プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
間違っていた話、そしてそれは自分らしい

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

今朝、相方に「私って作家活動10年らしいよ」と言ったところ

相方はしばし考えたのち、「たぶん今年が12年目だよ」とな。

 

・・・昨日の記事で散々10年10年と書いたんですけれど、それは見事に数え間違いだったようです。

え、12年目ですか。

たしかにこのアトリエ日記の記事を振り返ってもそうだ・・・。

 

というわけで、けっこう重大なことを間違っちゃったな〜、テヘヘと思いつつ

私にはよく起こりがちないかにも自分らしい出来事、ということで

テヘヘともう一度笑っていきます。テヘヘへへ。

 

まあ何年目だったとしても、今、良い時期を迎えていることに変わりないんです。

ね、それが大事ですよね、テヘヘヘヘヘヘ。

 

| chigu | 日々のこと | 20:30 | 昨年の記事 | comments(0) |
これまでを考えてこれからを考える日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

気がつくと更新がちょっと久しぶりになってしまいました。

やりたいことがたくさんあったり、考え事をしたかったり、ちょっと風邪をひいたり・・・の日々を過ごしていました。

 

 

考え事は、制作のことでした。

制作のことを考えると、人生のことを考えることにもなります。

あるいは人生のことを考えると、それは制作のことを考えている、ということにもなる。

 

作家活動を始めて今年は10年目になるそうな。

と他人事のようですが、なにしろ実感がわかないもので・・・。

え、そうなの、というくらい、その長い筈の年月がそう長かったとは思えない。

分かっているのはそれは素敵な10年だったということ。

一方で、当然、軽やかなときもあればそうでないときもあったということ。

でも好きでやりたいと思ったことをやってきたのは、すごく素敵。嬉しいし、感謝もたくさん。

 

そういう節目ということもあって

最近は、これまで自分はなにを目指そうとしてきたのか、自分はそのどこに居るのかを思っていました。

 

やりたいことをやりたい!と思っての10年間。

そのなかで自分が目指すべき場所というのは、実はうまく設定できていなかったと思います。

そりゃそうなんです、自分が本当にどうしたいのか、すぐわかる人なんていない。

自分が思う美しいものを作っていきたいと漠然と思ってスタートし、

自分ではないものになろうとしてみたり、作家ってこういうのが良いんじゃないかとなんとなく思い込んでいたり

いきあたりばったりになんだか違うものをくっつけてみたり。

10年間はそうして右往左往しながら、本当はどうしたいのか知る、そのための時間だったかも。

 

今は明確にこれからどうしたいのか、どうすべきなのか分かっています。

不思議とタイミングよく色んなヒントを与えられて、納得する設定が出来ました。

見えない力にちゃんと支えられてるな〜。だったら大丈夫だな〜。なんて感じます。

 

そんなわけで、今はとてもすっきりと清々しい気持ち。

作りたいものがあって、新しくやりたいことがあって、ワクワクして。

手が自然に動く。足が勝手に向く。

何より、やることの基準が明確になったから、しっかりしながら軽やかな気持ちも。

ああ、私、しばらくは自分を頼りにして行けそうだなって。

 

かと言って、人から見れば私の日々はそう大きくは変わっては見えないことでしょう。

そう、これまで通り、ゆったりと日々を大事に。

毎回の食事を作るところからうんと楽しんで、

ちび白チワワのナナたんのちょっとしたしぐさひとつひとつに可愛い可愛いと騒いで

風景を愛でて、会話を慈しんで。

 

具体的にこうです!という宣言もありませんが、

気持ち良く節目を迎えられたこと、

そこには私の制作とこのアトリエ日記を愛でて下さる皆様の支えへの感謝の気持ちがあること、

これは宣言しちゃおう。

 

画像がないのもナンなので、散歩で疲れてまったりするナナたんを。

 

P1034256.JPG

 

毛が順調に伸びてます・・・多毛の予感たっぷり。

 

 

 

| chigu | 日々のこと | 18:30 | | comments(0) |
良いコンビ

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

私が思う良いコンビ、というのはたくさんあるのですが、

たとえばちびちび白黒チワワのうめたんとちび白チワワのナナたん

 

 

あれ、最近のツーショット画像が無かった・・・これは数か月前の画像です​。

また撮らなきゃな。

 

他にもありますよ、オレンジピールとチョコレート、クランベリーにはホワイトチョコレート、ミントとビターチョコレート、

え〜と、え〜と・・・。

 

使えば使うほど最強コンビなのが、ガスオーブンと無水鍋。

ほんと、彼らのタッグにはいつも助けられてます。

多くのオーブンユーザーが言うことだと思いますが、特別なものを作るとき、というよりは

日常的に楽をしたいときこそ、オーブンは本当に”いいヤツ”になってくれます。

オーブンが働く加熱時間はけっこうかかりますけど、人間が働く時間はうんと短い。

 

そして、オーブンウェアとしてすんごい実力を発揮するのが無水鍋なんだよね。

シンプル構造で緊張感無く、さっさとオーブンに放り込めちゃう。

 

日常的なオーブン料理は高温でカリカリ焼くよりも

なにかしら蓋をされた状態での低温蒸し焼きが簡単で美味しいように思います。

そのジワジワ感がたぶん無水鍋の得意とするところなのでしょう。

 

というわけで、ここのところの「楽したい日」の定番。

PC053314.JPG

 

野菜をてきと〜に入れる、入れる。

はじめから少し鍋を火にかけておいてオリーブオイルをあたため、そこに切ったそばからてきと〜に野菜を放り込みます。

なお面倒な日は、切らなくても良い。たとえば人参はまるごと、玉ねぎは半分切り、とかね。

で、ちゃっちゃと塩を振って、お好みでハーブをのせて、蓋をしてオーブンに入れちゃう。

 

170度で40〜50分くらいですかね〜。

 

PC053316.JPG

 

そんなに代わり映えしないように見えますけど、みなさんクタクタになりました。​

今日は大根、ネギ、白菜の残ってたちっこい部分、ジャガイモ、人参。

和のものか洋のものかとか、どうでもよろしい。ちゃんと仲良くしてくれます。

そして大きさも素材のかたさもそれぞれ違うけど、不思議と皆さんベストな状態に仕上がります。

そこが助かるんだよね。

これが蓋をしないで高温ローストする方法だと、中はかたいまま、なんてこともありますから。

煮物だと大きさを揃えて切りましょう、なんてことになるしね。

 

こうして蒸し焼きにした野菜は甘くて柔らか。それぞれの良いところが存分に発揮されるのです。

塩だけで十分美味しいです。じつは塩なくても美味しいものも多い。レモンとかも良い。

もちろんお醤油でも美味しい。

 

今日は最後の20分くらいのところで、塩をしてバットに並べた鮭も天板に入れて一緒に焼きました。

こちらはたっぷりレモンをかけて頂きました。

天板一枚で2品も作ってくれるんだから親切だよな〜。ありがとね〜。

 

ちなみに鍋に野菜だけではなくスペアリブや塩豚の塊なんかを一緒に入れるときもあります。

そういうときは鍋底にたまったソースがまた美味しい。

ただし、かなり脂っぽくなるので、いつも別の器にとっておいて冷蔵庫におき、

次の日以降に上に固まった脂を除いてから使います。これはスープのだしにしたりする。

 

ってなわけで、オーブンと無水鍋は私にとって素晴らしいコンビです。

まあ、これはオーブンが無くても無水鍋だけでも出来ることでもあるし、ルクルーゼなんかの琺瑯鍋も同じ。

オーブンに入れるとしても、無水鍋じゃなくても蓋ができるオーブンウェアならたいがい良いのだと思います。

なんなら蓋はアルミホイルで良いわけですし、私もバットに材料を並べたときはその手もよく使います。

 

ただ、今の私はなんだかこの「オーブン&無水鍋」組み合わせがお気に入りなんです。

ほんと、それぞれ良い奴らが一緒に働くことでますます良くなっちゃうんだよねえ。

 

どうして食べ物の話ってこんなに盛り上がるのかなあ。やっぱり好きなんだよね、作って食べるのって。

 

| chigu | 日々のこと | 21:58 | | comments(0) |
久しぶりにやってみると

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

ずいぶん久しぶりにパンを焼きました。

熱心によく焼いていたとき、「こうするとうまくいく!」と思い信じたこだわりがあったのですけれど

久しぶりなだけあって、そのこだわりをなんだか忘れてしまっていました。

まあいいや、と、割と適当に作業をすすめて焼いちゃったところ、美味しく完成。

 

PB303245.JPG

 

クルミとオレンジピール入りのライ麦パン。

一次発酵の時点であまり膨らまなかったので心配したものの

もちもちとした食感の良い香りのパンになりました。

な〜んだ、なんとなく手の感触で作業しちゃってもうまくいくもんなんだね。

 

そういえばイタリアの生活を紹介する番組なんか見ていると、

村のおばあちゃんはものすごくでっかい桶で粉と水をどばどば捏ねて

薪の窯でざっくり焼いてたもんね。

つぎつぎと窯からゴツいパンが取り出されて、煤を手でぱっぱと払って、ほんと適当に見えるんだけど

パンはすごく美味しそうだった。

そんなものなのかも。

 

久しぶりのパン焼き、楽しかったな。また熱心にやるかもね。

オーブンの熱がキッチンにまわるのが心地良い季節だし。

 

 

| chigu | 日々のこと | 20:44 | | comments(0) |
プリンは自家製が美味しい

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

以前に手作りスィーツについて記事にしたのですが(⇒2017.07.11 Tuesday『夏の空、カラメルタブレット』の記事へ

相変わらずプリンを作っております。

 

あらゆるお菓子はやはりプロのお菓子屋さんが作ったものが美味しいと思うんですけれど

プリン・・・プリンだけは自家製が美味しい!

 

これも相変わらず、カラメルを作るのはいささか億劫でカラメルタブレットのお世話になっています。

先日は写真を載せられなかったのですが今回は開封前にちゃんと録りましたよ〜。

 

PB193153.JPG

 

・・・ま、そんな素敵な外見のもんではないですけど。

でもこれはとっても素敵なアイテムなのです。

何しろこれがあるだけで、プリンづくりのハードルはぐんと下がる。

これを容器の底にポトン、ポトンと入れて、プリン液を注げばよろしい。

プリン液ったって、卵と牛乳とお砂糖だけですものね。あとバニラビーンズかバニラオイルか。

バニラオイルでじゅうぶん美味しい。

プリン液のお砂糖はほんのちょっと控えめ、それもキビ砂糖で。

すると本体は優しくてカラメルのパンチは効いた美味しいプリンになるというものです。

 

プリンて卵と牛乳がメインですから、考えてみればとても栄養のあるスィーツだったんだな。

などと、調子に乗ってでっかく作ってしまうのであった。

 

PB233158.JPG

 

ガラスのパウンド型で。

このサイズになるとオーブンでゆっくり蒸します。プリンが大きいと、なんか嬉しいんだよね。

 

 

| chigu | 日々のこと | 21:22 | | comments(0) |
楽しく気忙しい日々

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

Pwca minne店のUP後、たくさんお買い上げ頂き、さらに本当に嬉しいレビューやメッセージを頂いております。

本当にありがとうございます!

いつもあたたかいお客様方に恵まれて私は幸せ者です。心から感謝申し上げます。

 

さて、ここのところ何となく非日常の外出ややることが重なって気忙しかったような。

 

たとえばオートクチュール刺繍のレッスン。

ずいぶんスムーズに針を運べるようになり、その分刺した部分の出来栄えを丁寧にチェックできるようになりました。

これが当たり前のようで、けっこう難しいことなんです。

たった今刺しているひと針ひと針に集中しすぎると全体の出来栄えが見えなくなっちゃうし

かと言って、その全体は、ひと針ひと針にかかっているわけだし・・・。

それが分かってきた、というだけで成長したなあと自分では思っています。

 

その後も姉・母と簡単な手織り体験教室に行ってコースターを織ってみたり

その帰りには前から行きたかった美味しい天然酵母のパンのお店に寄ってみたり

牧場に寄ってヨーグルトやチーズを買ってみたり。

楽しい外出だったなあ。

それに、そこでしか出来ないことを楽しんで、そこでしか手に入らない美味しいものにホクホクして、贅沢だなあ。

 

そんなこんなしてると仕事がたまっちゃうので、それに頑張って取り組んだり。

 

楽しく忙しい、というのは素敵なことですね。

 

PB193149.JPG

 

先日の公園散歩のナナたん。

ナナたんだって、けっこう充実ライフを送っているよね。このきらきらした顔に表れてるよ。

そしてお互いいっしょうけんめい何かに取り組んだあと、ちょっとだけ一緒に昼寝するのがホントに幸せよね。

| chigu | 日々のこと | 21:09 | | comments(0) |
大人の遠足の日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

素晴らしい晴天に恵まれ、母、姉とともに車でちょいと遠出しました・・・と言っても県内ですけど。

県内に観光で行って楽しいスポットがたくさんあるなんて、素敵だと思いませんか。

 

渋滞が予想されたので朝早くしゅっぱ〜つ。

これは渋滞に巻き込まれない、ということ以外に

朝の透明感のある光のなかできれいなものたちを見て歩ける、という効果も絶大でした。

 

PB033001.JPG

 

紅葉のグラデーションも

 

PB032977.jpg

 

枝がしなるほど生ったリンゴも

 

PB033010.JPG

 

水辺も。

 

午前中の光だと、フレッシュにそのままの美しさを見ることができます。

 

これが午後になっちゃうと、それがまだ13時だとしても、ちょっとボヤッとしてきちゃうんだよね。

それが良いシーンももちろんあるけど、

今日のようにより自然の多いところに出かけたときは朝の光はやっぱり良い。空気もね。

 

母と姉と三人、気がねなくリラックスして、まさに遠足。

楽しかったな〜。

| chigu | 日々のこと | 18:38 | 昨年の記事 | comments(0) |
ハーブたちの現在

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

以前に、植物を育てるのが苦手ながらベランダハーブを育てているという記事を書きました。

(⇒2017.04.04 Tuesday『植物いろいろ』の記事へ

(⇒2017.05.18 Thursday『植物さんたち、最高のコンビ、好きだったらやってみる』の記事へ

その後彼らはどうなったのか?

 

え〜と、うまくいっている子あり、そうもいかなかった子ありで・・・。

正直に言えば、殆どが”そうもいかなかった”になっちゃうんですけど。

 

根っこを昆虫の幼虫に食べられて完全に枯れてしまった子もいれば

環境の良い実家に持って行ったらとたんに元気になった子も。

どうも我が家のベランダは植物向きではないような気がする・・・。

 

とは言え、セージやチャイブやスープセロリが元気でいてくれるので、スープをとる時に使えるのは嬉しい。

 

なんて思っていると、実家の庭には私が使いたいハーブたちがわっさわっさと盛況。

何もしょっちゅう来てるんだから、ベランダは諦めてここで摘めば良いじゃん、と現実的な思考にもなります、はい。

 

さて、摘んだハーブをフレッシュのままある程度長持ちさせるにはどうしたら良いか。

たまたま、洗って水を振り払ってタッパーに入れておいたらいつまでもイキイキしていることを発見しました。

これがけっこう長いこときれいなままなんですよ。たぶん、1ヶ月近くは。

あ、でも、たまに底の方なんか見てあげないと、ちょっとでもなにか菌のいた枝はすぐ傷んでしまいます。

それと、バジルやシソは変色しやすくてこういった保存には向かないですねえ。

バジルはたくさん摘んだらとっととペーストに、シソはその都度使って良い香りをうんと楽しむのが得策です。

タッパーに保管できる子も、マメに使って更新してあげると良いです。

 

そんなわけで、実家の庭で摘ませてもらっては、洗ってタッパーに。

 

PB012951.JPG

 

欲張ってぎゅうぎゅうし過ぎましたが、今日、スープをとるときに使うので良しと。

ローズマリー、レモンタイム、コモンタイム、オレガノ、スープセロリ。

セージはせっかくなのでベランダのを使います。たまに切ってあげないと元気が無くなっちゃう。

 

これまで長いこと室内に植物のない生活でしたが、

友人が分けてくれたのを機に、ハウスリークがちょこんと居てくれるようになりました。

とても可愛いくてすっかりお気に入りです。

そしてベランダにいたレモンバーベナを越冬のために室内に入れました。

ささやかなれどやっぱりこうしてグリーンが視界にあるのは気持ち良い。

 

付き合い方が上手じゃないけれどさ、大事にするからさ。これからもよろしくね。

| chigu | 日々のこと | 17:46 | | comments(0) |
四角いタルトタタン

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

キュッと小さくて、やけに酸っぱくてシャキッとかたいリンゴをいくつか頂きました。

紅玉ではないのです。聞いたことのない品種。

 

少し前からスーパーにリンゴが出回り始めたのに気づいてすごく嬉しくなりました。

シーズン中は毎朝必ずと言って良いほど食べるのですけれど、こんなに飽きずにおいしい果物ってあるのかな。

 

今は本当にいろんな品種があるので、今度はこれ、こちらはどうかな、というのも楽しい。

たいがい、へえ、これも美味しいねと言ってどれがどうだったか忘れてしまいますが・・・。

 

というわけで、頂いた珍しい品種のリンゴ。

紅玉に似て生食よりお菓子向きかな、というわけでフライパンでグラニュー糖と一緒に炒め煮にしたあと、

一部をタルトタタンにしてみました。

初挑戦、タルトタタン。

準備を始めてすぐに、ふさわしい丸い型を持っていないことに気づきました。

オーブンで使える丸い食器やボウルもありますが、お菓子を焼くときは熱伝導のことを考えるとお菓子用の型が良いな。

なにしろ初挑戦のお菓子だし。

 

思案した結果、生地の分量を少なめに調整し、パウンド型で焼いてみました。

 

PA071993.jpg

 

やっぱり丸い方が可愛いよな〜。

でもまったりとした照りや、ビターに焦げたカラメルの色や香りがなかなか良い感じ。

 

食べてみるとけっこう苦いな!大人の味。

考えてみればプロが作ったタルトタタンを食べたことが無い・・・つまり、タルトタタンってこういうものなのか、分からない。

調べてみたところやはりホロ苦で正解だったようです。

美味しかったんだからそれで良いか。うんうん、美味しい、もぐもぐ。

 

同じような例で、

これまで何度もヒヨコ豆でフムスを作ってきたものの

自分が作ったフムス以外食べたことが無いものですから

毎回味見をするたびに、美味しいけど、ホントのフムスってどんなんだろう・・・と

味つけがこれで良いのか決め手に欠けるままに完成、ということになります。

いずれ中東料理のお店でもあったら食べてみよう。そんな機会あるかな。

 

それはさておき、リンゴの季節、楽しいですねえ。

かわいいし美味しいしお菓子にもなるし。これから数か月楽しめると思うと、ささやか〜に嬉しい。

| chigu | 日々のこと | 17:41 | | comments(0) |
今さらシネマ『ファーゴ 始まりの殺人』

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

さて、特に旬でも無ければホットでも無い「なぜ今それを?!」という映画について勝手に語る”今さらシネマ”のコーナーです。

今日は海外ドラマですけど、映画の続きとして面白かったものなのでこのコーナーで語ります。

『ファーゴ2 始まりの殺人』

以前、映画『ファーゴ』とその続きのドラマ版『ファーゴ1』を観たときにも記事を書きました。

(⇒2017.05.12 Friday今さらシネマ『ファーゴ』の記事へ

 

映画もドラマ版もかなり面白かったので、2もかなり期待して観ました。

う〜む、かなり面白かったです。

まあ、バイオレンスっ気たっぷりのブラックユーモアものなので、ひどいっちゃひどいですよ、ほんと。

毎回どんどんがんがん人が死ぬし、ジェフリー・ドノヴァン扮するマフィアの息子なんてまったく気分悪いヤツだし。

(また、ジェフリー・ドノヴァンってこういう役がピッタリな顔してるんだよね〜。)

かなり好みを把握している友人でもないと、「面白いから観たら?」なんて勧めるものでもない。

でも、こういうのが好きだって分かっている友人がいたとしたら強くオススメしちゃいます。

 

どこか?って言われると、どこか面白いんですかね〜、これは。

続き物として、シリーズを繋げる構成なんかマニア魂をうまくくすぐるところがあるし

シリーズ毎回の、とんでもない悪人と、善良な市民や保安官と、善良だった筈だけど・・・の市民との奇妙な縁とか

それぞれがそのキャラクターをどこまでまっとうできるか、あるいはどんどん変容していくのか

変容するとしたら、どう?といった飽きさせない人物像の描き方なのかな。

印象的なのはもちろんキルスティン・ダンスト扮するペギー。

はじめは自分探しに熱中するただの美容師であり妻であった女性。

自分探しがずいぶんおかしな方向に行っちゃったように見えて、本当はちゃんと本来の自分と出会えたのかも知れない

その変化の描き方はすごく笑えます。

すごく笑えるんだけど、なんというか、自分を解放し勇気と知恵を発揮して立ち上がっていく姿はなかなかステキなんです。

一方でそれはどんどん、それもあっさりと彼女と夫を深みに追い込んでしまうんだけれど。

彼女のそんな姿を”自分勝手”と評するレビューもあるようですが私はそうは思わない。

だって誰だって自分らしい生き方を模索するときってあるはず。

ペギーの場合、なぜか彼女が輝きだす場面が犯罪やらマフィアとのかかわりやらになっちゃったけど。

 

ファーゴのシリーズはどの登場人物もクドくて魅力的ですが女性たちの描き方は特にすごく力強く、聡明でカッコイイ。

マフィアの実質ボスである女性とその孫、保安官、警官の妻、美容師などなどね。じみ〜なようですごくやるのよ。

かと言って、男性陣もかなりいいアジ出してるんだけどね。

 

さて、ドラマ版ファーゴは続きがあるそうで、それもユアン・マクレガーが出ているとのこと。

これは観ねばな。楽しみです。

などと言いながら、わりとそういう取り掛かりが遅いタチなので、感想のご報告はだいぶ先になりそうです。

| chigu | 日々のこと | 18:50 | 昨年の記事 | comments(0) |