プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
<< ぐるぐる走り回ってごろごろ転がる | main | でや!ってな感じのおチビ >>
素敵なピクニックの日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

ピクニックはいつでも素敵。

外でちょっと座ってお菓子を食べるだけでいい、ランチがあればなおヨシ。

 

そんな中でも、今日は特別なピクニック。

 

P4305131.JPG

 

じゃ〜ん!

我が家にあったテントを初めて外で使いました。

そう、今日はいろいろグッズを持ち出して、より長い時間を外で過ごそうという企画だったのです。

 

相方は登山をするのでテントを張るのもちゃっちゃと。

私ははしゃぐちび白チワワのナナたんを抱えてお手伝いがやっと。

外から見ると小さいのに、中はけっこう広いんだね!わくわく〜。

 

P4305183.JPG

 

ロケーションは川と海のすぐ近くで。静かな場所でした。

海岸とは違って波の音も穏やか。

 

テントでいったいなにして過ごせば良いんだろうな〜と思っていたけれど

時々入ってくる涼しい風を浴びつつ、波の音を聞きながら眠るでもなくまったりごろごろしていると

1時間2時間けっこう過ぎちゃうものなんですね…。

家にいるとつい音楽聴きたくなったり、なにか手仕事しようとしちゃったり

こんなに何もしない時間ってなかなか無いけれど。

 

ナナたんはいつもよりはしゃいでいたこともあって落ち着いてくつろぐまでに時間がかかりました。

とりあえず我々がごろごろしている間は出入り口に陣取ってしっかり周りを見張っていたようです。

 

P4305140.JPG

 

その後頭部。

ナナたんは警戒してくれてたんだろうけど

可愛いナナたんがちょろっと顔を出しているもんだから、

かえって通りかかる人を「わ〜、かわいい!」と呼び寄せてしまっていました。

ナナたん、番犬はあまり期待していないからさ、一緒にくつろごうよ。

 

 

 

さて、お昼になったら楽しみにしていたお弁当。

 

これも今日の特別企画のひとつ、コーヒーを外でドリップして飲もう!と。

 

P4305144.JPG

 

お湯を沸かして・・・

 

P4305149.JPG

 

ドリップ、ドリップ。いい匂いだな〜。

 

P4305151.JPG

 

可愛いペーパーナプキンの上にお弁当を広げます。

今日のメニューはですね

・フレンチトーストと、レーズン入り全粒粉パン

・ハーブを入れて茹でた花豆

・人参とごぼうのサラダ

・小松菜のオリーブオイル炒め

・ローストビーフ

・サバの水煮の缶詰

・キャベツと新玉ねぎの甘酢漬キャラウェイシード入り

・デザートにシフォンケーキアールグレイ風味・スモアとホワイトチョコレートのせ。

 

パンとフレンチトーストにおかずを好きにのせて食べるわけです。

こういうときは、サバの水煮は塩気のあるものを選びます。料理に入れるときは塩分のないものを選ぶけど。

よく汁けを切って中身だけ持ち出す、と。(汁けはとっておいてお味噌汁の出汁に使うと美味しい。)

これが、キャベツの甘酢漬けとすごく合う。

サバの油のコクと、キャベツのさっぱり感シャキシャキ感と、新玉ねぎのアクセントとが絶妙にマッチ。

魚と合わせるときは、キャラウェイシードが入っていた方が風味が良いです。

 

我々が起き出してご飯を食べ始めたとたんに、見張りに疲れたナナたんは寝入ってしまいました。

 

ぐったり。見張りはいいよ、って言ったのにさ。疲れちゃうでしょ。

 

P4305179.JPG

 

食後はなが〜く散歩しました。

ナナたんはムクッと復活してぴょんぴょん飛び歩いていました。どうしてそんなにパワフルなのか…。

 

海は荒れていて激しい表情。

それでもたくさんの人が海岸でこの気候を楽しんでいました。

 

楽しいピクニックだったな〜!

いつもこんな大荷物じゃなくて良いけどさ(と言ってもそんなにたいしたことないけどさ)

また行こうっと、また行きましょう。

 

 

 

 

 

 

| chigu | 動物たちのこと | 19:32 | 昨年の記事 | comments(0) |
関連している記事









http://j-tirnanog.jugem.jp/trackback/1897