プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
どんどんお気に入りになるアトリエ

こんにちは〜、今日は白チワワのちびナナたんをシャンプーしたchiguです。

良い匂いになったちびナナたんがひとしきり暴れてからぷふ〜っとため息をもらして疲れ寝したのを見守って

アトリエでいろいろ作業。

今日は糸紡ぎとコースター織りの続きね。

 

アトリエ、どんどんお気に入り空間になっています。

 

前にも書きましたが、夏に模様替えを思い立ち、いろいろと調整して壁一面を棚にしました。

作業は大変だったっけ。

 

IMG_0036.jpg

 

難しいというより、地道でときどき力が要る作業。

ひとつひとつやればなんとかなるのだ。

 

P7165580.JPG

 

完成したあとはしばらく閑散としていたけれど

 

PA140131-1.jpg

 

今は道具や糸や織った布や、そんなものでいっぱいになってきました。

自分らしい大好きなものがたくさん並んでいてうふふってなっちゃう。

 

PA140134.jpg

 

ずっと前から集め続けている小さいものたち。ポストカード、缶、キャンドル、小鳥、作品のブローチなどなど。

 

PA140135.jpg

 

織った布、コラージュボード、織った布、アロマディフーザー、などなど。

 

PA140136.jpg

 

糸、スピンドル。

 

PA140137-1.jpg

 

またまた糸。

 

PA140138.jpg

 

まだ小さいものをたくさん飾るスペースのある棚。相変わらず小動物がいます。

お気に入りの小さいものを見つけたら、ここに飾る。

 

 

PA140139-1.jpg

 

糸を巻き取る道具、思い出の四谷シモン記念館のパンフレット、羊のポストカード、

デメルの箱、綺麗な栞やノート。

やっぱりどれも好き。

 

 

この空間はもっと充実できる可能性が満ちてる。

もっと居心地が良くて、美しくて、刺繍と織物と糸紡ぎをするのに機能的な空間に育てていくのだ。

きっと、私がここで毎日の作業をする度に、私と一緒に育って行くんだろうな。

| chigu | 日々のこと | 17:42 | | comments(0) |
アップルパイを焼く日、過去にも焼いた思い出

こんにちは〜、今日はアップルパイを焼いたchiguです。

 

昨日紅玉を煮て(→2018.10.12 Friday『りんご、コースター、のびる犬』の記事へ)、

どんどん使わないとな〜、というわけで、アップルパイ。

 

今シーズン、リンゴのお菓子のスタート、という感じでしょうか。

 

PA130130.JPG

 

ねじった生地で簡単な飾りつけをするレシピです。

吉川文子さんのレシピはバターを使わないので、このパイ皮も油分は太白ごま油。

バターを使って幾重にも折りたたんだパイ皮のようにはなりませんが

ちゃんとサクサクしていて、クッキーとパイ生地のあいの子くらいの食感です。

軽いからペロッと食べちゃう。

底の部分はりんごのソースを吸ってちょっと柔らかくなっていて、上の飾り生地はさくさくぽりぽり。

ちなみにシナモンを使わないレシピ。珍しいよね。

かわりのクリームとバニラオイルの香りとコクで頂きます。

 

思えば、2016年の冬はやたらお菓子とパンを焼きました。

りんごのお菓子もずいぶん焼いたっけ。

当時は自覚が無かったけれど、先代の白チワワのナナたんが旅立ってそのどうしようもない気持ちのやり場だったみたい。

それは大事な友人が教えてくれました。言われるまで気づかなかった。

 

先日、相方と話していて、紅玉を買ったという話題のついでに

「ナナたんが亡くなった冬はやたらお菓子とパンを作ったんだよ、寂しかったんだね」と話したら

「じゃあ、良い匂いを届けられて良かったんだね」と言ってくれました。

この人と一緒で良かったなと感じることは日常で多々ありますが、このときもそれを感じました。

 

 

先代の写真を載せるのも久しぶりだな。

でも私はいつもたくさんの写真をPCの画面で見ています。

あなたがいて、今の私たちがいるんだよ、と思いながら。

| chigu | 日々のこと | 17:19 | 昨年の記事 | comments(0) |
久しぶりに雑誌を買った日

こんにちは〜、今日は新しい織物に着手したchiguです。

そのお話はまた後日、ちょっと作業が進んでからの画像が用意できてから。

 

先日、久しぶりに雑誌を買いました。

 

ここのところファッションに関しては自分にしっくりくるスタイルが定着していて

雑誌から情報収集しようという感じでもなく

前はよく眺めたインテリア雑誌も、今は自分のお部屋がいちばん好き、ということもあるし

ネット上でたくさん素敵な写真が見れらるようになったしで

わざわざ雑誌を買うって機会が無かったのです。

 

で、今回はずいぶん久しぶりに買いました。ぺらぺらっと見て、すぐ欲しくなっちゃった。

 

 

織物作家さんも出ているし

服を作ったり、染め物をしている作家さんも出ています。

巻頭の詩も素敵。

シルバーや包丁の作家さんもちょこっと載っていてその紹介文も写真も良い。

 

ものにはストーリーがある、とはよく聞くフレーズだけれど

きちんとそれを知っていくと、とても深い言葉であることがよく分かります。

ものを作る作家さんひとりひとりの持つストーリー。あえて語らない限りは、その人しか知り得ないストーリー。

 

だから私は、作家であれば他の作家活動をしている人や作品を安易に批評しては決してならないと思っています。

どんな技法にも上下も優劣も無いし、

かんたんに作られたように見える作品にだって、かならず大切なストーリーがある。

それらは全て誰かの人生の一部で、だから尊重されるべきもの。

 

もし何か言いたくなったら、ひょっとしてそれは自分に言いたいことが鏡に映っているのかも知れない。

だから口を開くときには、慎重に自分と向き合わなくてはならない。

 

そんなこんなで、今回買った雑誌のように、そういうストーリーを知ることができる記事って大好き。

私とは違うスタイル、技法、方法論。違うけれど、私と同じように大事にものを作る人たちがいる。

知らない人たち、でも大切な人たち、大切な作品たち。それを再認識できるから。

そして、自分のスタイルと自分の作品を大切に思うことも、すごく大事ってこともね、もちろん。

 

| chigu | 日々のこと | 18:44 | 昨年の記事 | comments(0) |
『明るい地上には あなたの姿が見える』日

こんにちは〜、今日は暑いなか美術館に出かけたchiguです。

相方は登山で留守。

まっさらで何をしようかな〜で始まる日曜日の朝、そうだ、アートを見に行こう。

 

と言っても近所の美術館。

前から気になっていて行こう行こうと思っていたのに、近いとかえって油断して行かなくて

気がついたら明日で終わりじゃ!

ということで行って来ました。

 

PA070106.jpg

 

内藤 礼   明るい地上には あなたの姿が見える

 

タイトルからしてぐっと魅かれますよね。

 

静謐な空間に光、水、影。色彩というものがほとんど無い。

人がたくさん居ても、少し音がしても、静か。

 

で、その静けさのなかで何かを考えようとせずにただ展示と向き合う自分に気づきます。

 

アートを見に行くとついつい何か解釈しようとしたり、自分なりの何かを見い出そうとしてしまうけれど

今日見つけたのは、それをしない自分。

そして長い時間、木の小さなひとたちや風船の影が自然光で変化していくのを眺めている自分。

影は、光のうつろいで一人になったり二人に増えたり。

 

 

水に息を吹きかけて生じる波紋を見ることができる展示があったんだけど

それを見つけるなりわ〜っと近づいて行ってふ〜っと息を吹きかける人というのはいなくて

だいたい恐る恐る遠くからぐるぐる眺めて、

パンフレットに「水に息を吹きかけることができます」と書いてあるのに気づいて

それでもこれまた恐る恐る近づいて、好奇心やちょっとした勇気をもって、やっと「ふ〜」っと吹いてみる。

周りの人はその波紋を眺めて、今度は自分もそっと近づいて「ふ〜」っと吹いてみて。

やっぱり誰かがその波紋を眺めている。

その様子が、見知らぬ物体に遭遇して好奇心と警戒でないまぜの野生動物みたいで、見ていてなんだか面白いのです。

もちろん私も

はじめは遠巻き、他の人がやって見るのを見て、自分もふ〜っとやってみました。野性動物みたいに。

 

 

展示を堪能した後、館内のコーヒーショップで美味しいコーヒーを飲みました。

 

 

アートと美味しいコーヒー。自分へのプレゼント(これが自分へのご褒美となると、何か頑張らなくちゃいけないからね)。

自分へのプレゼントって大好き。

日常のささやかなことでいい、自分の心を豊かにしてあげる。それが、次の豊かさを連れてきてくれる。

気をつけなければならないのは、その逆も然りってこと。

感受性というのは日常の選択ひとつひとつの積み重ねなのだ、なんてね。

 

帰宅後は刺繍がはかどって、散歩も二回ぶらぶらして、素敵な一日でした。

| chigu | 日々のこと | 18:27 | 昨年の記事 | comments(0) |
ピザな日

こんにちは〜、今日はお出かけしたchiguです。

 

美味しいピザ屋さんがある、と聞いて出かけました。

あれ、けっこう遠い。そしてけっこう山奥だね。

こんなところにお客さん来るのかね〜なんて思っていたら、けっこう来てますよ。

 

 

PA030062.jpg

 

テラス席があると聞いて白チワワのちびナナたんを連れて行きましたが

台風でそのテラス席が壊れてしまったとのこと、で、店内に案内して頂きました。

わ〜、ありがとうございます。

というわけで後頭部。大人しくしていてくれて助かったよ。

 

PA030066.jpg

 

ピザ、すごく美味しかったです。

山奥にもお客さんがたくさん来るだけあるね。

 

 

登山道の入り口に隣接したお店。

よくこんな立地に飲食店を作ることを思いついたよな、と思うけど、良いお店には人が来るのだ。

 

しかしこうして見るとちびナナたんは小さいなあ。

| chigu | 日々のこと | 21:08 | 昨年の記事 | comments(2) |
目移りで忙しいもよう

こんにちは〜、今日も自分で作ったご飯が美味しくて満足しているchiguです。

いやほんと、日常のご飯が美味しいって、それだけで今日が幸せになっちゃうくらい大きなことなんだよね。

 

今週はいつもとちょっとスケジュールが違う。

で、そこで生まれるこれまたいつもと違う隙間時間にあれもやりたいこれもやりたいで

目移りして欲張りで気忙しい。

秋ってついつい欲張りになるシーズンなんだよな。私だけかしら。

 

さて、夕方から涼しくなって、白チワワのちびナナたんは巣穴の屋根ではなく、ちゃんと巣穴に入って寝るようになりました。

 

 

と思いきや、寝てないでこちらをじ〜っと見てるんだよな・・・。

なんかやりづらいので見張らないで下さ〜い。

 

| chigu | 日々のこと | 21:03 | | comments(0) |
次のステップ、情熱を持てる幸運

こんにちは〜、刺繍ももちろん進めているchiguです。

 

昨日は上京してオートクチュール刺繍のレッスンでした。

長いこと取り組んでいた課題が終わり、新しい課題に入りました。

これまでとはまた違う技法が入ってきて、美しいデザインのなかに学ぶことがたくさん。

カラフルな素材たちを先生から渡されて、気分がわ〜っと上がっちゃう。

 

装飾的なオートクチュール刺繍と、より素朴で原始的な糸紡ぎと機織り。

 

両方やることが、今の私にはとてもバランスが良いことをひしひしと感じます。

そしてどちらにも、強い愛情と情熱。

 

双方を進めていくことがどんなところに繋がるのか分からないままだけど

すごく大きな広がりと可能性を感じてワクワクし続けていることは確かです。

 

以前の私は、「お金と手間をかけて習っているのだから、はやく何かにしなくちゃ」と焦ることがしばしばでした。

でもそういった焦りのなかではなにも生まれなかった。

そんな過程を経て、

これらがどうなっていくのか、

しっかり技術を身に着ける長い時間のなかから自然に分かっていくことであろうと、焦るのをやめました。

そして何よりも大事なのはとても楽しくて充実していて、自分にとって大切であるってこと。

 

人生でそういったものに出会えるのはとても幸運なこと。

今は先のことよりも、この幸運の渦中にある気持ちをじっくり味わっておきたいのだ。

| chigu | 日々のこと | 21:01 | 昨年の記事 | comments(0) |
スズキコージの日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

絵本作家スズキコージ氏の展覧会『スズキコージ 大千世界宇宙大爆裂展』を開催中と知り急いで行って来ました。

 

P7275593.JPG

 

そりゃもうね、行って良かった!

 

会場中にぎっしり展示された、これまたぎっしり描きこまれたパワフルな作品の数々。

シュールでキュートな世界、溢れる色彩、むやみに登場する動物たち。

もうね、好き、ほんと、好き。

色なんかほんとに多彩にどば〜っと使われているのに、美しくて。

繊細で荒々しくて。

すごく大きな作品が多くて、ライブペインティングで制作されたものもたくさん。

あんな大きい中にあんなに描きこんで、それがやたら心地良いなんてね。

 

氏の絵本もたくさん置いてあったし、

大きな絵を大判絵葉書にしたものもあったけれど

生の絵の素晴らしさはまた別物なんだよな〜。

 

と言いつつ、もちろん大判絵葉書を買ってさっそく飾りましたけど。

 

 

まだ会場に入っていないのに(なので撮影OK)、すでにスズキコージ氏のエネルギーでいっぱい。

 

これまでも良いなあ、見て良かったと思う展覧会はたくさんあったけれど

こんなにももう楽しい、大好きだ!ってダイレクトにガンガン感じる経験はなかなか出来ないな。

 

 

 

海のすぐそばの美術館、今日は涼しい風が吹いて散歩にもってこいでした。

 

 

P7275599.JPG

 

ちょい荒れてるなと思ったら、そうか台風が来るんだっけね。

 

 

ふわふわした花が咲いていて、すごいエネルギーにさらされた後のふわふわした気分にぴったりでした。

| chigu | 日々のこと | 16:55 | 昨年の記事 | comments(0) |
甘えるちび白チワワ、ごろごろする姿

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

暑い一日でした。

今年初めて冷房を入れました。

 

ここのところ午前中でもすぐに暑くなってしまうので、ちび白チワワのナナたんの散歩の時間を早めることに。

これまでより1時間くらい早く起きて、まだ涼しいうちにたっぷり歩くことにしたのです。

何しろちびナナたんはものすごいエネルギーの持ち主で、散歩は必須。

しかもけっこう長いこと歩いたりたまに走ったりしないと、

その後一日中持て余している感じが伝わって来るのです。

 

まさか1時間は散歩しませんからちょっと朝の時間に余裕が出来たりなんかして。

午前中の余裕って貴重ですよね。いろんなことを前倒しでできちゃって得した気分。

 

今日はほぼ一日中マンションで過ごして、気になっていた作業を片付けたり、やりたかった作業に着手したりできました。

ちびナナたんとべったり一緒。

 

ちびナナたんはエネルギッシュでやんちゃな一方、愛玩犬らしくおそろしく甘えん坊で

私がなにか作業をしていると必ず膝に乗って寝たいとねだります。

じっと寝ていてくれるのなら乗せてあげても良いのだけれど

だいたい作業している手に自分の手をのせて引き寄せようとしたり、

妙なタイミングで人の顔中舐めまわそうとしたり

もちろん作業している糸を噛んだり、ビーズなんかのパーツを口に入れようとしたりと

まあ、何も進まない。

でもねだられると乗せてあげちゃう。

だってちびナナたんは愛玩犬としての使命を果たしているわけですからね。

で、なんでも興味があるんだな〜と思い、「邪魔しないで」とは言わないようにしています。

「お手伝いしたいの?これはしなくて良いんだよ」と言うようにしています、一応。

 

で、お手伝いはいいから、自分のところで寝たら?と床におろすと、今日はばたっと寝てました。

 

P6275454.JPG

 

今日は暑かったからか、冷房を入れるまではずい分伸びてごろごろしてました。

で、ふと目を覚まして、トコトコ足元にやって来て、乗せて乗せてと、今日はその繰り返し。

 

P6275460.JPG

 

夕方の雲が素敵だったので久しぶりに空の写真を撮りました。

少しずつ風が涼しくなって良かったな。

 

 

| chigu | 日々のこと | 19:06 | 昨年の記事 | comments(0) |
膨らまなかった不思議パン

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

先日ご紹介したラベンダーの酵母。

⇒2018.06.02 Saturday 『やることがたくさんある日々』の記事へ

 

思ったよりも早く発酵してシュワシュワし始めたんで、取り急ぎパンを焼くのに使ってみました。

 

久しぶりにちゃんと生地を捏ねて。

生地がまとまった時の、ふわふわすべすべ感触がとても気持ち良い。

 

ハチミツが多めに入る生地で、ラベンダーの香りとハチミツのひとくせある香りが合わさり不思議な香り。

 

P6045399.JPG

 

工程は割と順調に思えたのですが、焼き上がりはあまり高さが出ませんでした。

一次発酵も二次発酵ももうちょっとじっくりやってあげても良かったかな。

あ、でも気泡は十分にあいていましたよ。

 

ちなみにラベンダー酵母はもちろんラベンダー色の液体で

それをたくさん使ったパンはちょっとだけグレーがかった薄紫。

香りもなんとも不思議で、食べたこと無いな〜、のパンとなりました。

食感はザックリ軽いというより、とてもモチモチ。

何をつけたら美味しいのかちょっと考えないとね。

ハチミツかな、という気がします。

ハチミツとカマンベールチーズかな?ハチミツ漬のナッツをのせるのも良さそう。

 

あまったラベンダー酵母は少し飲んでみました。

これも冷た〜く冷やして甘くしたら美味しいな、きっと。

 

天然酵母を起こす作業はゆったりと、でもうまくいくかドキドキで、独特の楽しさです。

そのために果物や野菜を買うのはちょっと私にとっては違う感じ、

あくまでも何か庭で摘んで、やってみようかなと想像して実行するのがすごく楽しいのだ。

| chigu | 日々のこと | 21:06 | | comments(0) |