プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
そしてみんなでスピンドルの日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

昨日、『羊の本』についての記事を書きました。(→2018.05.11 Friday『羊の本がやってきた』の記事へ

 

羊の毛の加工の章を読んでいるうちに、無性に糸紡ぎをやってみたくなってきて

そうなるとうずうずしちゃってね〜。

 

いきなり大きな糸車を買うわけにはいかない、それに今すぐやってみたいの、糸車を買うのなんか待てない。

でも『羊の本』には、糸紡ぎは指だけでもできるし、スピンドルというシンプルな道具だけでもできるって書いてある。

スピンドル・・・これならすぐ作れそう。

円盤状のものと棒とフックがあれば良いんだもの、家にあるもので出来るって!

 

というわけで、昨日は家の中をうろうろして円盤と棒を発見。

棒はお正月の残りの祝箸とか、絵筆とか、ただの木製の丸棒とか、トースターの壊れた部品のかたいしっかりした針金とか。

円盤は、ジャムの瓶の蓋とか、小さいパーツを入れていたケースとか、革細工で使う木製のコバ磨きとか。

フックは針金を曲げたり、ヒートンも良いね。

 

家に色んな径のドリルが揃っていて良かった。

円盤に穴さえあけばすぐできちゃう。

 

P5115233.JPG

 

ってなわけで、取り急ぎ”ありものスピンドル”を作って、くるくる回して、ウールを紡いでみました。

意外と素材や重さによって使い勝手が違う。

紡ぐ作業そのものはけっこう難しいけれど、どこか難しいのかが分かれば対策ができる。

それに今どき、ネット上にはあらゆる情報も動画も溢れてますからね。

あとは練習するしかないよね、すぐ上手にできるわけないんだから。

 

くるくるとこれは楽しいな、前から糸紡ぎに興味があるって言っていた姉にも知らせてみよう。

 

さらなるってなわけで、今日の午後は、実家で姉と母と三人で、もくもくとスピンドルを回しました。

今日は、母と姉はちゃんと買ったスピンドルで。ネットで注文したお店がすぐに送ってくれました。

私は引き続き自作スピンドルで。

紅茶を飲みながら、うまくいかないな〜、太さが揃わないよなんて言いながら。

母も姉もすぐに上手に紡いでいました。

それぞれ自分のやりやすい方法を見つけて。

 

原始的な手仕事って妙な魅力があります。

もっと便利にきれいにできる技術があって、自分がやる必要なんてないのに

結局は直接自分の手と素材でなにかが出来上がってくることに魅かれる。

面倒くさくて統一性の無い仕上がりの作業に熱中する。

感じることは一緒なのでしょうか、動画を調べると、世界中の人がスピンドルを回してる。それこそ老若男女が。

私もなんだかはまっちゃいそうだな。なんだか「ようこそ」って言われてるみたいだな。

 

 

 

 

 

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 21:08 | 昨年の記事 | comments(0) |
刺繍台に手を加えるのも久しぶりだな、の日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

オートクチュール刺繍は、基本的に大きな刺繍枠にシルクオーガンジーを張って作業します。

布の下から左手で糸やビーズやスパンコールを送り出し、それを布の上から右手の鉤針で留めていきます。

イメージとしては、ミシンの下糸と上糸を一人でやる感じかな?

 

さて、そんなわけで刺繍枠は何かしら台に乗っていなくてはなりません。

以前こちらで記事に書いたとおり、刺繍台はなんとか自作しました・・・まあ、たくさん手伝ってもらって、ですけどね。

(⇒2014.10.16 Thursday『こんなのです』の記事へ

その後、使いやすいように、ちょこっと手を加えてみたり。ほんのちょこっと。

(⇒2016.03.19 Saturday『ちょっとしたことで』

 

さて、この刺繍台に久しぶりにまた手を加えました。

もっとさっさとやれば良かったな、気になっていたんだからさ。

 

それはこちら!

 

P9111606.jpg

 

じゃ〜ん!!

・・・と言われましても・・・とお思いになったかと思います、ええ。

なにしろ今回もささやかな変更なものですから。

 

P9111611.jpg

 

この金具をつけてみました。

そもそも、この金具はいったい何のためのグッズなのか、私はまったく知りません。

目的を果たせそうなものがこのへんにあるんじゃないかな〜とホームセンターの資材置き場をぶらぶらしていたら

まさにこれだよ!!と見つけたのがこの子です。

 

はい、欲しかったのは糸をセットする場所だったのです。

 

P9111614.jpg

 

ほらほら、こんな風にね。

これは糸をセットするための木製の道具をわざわざ使っていますけど

 

P9111618.jpg

 

本当はでっかい釘でも良いのです。

現に、この釘はオートクチュール刺繍のレッスンの初日に他の道具と一緒に頂きました。

どこかにこの釘よりちょっと太めでしっかり深い穴さえあれば、糸をセットすることができるのです。

この刺繍台は刺繍枠をのせたらスペースいっぱいになってしまうので、糸の場所は外に出したってわけ。

 

地味ようで、作業の上では大きい変化だ!

なにしろ糸巻きを膝に乗せておいたり刺繍枠の上に転がしておいたりすると、

確認のために立ち上がったとき、あるいは刺繍枠を持ち上げたときに転がって行ってしまって、あぁ〜!となるわけで。

 

P9111621.jpg

 

こんな風にビーズの通った糸巻をセットして、下から左手でスムーズに送れるようになったわけです。

 

ちょっとしたことでも、DIYをやり始めるとホームセンターは本当に面白いです。

今回のように訳の分からない金具(私にとっては、ということですけどね)がびしっと役割を果たしてくれる。

そのやった〜!ってな感じが、ほんと、楽しくて達成感があるんですよねえ。

 

オートクチュール刺繍は、レッスンの宿題が終わったあとは、作品とまではいかなくとも何かしら練習で刺すようにしています。

なにか形にしようとするとかえってどうしたら良いか分からなくなってしまうので

なんとなく円や帯状の図形のなかを習った技法で埋めてみる、と。

いずれそれがオリジナルに繋がっていくかも知れません。

新しい糸のセット金具でますます楽しく刺せれば良いな!

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 17:37 | | comments(0) |
粒々ちゃん

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

オートクチュール刺繍のレッスン、今回の課題も残りわずかでラストスパートです。

 

20170505_161738.jpg

 

同じビーズを縫いとめていく作業でも、技法によって表情はさまざま。

 

刺繍の難しさというのは素材も技法もあまりにも自由で幅が広く、奥行きもまた果てしないところにあると思います。

表現したいことに合わせてそれらをうまくピックアップできればそれは素晴らしいでしょうし

自分のアイディアが乏しいうえに、あまりにも多い選択肢の前で茫然としてしまったらなにもできない。

 

私はまだ、そのどちらにも属していません。

そのずっとずっと手前のところで、ひとつひとつの選択肢を身に着ける難しさと格闘中。

道は長い、それが楽しい。

がんばるぞ。

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 21:44 | | comments(0) |
文旦ピールの日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです

 

立派な文旦を頂きました。

前々から、「お菓子とかパンにオレンジピール入れたいけど、オレンジピールってけっこう高価だよね」と思っていたこともあって

文旦の皮をシロップ煮にして文旦ピールを作ってみようと思い立ちました。

 

P2270055.JPG

 

あっさり完成の写真を載せておりますが、その道のりは長かった。

文旦の皮は苦いので、下処理にかなり手間をかけました。

茹でこぼしを何度もして、そのうえでまた水につけておいて。

煮るのも時間がかかるし、丁寧に天板に並べてオーブンで乾かすまでもなかなか大変。

お菓子やパンにすぐ使えるように小さくカットしておくのも大変。

というわけで、オレンジピールが少々高価でも仕方ないのだとつくづく納得しました。

 

白い部分をあえて多めに残したので柔らかい食感です。

このあと、一部はチョコレートかけにしました。

大好きなオランジェットの文旦版。それがお家でできるなんて感動。

ただ、それもまた、緊張感ともなうテンパリングから始まって大変だったけど…。

 

こういう作業をしてみると、お菓子屋さんてすごいなあって心の底から尊敬します。

パンを焼くと、パン屋さんて本当にすごいなあとやはり尊敬します。

こういった手がかかって繊細な作業をいつも安定した品質で続けるって素晴らしい技術ですよねえ。

 

大変大変と言いつつ、自分で頑張ってうまくできたのはやはり報われた感じがちゃんとあります。

しっとりつやつやで、可愛いヤツめ、と笑いがこみあげます。

お菓子・パン用分もずいぶんたくさんできたからしばらくもちそう。

何に使おうかワクワクするなあ。

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 21:22 | 昨年の記事 | comments(0) |
自分のピアス、ハードロック、魂の洗濯

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

先日美容院で髪を切ってもらい(と言ってもいつも短いんですけど…)

急に、ちょっと大きめのさがるタイプのピアスが欲しくなりました。

買いに行って選ぶより、自分のイメージで作った方が早いなと思い立ち、ウフフと作りました。

 

P2040007.JPG

 

二種類。

奥のは大きな輪っか、ごくプレーンでシンプルなもの。

手前は石を合わせてちょっとデザイン性のあるもの。

直接皮膚に触れるフックの部分は18kを使用、あとは軽めに14kgf。

そうすることでコストもかなりお手軽にできるし、かと言って安心して着けることができます。

こういうとき材料の買い置きがあると、思いついてすぐ出来るから便利だなあ。

今日から着けてみました。イメージ通りで良い感じ。嬉しいな。

 

さて、お話し変わって。

先週の日曜日は、Guns N' Rosesのライブに行って来ました。

チケットをとってからかなり楽しみにしていて、

とにかく気分を盛り上げるためにここのところは車でもウォークマンでもかけっぱなし。

当日は久しぶりにかなりキャッホーに盛り上がって本当に楽しかったな。

そうしょっちゅう行くわけではないけれど、ライブは大好き。

もちろん会場で飛んで跳ねて踊りまくるのは最高だし、

同じアーティストを愛するたくさんの人たちがそれぞれ”なんちゃってメンバー”の格好をして一堂に会し

やいやいと高揚した雰囲気とかも大好き。

なんというか、心温まる風景なんですよねえ。

 

というわけで、ライブは魂の洗濯。

すごく良い時間を過ごしてしまいました。

 

次回は4月にチケットをとってあるので、これからまたどんどん盛り上げていきます、キャッホー。

 

 

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 21:41 | 昨年の記事 | comments(2) |
ガレット、パン、お飾り

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

ここのところ、作品の制作以外にもせっせと手を動かす機会が多くて、それぞれ楽しんでいます。

 

PC170006-1.JPG

 

たとえばリンゴのガレット。

バターを使わない軽いパイ生地を薄く伸ばして、その上に生のリンゴを丁寧に並べて焼きます。

レシピは吉川文子さんの新刊『りんごのお菓子レシピ バターなしでもとびきりおいしい』から。

11月に出版された本。とても気に入って、紅玉を買ってはいろいろ作り、家族とともにおやつの時間を楽しみました。

そろそろ紅玉も終わり。

この本があれば、来年もリンゴの季節が楽しみなことでしょう。

 

 

パン焼きもずいぶん慣れました。

PC170003.JPG

 

先日焼いたクルミ入りライ麦パン。これまでで一番よく出来た!と嬉しくなりました。

慣れてくるとライ麦の配合が増えても扱えるようになるし、

コツをつかむとてっぺんに入れた切り込みがぱか〜っと割けます。

そしてなんと言ってもぶれずに美味しくできるようになりました。

今年の大きな収穫のひとつ、それは、ホームベーカリーを使わずにパンが焼けることになったことかな。

なんて言いながら、欠かさずホームベーカリーにも働いてもらっていますが。

 

 

さらにこちらは初挑戦!

 

PC180006-1.JPG

 

姉が誘ってくれて、美しいお花屋さん”グリーンスポット”のワークショップに参加、お正月のお飾りを作りました。

松やしめ縄やお花などはそれぞれ用意されていて、それを好きにレイアウトしてくっつけていくのです。

何もかもが初めての作業。

実はこれまでお正月のお飾りを飾ってこなかったので、スタンダードなお飾りがどんなものか思い浮かばず…で、

はじめはちょっと困ってしまいました。

先生はポイントを上手に教えてくれ、あとは皆、心の赴くままに。

よし、私も、スタンダードなんて言葉は忘れて、自分に従いましょう。

一番迷ったのは、水引をどんなふうに形作ってつけるか。

末広がりの8をモチーフに、ちょっとリボンのようにしてみました。

出来上がったのを見せると、先生はにこにこと「うんうん、個性的だね」とのこと。

結局、普通、お飾りってどんな風かがぼんやりとしか分からずじまいでしたので、

これが個性的かどうかも自分では分からなかったのですが、すごく気に入りましたよ。

みんなでもくもくと作業して、本当に楽しい時間でした!

 

わかりにくいので写真を寄って撮りましたが、本当は松の枝はそのまままっすぐに伸び、根がついています。

聞けば農園の職人さんが丁寧に手を入れながら7年かけて育てた松だそうです。

う〜ん、ありがたい素材。飾る場所に合わせて枝を切って良いとのことでしたが、はさみを入れる勇気は出ず。

長いまま飾ろうと思います。

 

そんなこんなで色々やっているうちに年末なのですね…。

オンラインショップ(Atelier Tir na nOg iichi店minne店)は、12月25日〜28日の間、発送をお休みさせて頂きます。

ご注文は受け付けており、その間のご注文分は29日より順次発送致します。

基本的に年末年始のお休みの予定はございません。

どうぞよろしくお願い致します。

 

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 21:32 | | comments(2) |
長い旅が続いています

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

あいかわらず夜はキットもののサンプラーをただただ無心に刺していて

これがほど良くリラックスの時間になっています(などと言いながら、けっこう一日中リラックスしてたりなんかして・・・)。

 

何しろ幅が100僂曚匹發△蝓⊇わるときのことなんか考えている場合でない。

ただ、今刺しているところを丁寧にきれいに刺すことだけに集中するのです、ええ。

 

このサンプラーについての過去の記事はこちら→『2016.02.01 Monday また長い旅をしています 大きなサンプラー』

 


P9260020.JPG

Permin 刺繍キット P39-10813 A Dutch Beauty

 

ユニークな動物が仕上がって参りました。

このサンプラーにはこのような憎めない顔をした動物がたくさん散りばめられています。

飽きない図案。

 

刺繍枠は手持ちで一番大きい、直径30cmのシッティングフレームを使っています。

スクロールフレームにはおさまらないし、スタンダードな丸枠の方がしっかり布を張ることができます。

ただ、丸枠はこのように大きな作品の場合、どうしても刺し終わった部分にも枠をかけなくてはなりません。

同じところで何度も枠をかけ直すと刺した刺繍糸が毛羽立ってしまうので

一回はめたら、その部分を刺し終わるまでなるべく外したりずらしたりしない。

そうすると、枠の影響は殆どありません。

で、「あ〜、やっとこの部分が終わりか〜」なんてブツブツ言いつつ達成感も感じつつ丸枠をずらしていくと。

 

ところで、夕食後にソファに座ってこの刺繍をしていると

白チワワのナナたんが膝に乗りたがります。

膝に乗るとなると、刺繍枠の下に入り込むことになるので私は正直かなり刺しにくくなるのですが

ナナたんはこの”天蓋もどき”の下に入り、それなりに得意げにくつろいでいるようです。

う〜ん、やりにくいよ、でも、降りてよとも言いにくいんだよね。

なんかそういうの、ずるいと思うんだよね。

 

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 18:47 | | comments(0) |
チャレンジの日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

レッスンに通っているオートクチュール刺繍、

そろそろ課題だけではなく、オリジナルが出来ないかな〜と検討中。

大きな平面のデザインを考えることや、それをアイテムに仕立てていく工程など

これまでにない経験ばかり。

でも、まずはやってみなければ。

やってみれば、こんなに出来るじゃないかって分かることがたくさん出てくる。

そしてきっと、ここが今出来ないことなんだな、とか、問題なんだなってことも分かってくる。

それらをクリアするために工夫したり調べたり時には四苦八苦したり

それが楽しかったりする。

やってみましょう、やってみましょう。

 

チャレンジと言えば

ガスオーブン設置以来、お菓子もパンもお料理もいろいろ作ってみています。

昨日はスコーン。

バターのかわりに植物オイルを使うレシピでとても簡単に出来ます。

サクサクと軽くて美味しいので後をひく、危険なお菓子(笑)。

 

P8140007.JPG

 

今回はメープルシロップと胡桃入り。

次は何にしようかな。

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 21:12 | 昨年の記事 | comments(0) |
今年も梅シロップ
こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

今年の2月、梅の花の勢いがいつもの年よりもすごいなあと思いながら見ていました。
⇒『2016.02.28 Sunday 今年の梅は華やかです』の記事へ

さて、この2月の記事で期待したとおり、実家の梅の木には実が本当にたくさんつきました。
梯子をかけるまでもなく、手の届く範囲だけで十分な量を収穫できるくらい。

P5290007.JPG

しばらく前に母、姉とともにワイワイと収穫して分け合い、
洗ってヘタをとって冷凍しておき、
昨日、大きなガラス瓶に氷砂糖と交互にせっせと詰めて
シロップの準備が完了。

この後は毎日ゆすりながら、飲める日を楽しみにイヒヒと笑うわけです。

高いところについていて採れなかったたくさんの梅は
もっと大きくなり、ちょっと黄色くなってきました。
雨風で地面に落ちて、
木の下で草むしりなんかしていると、果実らしい甘い、ものすごく良い香りが漂ってきます。
う〜ん、うっとり。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 ☆オンラインショップはこちら! 3000円以上のお買い上げで、定型外郵便の送料が無料!
  Atelier Tir na nOgのアイテムもPwcaのアイテムもご購入頂けます。↓是非遊びに来て下さい☆
  オンラインショップ Atelier Tir na nOg 

  
 ☆Atelier Tir na nOg iichi店ではカード・コンビニ決済でご購入頂けます☆ 
   
 ☆minneでもカード・コンビニ決済にご購入頂けます☆  

 ☆白チワワと仲間たちの画像ブログはこちら!↓☆ 
  
  Nana the Techichi 
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇




| chigu | 日々のこと・手仕事 | 20:40 | 昨年の記事 | comments(0) |
羊毛ちくちく ふたたび
こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

先日、羊毛でブローチを作ったお話を書きました。
(⇒『2015.11.26 Thursday羊毛さん、ニードルさん』の記事へ

なかなか気に入ったので、モチーフはあまり変えずに色を変えてもうひとつ。

PC010002_edited-1.JPG

やはり羊毛だけでは面白み、深みが足りないような気がして
ビーズや糸刺繍をプラス。
贅沢に京の絹糸もちょっと使っています。
羊毛のもふもふほかほかした雰囲気と、
ビーズの鈍い光と、コットン糸のまったりした艶、そして、絹糸のすっとした光と。

素材の取り合わせはやはり楽しいものです。
そして悩ましいもの。

選択肢が広がれば広がるほど、楽しく、そして悩ましい。
それって自由ってことで、それってやっぱり素敵なことです。


  ☆Atelier Tir na nOgのサイトはこちら!Atelier Tir na nOgのアイテムもPwcaのアイテムもご購入頂けます
   ↓是非遊びに来て下さい☆

     

  ☆Atelier Tir na nOg iichi店ではカード・コンビニ決済でご購入頂けます☆ 
   バナーをクリックするとiichi店へ↓
   iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
   

  
  ☆ヴィンテージパーツをセレクトしたアクセサリーのお店Pwcaはこちらから購入できます☆
   こちらもカード決済でご購入出来ます
   Pwca minne店
   
  
  ☆白チワワと仲間たちの画像ブログはこちら!↓☆
   Nana the Techichi 
| chigu | 日々のこと・手仕事 | 21:54 | | comments(0) |