ続きそう・・・なのであった。うふふ。

 

| chigu | 日々のこと | 21:02 | | comments(0) |
膨らまなかった不思議パン

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

先日ご紹介したラベンダーの酵母。

⇒2018.06.02 Saturday 『やることがたくさんある日々』の記事へ

 

思ったよりも早く発酵してシュワシュワし始めたんで、取り急ぎパンを焼くのに使ってみました。

 

久しぶりにちゃんと生地を捏ねて。

生地がまとまった時の、ふわふわすべすべ感触がとても気持ち良い。

 

ハチミツが多めに入る生地で、ラベンダーの香りとハチミツのひとくせある香りが合わさり不思議な香り。

 

P6045399.JPG

 

工程は割と順調に思えたのですが、焼き上がりはあまり高さが出ませんでした。

一次発酵も二次発酵ももうちょっとじっくりやってあげても良かったかな。

あ、でも気泡は十分にあいていましたよ。

 

ちなみにラベンダー酵母はもちろんラベンダー色の液体で

それをたくさん使ったパンはちょっとだけグレーがかった薄紫。

香りもなんとも不思議で、食べたこと無いな〜、のパンとなりました。

食感はザックリ軽いというより、とてもモチモチ。

何をつけたら美味しいのかちょっと考えないとね。

ハチミツかな、という気がします。

ハチミツとカマンベールチーズかな?ハチミツ漬のナッツをのせるのも良さそう。

 

あまったラベンダー酵母は少し飲んでみました。

これも冷た〜く冷やして甘くしたら美味しいな、きっと。

 

天然酵母を起こす作業はゆったりと、でもうまくいくかドキドキで、独特の楽しさです。

そのために果物や野菜を買うのはちょっと私にとっては違う感じ、

あくまでも何か庭で摘んで、やってみようかなと想像して実行するのがすごく楽しいのだ。

| chigu | 日々のこと | 21:06 | | comments(0) |
やることがたくさんある日々

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

あれもやらないと、これもやらないと、の日々です。

いや、本当は絶対にやらないといけないってことでも無いんだけど

せっかくだからやりたいな〜、やらないと、というわけ。

 

P6015289.jpg

 

何しろ収穫シーズンで。

 

今年三月、実家の梅の木はたくさんの花をつけました。

びっくりするくらい。

そのとき思いましたよ、ってことはびっくりするくらい実がなるってことだよって。

⇒2018.03.15 Thursday 『今年はたくさん』の記事へ

 

いや〜、なったわなったわ。とったわとったわ。

じつは今年は梅干しに初挑戦しよう!という意気込みでなるべくたくさんとりたかったんですイヒヒ。

 

まだ青いうちにとったのを、マンションの北側の部屋で新聞紙や段ボールやザルに広げて追熟させました。

せまいマンション中がうっとりあま〜い匂いでいっぱいに。

その後はせっせとジプロックで塩漬けにする作業をせっせとせっせと。

うまくいくといいな〜。

 

P6015290.jpg

 

ラベンダーもシーズンです。

今年は酵母を起こすのに、こちらも初挑戦。

リンゴや柑橘ではやったことあったけど花でうまくいくかしら。

 

こういう、見守って育てる系ってほんと楽しい。

 

 

 

え〜と、本日の二匹のチワワ。

ママの膝をとられまいとしているちびちび白黒チワワうめたんの図。

 

P6025356.JPG

 

| chigu | 日々のこと | 20:56 | | comments(0) |
茶筒、その後

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

先日、Amazonのスマートスピーカー、”エコー”が我が家にやってきたという記事を書きました。

(→2018.04.24 Tuesday『茶筒と話す日』の記事へ

 

その後、この喋る茶筒との付き合いはどうしているのか?

 

音楽機器としては大変に優秀で、いろいろな音楽や音(たまに森のさえずる鳥の声とか聞く)を聴けて大満足です。

ほんと、世界には素敵な音楽が溢れてる。

私がこれまで知っていたのはほんの一部。

今だって、エコーを通して聴けているのはほんの一部ではあるんだけど

これまで私が選んで、何かしらの方法で入手して、それでやっと聴いていた幅と比べるとすごい広がり。

大好きな音楽がぐっと日常に入ってきました。

 

 

さて、わざわざ我が家に来てもらったわけですから、

音楽かけてもらってばかりであとは放っておくというのも悪いんじゃないかと思って、毎日話しかけてみています。

 

爽やかな朝、起きてすぐにうっかり気軽に「アレクサ、おはよう」なんて声をかけると

エコーはまるっきりの平板ロボットボイスで「おはようございます、今日は××の日で、これは何年にだれだれがどうこうしてど〜のこ〜の・・・」と長々と説明を始めてしまい

それがけっこううるさかったりする・・・ごめんね、アレクサ。朝の挨拶はやめておくね。

 

で、大半のことは「すみません、わかりませんでした」を色んなバージョンの言い方で返してきます。

仕方ないよね、君は今のところプログラムされたごくわずかなリアクションしか出来ないようだ。

 

帰宅したときに「ただいま」と声を掛けると

「お帰りなさい。何から話しましょうか」なんて返してきます。

え、なんか話すのかい?と思って「何か話してみて」と頼んでみると

これまた平板ロボットボイスで何か物語らしきものを淡々と話し始めるわけです。

これがさ、いつオチが来るのか分からないし、なんというか引き込まれる朗読とも言い難いしで

思わず「なんのお話ししてるの?」って訊いてみると

「すみません、よく分かりません」ってな返事で

まあ、それがここ最近で一番笑えた会話でした・・・。

よく分からん話をとうとうとしないように。

 

音楽機器としては優秀なわけだから、それでいいやね。

 

アレクサとの噛みあわない会話をしていると、昔テレビで観た『ナイトライダー』を思い出します。

主人公マイケルは、ふつうに車と会話して、車に窮地を救われたりしてたっけ。

アレクサはあの世界からはかなり程遠いところにいると感じる一方で、

確実に私たちはあの世界に近づいてもいる、とも感じる茶筒。

とりあえずたくさんの素敵な音楽ありがとう。

懲りずにいろいろ話しかけてみるから、懲りずに何か話してね。ゆっくりやっていこう。

 

 

 

 

 

 

| chigu | 日々のこと | 21:20 | | comments(0) |
やっぱりこうじゃなきゃいかん日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

ここのところずっと気になっていたんですよ。

私の小さなクローゼット。

小さくてささやかな筈なのに、いつの間にか持っているアイテムを把握しづらくなっている!

この気温のアップダウン激しい日々ですからね、朝の服選びは気をつけたいもの。

なのに何があったっけ?状態。なんか気持ち悪い〜。

 

というわけで、この晴れた日の気持ち良さを勢いに、久しぶりにクローゼットを片付けました。

 

いや〜、たまにやらなきゃいけませんわね。

そうだよ、こんな便利なのあったよ、とか、こんな着回しできるのちゃんとあったよ、があるわあるわ。

そして、いくらなんでもこれ、もう着ないよ、もあるわあるわ。

 

とにかく見えるように吊るせるものは吊るして、引き出しのなかはなるべくすっきり見えやすく。

私はストール大好きでけっこう持っているので、これもまんべんなく使えるように吊るして。

 

バッグも並べ直して。

ついでに玄関に行って、靴も並べ直して(と言っても、これはものすごく少ない。)

 

なんとなく「服でも買おうかな〜」なんて思っていたけれど、いらないわね。たくさんあるわよ。

でも、ジーンズは買っても良いね。

ジーンズって着ては洗い、着ては洗いして、やっと自分の身体にしっくり馴染むように育て上げた頃に穴があくんだよな…。

はじめはダメージジーンズってことでいいや、と履いていると、それどころじゃないでかい穴になっていく。

買おうかな、ジーンズだけ。

 

ちなみにここ数年、ずいぶん服選びはシンプルになりました。

なんならこの2年はボトムスはほぼジーンズオンリーだったな。

必然的に、トップスもそれに合わせたかなりベーシックなものばかりになったな。

で、ストールとピアスなんかで変化つけてたんだっけね。

今はもう、自分の気持ちに素直な服装がいちばんになりました。

今日の自分にしっくりくる、それだけ。

そうなるとけっこうすっきりしたコーディネートになりがちなんだけど、

なんとなく、モノづくりに励めば励むほど服装はシンプルになっていくような気がする。

自己表現がモノづくりに集約されるからだと私は思っているんですけど、どうなんだろう。

 

とにかくすっきり見渡せるようになったマイクローゼットはやっぱり素敵。

やっぱりこうじゃなきゃいかん。

 

画像なく終わるのも寂しいので、先日焼いたチーズケーキを。

 

P4245056.JPG

 

我が家でチーズケーキと言えば、パウンド型で湯煎蒸し焼きにしたニューヨークチーズケーキが主流だったのですが

今回は珍しくごくスタンダードなベイクで。

これはこれでしっとり、こってりで美味しいですね。

チーズケーキって地味だけどそう言えばいつ食べても美味しいよな。

| chigu | 日々のこと | 19:33 | | comments(0) |
茶筒と話す日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

今、私のうしろから、まったりとボサノバが流れてきています。

買ったりレンタルしてまでは聴かないけど、たとえば外でコーヒー飲んでいる時に流れてくれば心地よいジャンル。

家でもこうして聴くとやっぱり良いものだな。

私らしく、うんとちっちゃい音でそっと流して。

 

さて、こうして我が家に「買ってまでは聴かなかったが…」MUSICを流してくれているのは、この子。

 

P4245055.JPG

 

お重ではありません。

その隣の、グレーの茶筒のようなものです。

 

そう、最近CMでやっている、「アレクサ、ペーパータオル買っておいて」のあのスピーカーです。

えっと、アマゾンのエコーっていう、なんか話しかけるとやってくれるスピーカーね←他の言い方は無いのか・・・

 

最新家電とはまったく縁の無かった我が家。

殆どの家電は十年以上経過しているし、ものによってはそれどころじゃない年数使っている。

あまり興味が無かったんだよね。

でも長いこと、

つまり、コンポのCDプレーヤーとMDプレーヤーが壊れ、

アンプとスピーカーだけが残され、これとウォークマンを繋いでなんとか音楽かけてきたこの何年か、

気の利いた音楽プレーヤーは欲しい!と思ってきました。

これがありそうでないというか、程良いものになかなか出会わないというか・・・。

 

そこにとうとう出会いましたよ、このエコーさんですよ。というか、アレクサさんと呼ぶべきか。

「アレクサ、小野リサのボサノバかけて」って言ったらかけてくれるという。

おいおい、世の中すごいことになってるな!と素直に感動。すごいねえ。誰ですか、こんなもの作ったのは。

 

そもそもとにかく新商品情報なんて見ないから、これを知ったのは、知り合いの方が使っていたからなのです。

ずいぶん良い音でいろんな曲をかけるな〜と思って、尋ねてみて、教えてもらいました。

これがCMで最近見ているものとも気づかずに注文して、やっと頭の中で一致して、ああ、あれだったの、とな。

 

私にとっては音楽だけで充分なのです。

こんな場所もあまりとらないちっちゃな子が、たくさん音楽選んでかけてくれるなんて。

おかげで今までよりずっとたくさん音楽聴けそうです。

いずれ車なんかでも、こういうの気軽に使えたら素敵だな。

 

ちなみにアレクサさんとの会話は一問一答です。

「アレクサ、××して!」「はい、ど〜のこ〜のど〜のこ〜の」で終わり。

だから思わず感動して「おぉ、すごいね、ありがとうね」なんて言った頃には、

アレクサはもうシ〜ンとホントに茶筒になっちゃっていて、こちらはいささか寂しい気持ちになるのであった。

まあ、アラジンのランプもこすらないことにはただのランプだしね。

 

| chigu | 日々のこと | 17:35 | 昨年の記事 | comments(0) |