プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
<< また長い旅に出ています | main | やってみれば良いのだ >>
ターキッシュスピンドルを楽しむ日

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

しばらく前からスピンドルなる道具で地道に糸紡ぎをするのが楽しくて

→2018.05.12 Saturday『そしてみんなでスピンドルの日』の記事へ

→2018.05.25 Friday『糸がたくさんたまった日、ぽよ〜んとする日』の記事へ

調べていくうちに、紡いだ糸をそのまま糸玉に出来る素敵なスピンドルがある、ということを知りました。

ターキッシュスピンドルというそうな。

 

で、木工作家さんで、織物・編み物関係の道具を作る方がいて、

その方が素敵なスピンドルを各種作っていらっしゃることも知りました。

それは欲しいな〜!と入手。

 

P6125404.JPG

 

大変に美しい道具です。

すべすべしていて軽くて形がきれいで。とても小さい。

そして、びっくりするくらい上手に糸紡ぎが出来るようになります。

バランスが良くてちょっとだけくるん、と回してあげるだけでくるくると長いことよく回り

そして軽いので細い糸をすーっと紡げる。

いや〜、良い道具って本当にすごい。自分の腕が一気に上がったように錯覚するくらい。

だんだんコツが分かってきて、羊毛をどんな状態に用意すれば繊維を引き出しやすいのか、

どんな風に持ち、どんなふうに引き出せば、羊毛に回転が伝わってしまって固まってしまうのを防げるのか

などなどが感覚的に分かってきました。

そうなると、糸が切れるのではないかとビクビクせずにすーっと繊維を大胆に引き出せるようになるのです。

 

そして紡いだ糸は、羽に巻いていく。

2枚上を通し、1枚下をくぐらせる、の繰り返し。

で、カッコつけたくなって、写真のような巻き方をしてみると。手間がかかるな…。でもカッコいいぜ。

紡ぎ終ると、スピンドルをばらして、糸玉のままの紡いだ糸を手にすることができるのです。

ターキッシュスピンドル、素敵。

 

日中のいろいろな作業で目や頭がなんとなく疲れると、

夕食後にクロスステッチをやるのはしんどいな〜という時があります。

そんなときはスピンドルがぴったり。

なにも考えずにくるくる回してすい〜っと繊維を引き出していくと。

無心で楽しい時間です。

 

 

 

 

| chigu | 日々のこと・手仕事 | 21:12 | 昨年の記事 | comments(0) |
関連している記事









http://blog-atelier.j-tirnanog.com/trackback/1915