プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
<< ギターの音色にうっとりした日 | main | やはりクルミ入りが好きな日 >>
長い旅が続いています

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

あいかわらず夜はキットもののサンプラーをただただ無心に刺していて

これがほど良くリラックスの時間になっています(などと言いながら、けっこう一日中リラックスしてたりなんかして・・・)。

 

何しろ幅が100僂曚匹發△蝓⊇わるときのことなんか考えている場合でない。

ただ、今刺しているところを丁寧にきれいに刺すことだけに集中するのです、ええ。

 

このサンプラーについての過去の記事はこちら→『2016.02.01 Monday また長い旅をしています 大きなサンプラー』

 


P9260020.JPG

Permin 刺繍キット P39-10813 A Dutch Beauty

 

ユニークな動物が仕上がって参りました。

このサンプラーにはこのような憎めない顔をした動物がたくさん散りばめられています。

飽きない図案。

 

刺繍枠は手持ちで一番大きい、直径30cmのシッティングフレームを使っています。

スクロールフレームにはおさまらないし、スタンダードな丸枠の方がしっかり布を張ることができます。

ただ、丸枠はこのように大きな作品の場合、どうしても刺し終わった部分にも枠をかけなくてはなりません。

同じところで何度も枠をかけ直すと刺した刺繍糸が毛羽立ってしまうので

一回はめたら、その部分を刺し終わるまでなるべく外したりずらしたりしない。

そうすると、枠の影響は殆どありません。

で、「あ〜、やっとこの部分が終わりか〜」なんてブツブツ言いつつ達成感も感じつつ丸枠をずらしていくと。

 

ところで、夕食後にソファに座ってこの刺繍をしていると

白チワワのナナたんが膝に乗りたがります。

膝に乗るとなると、刺繍枠の下に入り込むことになるので私は正直かなり刺しにくくなるのですが

ナナたんはこの”天蓋もどき”の下に入り、それなりに得意げにくつろいでいるようです。

う〜ん、やりにくいよ、でも、降りてよとも言いにくいんだよね。

なんかそういうの、ずるいと思うんだよね。

 

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 18:47 | | comments(0) |
関連している記事









http://blog-atelier.j-tirnanog.com/trackback/1663