プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
<< 二種類のパン、黒い子もいるのだ | main | ちょっと久しぶりのうめたん >>
まだまだ続いている長い旅、薄れる記憶、回復力

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

販売用のアクセサリーを作りながら、あるいは習得中のオートクチュール刺繍を練習しながら、

趣味のクロスステッチの大物も進めています。

 

やれる時間が限られているのであまり進まない、と思っていたけれど

広げて見たら少しずつでも”ちりも積もれば…”的に刺し終わった部分が増えてきました。

 

 

P2200043.JPG

Permin 刺繍キット P39-10813 A Dutch Beauty

 

そうは言っても、この先も長いのですけれど…。

動物や花など。北欧メーカーらしいモチーフの集まりです。

 

実はこういったキットは、気になっていたものが廃番、とか、セール!とかがあるたびに少しずつ買い集めてしまったので

手つかずのものが手元にまだあるんです、けっこう。しかもそれぞれ大きい。

さすがに今は買うのをストップしていますが、どうしても欲しいのがあったら買っちゃうかもな〜。

 

以前は夕食後に刺繍を進めていると、

今は亡き白チワワのナナたんが丸枠のシッティングフレームの下に無理やり入り込んで膝に乗り、なんとか丸くなっていました。

私は作業しにくいし、ナナたんだって狭くて居心地が良いようには思えなかったのですけれど

それでもお互い、それは言いっこなしでじっとしていました。

今は懐かしい膝の上の温もり。残念なことに、ありありと思い出すことは出来ません。

あんなにいつも一緒にいたのに、今でもこんなに思っているのに、視覚的にも感触としても記憶は薄れてきているようです。

胸のどうしようもない痛みが、ちゃんと癒えていくのと同じように。

人間の回復力ってとてもよく出来ています。

それに救われたり、それでもやっぱり残念に思ったりしながら、そういうものなんだなと受け止めています。

あの子への思いが、記憶のありようで測られるわけではありませんものね。ずっと私たちの愛しい子です。

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 17:44 | | comments(0) |
関連している記事









http://blog-atelier.j-tirnanog.com/trackback/1719