プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
<< くつろいで頂きたい | main | 早起きの夏、褒めるのが下手、結局は個 >>
今さらシネマ『ファーゴ 始まりの殺人』

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

さて、特に旬でも無ければホットでも無い「なぜ今それを?!」という映画について勝手に語る”今さらシネマ”のコーナーです。

今日は海外ドラマですけど、映画の続きとして面白かったものなのでこのコーナーで語ります。

『ファーゴ2 始まりの殺人』

以前、映画『ファーゴ』とその続きのドラマ版『ファーゴ1』を観たときにも記事を書きました。

(⇒2017.05.12 Friday今さらシネマ『ファーゴ』の記事へ

 

映画もドラマ版もかなり面白かったので、2もかなり期待して観ました。

う〜む、かなり面白かったです。

まあ、バイオレンスっ気たっぷりのブラックユーモアものなので、ひどいっちゃひどいですよ、ほんと。

毎回どんどんがんがん人が死ぬし、ジェフリー・ドノヴァン扮するマフィアの息子なんてまったく気分悪いヤツだし。

(また、ジェフリー・ドノヴァンってこういう役がピッタリな顔してるんだよね〜。)

かなり好みを把握している友人でもないと、「面白いから観たら?」なんて勧めるものでもない。

でも、こういうのが好きだって分かっている友人がいたとしたら強くオススメしちゃいます。

 

どこか?って言われると、どこか面白いんですかね〜、これは。

続き物として、シリーズを繋げる構成なんかマニア魂をうまくくすぐるところがあるし

シリーズ毎回の、とんでもない悪人と、善良な市民や保安官と、善良だった筈だけど・・・の市民との奇妙な縁とか

それぞれがそのキャラクターをどこまでまっとうできるか、あるいはどんどん変容していくのか

変容するとしたら、どう?といった飽きさせない人物像の描き方なのかな。

印象的なのはもちろんキルスティン・ダンスト扮するペギー。

はじめは自分探しに熱中するただの美容師であり妻であった女性。

自分探しがずいぶんおかしな方向に行っちゃったように見えて、本当はちゃんと本来の自分と出会えたのかも知れない

その変化の描き方はすごく笑えます。

すごく笑えるんだけど、なんというか、自分を解放し勇気と知恵を発揮して立ち上がっていく姿はなかなかステキなんです。

一方でそれはどんどん、それもあっさりと彼女と夫を深みに追い込んでしまうんだけれど。

彼女のそんな姿を”自分勝手”と評するレビューもあるようですが私はそうは思わない。

だって誰だって自分らしい生き方を模索するときってあるはず。

ペギーの場合、なぜか彼女が輝きだす場面が犯罪やらマフィアとのかかわりやらになっちゃったけど。

 

ファーゴのシリーズはどの登場人物もクドくて魅力的ですが女性たちの描き方は特にすごく力強く、聡明でカッコイイ。

マフィアの実質ボスである女性とその孫、保安官、警官の妻、美容師などなどね。じみ〜なようですごくやるのよ。

かと言って、男性陣もかなりいいアジ出してるんだけどね。

 

さて、ドラマ版ファーゴは続きがあるそうで、それもユアン・マクレガーが出ているとのこと。

これは観ねばな。楽しみです。

などと言いながら、わりとそういう取り掛かりが遅いタチなので、感想のご報告はだいぶ先になりそうです。

| chigu | 日々のこと | 18:50 | 昨年の記事 | comments(0) |
関連している記事









http://blog-atelier.j-tirnanog.com/trackback/1811