プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
縮絨の日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

この時期で雨の日が多いですから、

”洗濯物を干しておらず””なお且つ晴れている日”は貴重です。

布団も干したいし、ちょっとずつ順番に手洗いしているセーターも干したいし

そして織物教室で織り上がった織物も洗って干したい。

 

というわけで、その貴重な昨日は、織物を洗って干しました。

 

まずは白いカシミアのマフラー。

 

P6225446.JPG

 

まあ、こうして見ると、『いったんもめん』を捕獲してとりあえずベランダに居てもらっているようにしか見えませんが…。

これはふわふわのカシミアマフラーなのです。

あえてそっとそっと打ち込みをして、目が詰まないように織って、

それを60度くらいのお湯で洗いました。

縮絨というそうな。

織り上がったときには「え〜、これがカシミアかい?」というくらい、感触がガサガサしているように感じました。

が、お湯で洗っているうちに目が詰んで、質感もフワフワしてくるのです。

頃合いを見て引き揚げて触ってみて、うわ〜、と感動。

乾かしてもちょっとしっとりしているような手触り。嬉しいな。でも冬までおあずけ。

 

そして、綿の布も洗いました。

 

P6225439.JPG

 

赤と白の綿の糸で、可愛くチェックに。

三種類の柄を続けて織ってみました。

 

P6225443.JPG

 

こんなのと

 

P6225444.JPG

 

こんなのと

 

P6225445.JPG

 

こんなのと。

 

3つとも可愛くて気に入りました。

柄ごとに切り離して端を縫い、ランチマットにする予定。

ランチマットにしてはちょっと大きいサイズなのはピクニックで使うからです。

ピクニックには赤と白のきりっとしたチェックが合う・・・と思ったんだけど、どうだろう。

仕立てまで頑張るぞ。

 

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 20:48 | | comments(0) |
やってみれば良いのだ

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

刺繍、紡ぎ、手織り、お料理、散歩、の毎日です。

織物教室は週に2日、朝から夕方まで。お弁当を持って行くのです。

ちび白チワワのナナたんを長い時間留守番させることになるので

ストレスを溜めないよう、教室の日の朝は長めに散歩します。

私も座る時間が長くなる日だから、一緒にたくさん歩いてちょうど良いかな。

 

教室に通う前はいろいろな不安がありました。

 

まず浮かんだのは、なんと、人にどう思われるかなってこと。

創作の方向性が変わること。一貫性が無いって言われるかしら?

新しいことが始まれば今までやれていたことがやれなくなるであろうこと。

これまでだってちゃんとやれていたのかしら?

お金がかかることを始めること。

どう説明したらいい?分かってもらえるかしら?経済的には大丈夫かしら?

まだ小さいナナたんを長い時間留守番させて大丈夫かしら?

こんな風に贅沢に新しいことを始めちゃって良いのかしら?

まあ、そんな風に、次々と、次々と。

小さいぜ、私。

 

なんと言うか、今の私だったらそんな数か月前の私に「そんなの大丈夫だよ」とかる〜く言えるんですけど。

その時は本当に周りの人に相談出来なかったんだよね。

あはは、なんてお馬鹿さんなんでしょう。

 

前にも書きましたけれど、かと言ってやりたいうずうずを止められる私でもない。

結局やるんだから、ど〜んと安心して、自分のことも周りのことも信頼してやりゃ〜いいじゃんね。

でもなかなかそうもいかないんだよね、その時は。

 

やってみれば良いのだ。やって良かった。

この先はどうなるか分からないにしても、

大好きな刺繍と新しく大好きになった織物をやっている日々はとても充実。

織物を始めるということは、私のなかの”やってみれば良いのだ”の確信をより強くしてくれた体験でもあります。

 

そんなこんなで、綿でスタンダードなチェックを織っています。

 

IMG_0004.jpg

 

赤と白で、うんと可愛いくてちょっとレトロな布にしようと決めてました。

うん、イメージ通りよ。少しずつ進もう。

 

IMG_0005.jpg

 

可愛いと言えば、それこそうんと可愛いパッケージのキビ団子を頂きました。

開けるのがもったいないくらい可愛い・・・と呟いた次の瞬間にぺりぺりむいて食べちゃうんだけど。

小さくてやわらか〜いキビ団子。私も小さな世界ながら、うんと柔軟にキビ団子のように居たい。なんちて。

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 18:12 | | comments(0) |
ターキッシュスピンドルを楽しむ日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

しばらく前からスピンドルなる道具で地道に糸紡ぎをするのが楽しくて

→2018.05.12 Saturday『そしてみんなでスピンドルの日』の記事へ

→2018.05.25 Friday『糸がたくさんたまった日、ぽよ〜んとする日』の記事へ

調べていくうちに、紡いだ糸をそのまま糸玉に出来る素敵なスピンドルがある、ということを知りました。

ターキッシュスピンドルというそうな。

 

で、木工作家さんで、織物・編み物関係の道具を作る方がいて、

その方が素敵なスピンドルを各種作っていらっしゃることも知りました。

それは欲しいな〜!と入手。

 

P6125404.JPG

 

大変に美しい道具です。

すべすべしていて軽くて形がきれいで。とても小さい。

そして、びっくりするくらい上手に糸紡ぎが出来るようになります。

バランスが良くてちょっとだけくるん、と回してあげるだけでくるくると長いことよく回り

そして軽いので細い糸をすーっと紡げる。

いや〜、良い道具って本当にすごい。自分の腕が一気に上がったように錯覚するくらい。

だんだんコツが分かってきて、羊毛をどんな状態に用意すれば繊維を引き出しやすいのか、

どんな風に持ち、どんなふうに引き出せば、羊毛に回転が伝わってしまって固まってしまうのを防げるのか

などなどが感覚的に分かってきました。

そうなると、糸が切れるのではないかとビクビクせずにすーっと繊維を大胆に引き出せるようになるのです。

 

そして紡いだ糸は、羽に巻いていく。

2枚上を通し、1枚下をくぐらせる、の繰り返し。

で、カッコつけたくなって、写真のような巻き方をしてみると。手間がかかるな…。でもカッコいいぜ。

紡ぎ終ると、スピンドルをばらして、糸玉のままの紡いだ糸を手にすることができるのです。

ターキッシュスピンドル、素敵。

 

日中のいろいろな作業で目や頭がなんとなく疲れると、

夕食後にクロスステッチをやるのはしんどいな〜という時があります。

そんなときはスピンドルがぴったり。

なにも考えずにくるくる回してすい〜っと繊維を引き出していくと。

無心で楽しい時間です。

 

 

 

 

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 21:12 | 昨年の記事 | comments(0) |
また長い旅に出ています

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

何かとやりたい手仕事がたくさんあって

あれもやりたい、これもやりたい、時間がもっともっと欲しいなと欲張りな気持ちのなかでも

長く続けてきたクロスステッチの時間はとっています。

 

前回、動物いっぱいのサンプラーを仕上げてから(⇒2018.03.10 Saturday『クマや鹿や鳥、ファーブルトン』の記事へ)、

今度はまた大きなサンプラーに着手。

 

 

P6095401.JPG

 

数年前に自分への誕生日プレゼントとして購入したキット(2014.08.27 Wednesday『今年の自分へのプレゼント』の記事へ)。

かっこいい図案、上質なリネンに段染めのシルク糸。

シルク糸!シルク糸でクロスステッチを刺すなんて初めてです。

購入当時、もったいなくてなかなか手をつけられなさそう、なんて書いていたようですが

そのとおり、数年後に着手となりました。

他にたくさんキットや図案の買い置きがあるから、順番がまわってきたのが後になったってことなんだけど。

 

シルク糸はとっても柔らかい。大事にゆっくり刺していこうっと。

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 20:54 | | comments(0) |
日曜大工の日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

今どき日曜大工って言うんですかね、すっかりDIYという言葉を使うようになりました。

 

さて、私のDIYのお話し。

 

織物には木製の関連グッズが数多く登場します。

さしあたって必要なものを、ひとつひとつ揃えていかねばならん。

 

取り急ぎ必要だったのが”整経台”。

機織りには「たて糸」と「よこ糸」があって、そのふたつが文字通り縦横に組み合わさって布が出来るわけですけれど

たて糸は、機織り機にかける前に必要な長さと本数を準備するのです。

そのために必要なのが”整経台”。

これまでは教室でお借りしていたのですが、家で集中してやれるように持っていても良いのではないか、というお話がありました。

 

P6015301.JPG

 

こちらがこれまでお借りしていたもの。

ニュージーランドの会社のものだったと思います。

 

これなら自分でも作れるのでは・・・とよぎり、まずやってみるか、ということに。

失敗したらテヘ!って言えばいいじゃ〜ん。材料費が無駄になった…とか、そのとき爆笑すればいいじゃ〜ん。

 

P6015298.JPG

 

いつものDIYどおり、木材はホームセンターでカットしてもらう。

これを家で普通のノコギリでやろうとすると、面を整えたりするのにえらい手間がかかるのだ。

お店のでっかい機械でカットしてもらうと、ちょっと紙やすりかける程度できれいになるのだ。

 

地道に紙やすりを全体にさっさとかけて、そう、糸がひっかかったりしないようにね。

で、ぐるぐる手回しのドリルで穴をあけてはネジを締めてく、と。

もちろんボンドで強度UP。

 

P6025309.JPG

 

P6025306.JPG

 

枠はボンドと金具で。けっこうガッチリできてきたぞ。

あ、ビニールの紐は、ボンドで固定したときにしっかりくっつくように支えた紐ね。

 

いくら前もって穴をあけていると言っても、ず〜っとドライバーでねじ込みしていると手が痛くなってくる。

が、気にしな〜い。もうちょっとだも〜ん。

 

P6025317.JPG

かんせ〜い。​

 

P6025314.JPG

完成〜!!

 

P6025312.JPG

 

かんせ〜い!!

 

P6025316.JPG

 

やったね!

 

はじめの一枚以外は、もちろんちび白チワワのナナたんを載せるための写真です。

 

いや〜、ナナたんね、こういう作業の間じゅう、とても上手に邪魔してくれるんです。

立膝ついて作業してると、わざわざやって来て後あしで立ち上がって、前あしで人の顔を押さえつけて顔を舐めまわすし、

無理やり膝に乗ろうとするし、

木くずを拾っては食べたがるし、

傍らに置いておいた紙やすりをいつの間にかどこかに運んで行ってしまっているし

ありとあらゆることをしてくれる。

それが・・・可愛いんだよね〜。もう!邪魔しないで!と言いながらついつい大笑いしてさ。

 

ところでこうして自分で作った整経台ですが、実際に糸のテンションに耐えうる強度かは使ってみないとわからない。

かなり気を付けて作ったつもりだけど。

教室から実物をお借りしていたタイミングだったので、モデルがあって寸法など迷わず出来ました。

ありがとうございます。嬉しいな。

 

嬉しいこともうひとつ。

いつもDIYは相方に何かと知恵を借りたり、実際の作業も何かとお世話になっていたのだけれど

今回は自力で頑張ったぞ。

いや、お世話になってて良いと思ってるけどね、自分でやったよ〜!っていうのがなんか嬉しいってことね。

 

これで整経は自宅でじっくり取り組んで、教室では実際に織る作業により時間をかけられます。

それも嬉しいな〜。嬉しいね。

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 17:46 | 昨年の記事 | comments(0) |
糸がたくさんたまった日、ぽよ〜んとする日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

少し前にスピンドルで羊毛を紡ぐ、というのをやり始めました。

→2018.05.12 Saturday『そしてみんなでスピンドルの日』の記事へ)

 

その後、スマートでとても使いやすいスピンドルを入手して

くるくると紡げるのがなんとも楽しい、

それにもっと上手になりたいな、なんて、ちょっとした隙間時間に糸紡ぎを。

 

気が付くと紡いだ糸がけっこうたまったな〜、使えるようにしなくてはなりません。

羊毛にかけた”撚り”が戻らないように、湯気で蒸すそうです。撚り止めですって。

で、干すとな。なるほど、やってみよう。

よく分かりませんけどね、やってみるしかないよ。

 

P5255268.JPG

 

はい、蒸して、干してみた。

実はこのあと、さすがに玉のままじゃ乾かないことに気付き、伸ばした状態にして干し直しました・・・。

ほらね、やってみなきゃ分からないこともあるし、やってみりゃ試行錯誤できるしね。

 

取りこんでまだ室内に干してあります。

カラフルでなんだか可愛い。見ていて嬉しい。

 

ひとつひとつが短い糸だから、一色でマフラーなんて無理ね。

どう使うかちょっと考えよう。

 

これからもくるくるしちゃうな、なんか楽しいんだよね。

 

 

さてお話し変わって。

今日はちび白チワワのナナたんを病院に連れて行き、ワクチンを打ってもらいました。

いつもやんちゃなナナたんもさすがに緊張。

 

P5255273.JPG

 

帰宅後は疲れてしばらくはぽよ〜ん。

いつもパワフル暴れん坊ナナたんばかり見ているので、たまにぽよ〜んも良いですね。

まあ、数時間後はもう暴れん坊に戻りましたけどね。

 

 

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 20:30 | | comments(0) |
暑い日、いろいろとやっている日々

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

暑い日でしたね。

夏じゃん、もう!!などと思って日中はいささかげんなりしたけれど

朝夕はやっぱり爽やかなんだよな。

これが真夏との違いだわね。

 

さて、日々、手が忙しい。

まあ、手だけ忙しいってこともないから、本体である私もそのときは忙しい。

好きなことばかりやって忙しいんだから楽しいわありがたいわ、心からそう感じています。

 

オートクチュール刺繍の宿題をして、ちょっと糸紡ぎをしてみて、クロスステッチも進めて、

織物教室ではほぼ一日中、織物。

幸せだなあ。

 

P5095232.JPG

 

白い糸をかけました。

実を言うとずいぶん季節外れの素材なんだけど、成り行きで、まあ・・・。

 

P5165251.JPG

 

機に糸をかける作業、後半はこれまで出来なかった部分を自力でなんとかやってみて

先生に「織ってみないとちゃんと出来ているのかは分からないのよ」と教えてもらい

おそるおそる織ってみてちゃんと織れている、ただそれだけで今日はすごく感動。

自宅だったら「いやっほう!」とジャンプするところですが、周りの方は静かに機織りしてますからね、

私も静かに心のなかでガッツポーズ。

と言っても教室の皆さんはあたたかな方ばかりです、私がいやっほう!と飛んでもその感動を受け止めて下さると思います。

 

 

P5165253.JPG

 

実家の庭ではラベンダーがどんどん咲いてきました。

例年より早い気がする。

今年もたくさん摘もうっと。

 

 

 

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 19:01 | 昨年の記事 | comments(0) |
そしてみんなでスピンドルの日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

昨日、『羊の本』についての記事を書きました。(→2018.05.11 Friday『羊の本がやってきた』の記事へ

 

羊の毛の加工の章を読んでいるうちに、無性に糸紡ぎをやってみたくなってきて

そうなるとうずうずしちゃってね〜。

 

いきなり大きな糸車を買うわけにはいかない、それに今すぐやってみたいの、糸車を買うのなんか待てない。

でも『羊の本』には、糸紡ぎは指だけでもできるし、スピンドルというシンプルな道具だけでもできるって書いてある。

スピンドル・・・これならすぐ作れそう。

円盤状のものと棒とフックがあれば良いんだもの、家にあるもので出来るって!

 

というわけで、昨日は家の中をうろうろして円盤と棒を発見。

棒はお正月の残りの祝箸とか、絵筆とか、ただの木製の丸棒とか、トースターの壊れた部品のかたいしっかりした針金とか。

円盤は、ジャムの瓶の蓋とか、小さいパーツを入れていたケースとか、革細工で使う木製のコバ磨きとか。

フックは針金を曲げたり、ヒートンも良いね。

 

家に色んな径のドリルが揃っていて良かった。

円盤に穴さえあけばすぐできちゃう。

 

P5115233.JPG

 

ってなわけで、取り急ぎ”ありものスピンドル”を作って、くるくる回して、ウールを紡いでみました。

意外と素材や重さによって使い勝手が違う。

紡ぐ作業そのものはけっこう難しいけれど、どこか難しいのかが分かれば対策ができる。

それに今どき、ネット上にはあらゆる情報も動画も溢れてますからね。

あとは練習するしかないよね、すぐ上手にできるわけないんだから。

 

くるくるとこれは楽しいな、前から糸紡ぎに興味があるって言っていた姉にも知らせてみよう。

 

さらなるってなわけで、今日の午後は、実家で姉と母と三人で、もくもくとスピンドルを回しました。

今日は、母と姉はちゃんと買ったスピンドルで。ネットで注文したお店がすぐに送ってくれました。

私は引き続き自作スピンドルで。

紅茶を飲みながら、うまくいかないな〜、太さが揃わないよなんて言いながら。

母も姉もすぐに上手に紡いでいました。

それぞれ自分のやりやすい方法を見つけて。

 

原始的な手仕事って妙な魅力があります。

もっと便利にきれいにできる技術があって、自分がやる必要なんてないのに

結局は直接自分の手と素材でなにかが出来上がってくることに魅かれる。

面倒くさくて統一性の無い仕上がりの作業に熱中する。

感じることは一緒なのでしょうか、動画を調べると、世界中の人がスピンドルを回してる。それこそ老若男女が。

私もなんだかはまっちゃいそうだな。なんだか「ようこそ」って言われてるみたいだな。

 

 

 

 

 

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 21:08 | 昨年の記事 | comments(0) |
羊の本がやってきた

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

昨年の9月、どういういきさつだったかは忘れてしまったけれど、ふと目にしたクラウドファンデイングの記事。

”100年後に残る『羊の本』を作りたい””そのためにぜひ資金提供をお願いします”というもの。

クラウドファンディングって、最近ちょこちょこ利用されてますよね、

ネット上で「こんなことやりたいので、賛同する方は資金提供して下さい!」って。

で、だいたいは計画が実行できたら、資金提供者に何かしらリターンがあるっていうシステム。

同じ興味を持つ者同士が顔も知らずに助け合えるって、しかも楽しいことを実現しちゃおうって、

なんかすごく良い時代だな〜としみじみ感じてます。

 

そういうシステムがあるってことは知ってたけれど、「これは参加して実現したいな!」ってすぐさま思ったのは初めて。

で、ドキドキしながら『羊の本』作りに、微力ながら資金面での参加をさせて頂きました。

 

その後自分があれよあれよと織物の世界に入っていくとはまだ知らなかった時期のこと。

いや、こういう話題を目にしながら、少しずつ「織物やってみたい」魂の種が脳に根を張っていったのか・・・今では謎です。

 

先日、めでたく完成したとても立派な『羊の本』が届きました。

 

20180506_184205 (1).jpg

 

すごくすごく素晴らしい本だと思います、心から。

本の説明は、この仕事をなさったスピナッツさんのサイトからお借りします。

 

「羊の本―ALL ABOUT SHEEP AND WOOL」

WEB予約の受付を開始いたしました!

羊の恵み、ウールの扱い方、紡ぎ、フェルト、紡績、リサイクル、羊の歴史、世界観、そして日本の羊飼いまで。
1984年に始まった雑誌SPINNUTSの33年間をぎゅっとまとめた、羊と羊毛の全てをじっくりと楽しめる一冊です!

 

こんな短く説明されていますが、これが濃いんだ。

羊という動物を通した視点で、色んなジャンルをまたいで人間の歴史や在り方まで学べちゃう。

地理なんかも入って来やすい。

これがあまりにも学術的だとうへ〜ってなるけど、人の暮らしをベースにしているからこそ面白い。

羊のことを、ず〜っとやって来た方だから出来たお仕事。

そして、羊にまつわるあらゆる方と関係を築いてこられたから出来たお仕事。

マニアックで情熱的ですごいなあ。

 

というわけで、寝る前はベッドでしばし羊のお話を読み進める、と。

羊ばかり目にするおかげで眠くなるかどうか?はよく分かりません・・・。

 

その後、織物を始めることとなり、思いがけずウールにお世話になっている今日この頃。

なんだか縁とは不思議なもので。

 

 

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 19:14 | | comments(0) |
バラの花、次の準備

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

実家の母が、咲かせたバラの花を分けてくれました。

 

P5095229.JPG

 

はじめは小さい花に見えたのが、咲くととても立派。

でもやっぱり白くてちょっと華奢なバラってどこまでも可憐でもあります。

青臭さと甘さが合わさったバラらしい香りが、部屋に入るなりふわっと。

 

 

さて、しばらく前に始めた織物教室、淡々と通っています。

今日はここのところ取り組んでいたものが終わり、次の準備に入りました。

 

P5095231.JPG

 

準備の手順は大筋は頭に入ったものの、細かいところは覚えきれておらず、先生に何度も確かめながら。

本当に地道な世界です。それがなんだかすごく楽しいんです。

 

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 20:39 | | comments(0) |