プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
<< ターキッシュスピンドルを楽しむ日 | main | カレーパンの日、二匹のチワワが接近する日 >>
やってみれば良いのだ

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

刺繍、紡ぎ、手織り、お料理、散歩、の毎日です。

織物教室は週に2日、朝から夕方まで。お弁当を持って行くのです。

ちび白チワワのナナたんを長い時間留守番させることになるので

ストレスを溜めないよう、教室の日の朝は長めに散歩します。

私も座る時間が長くなる日だから、一緒にたくさん歩いてちょうど良いかな。

 

教室に通う前はいろいろな不安がありました。

 

まず浮かんだのは、なんと、人にどう思われるかなってこと。

創作の方向性が変わること。一貫性が無いって言われるかしら?

新しいことが始まれば今までやれていたことがやれなくなるであろうこと。

これまでだってちゃんとやれていたのかしら?

お金がかかることを始めること。

どう説明したらいい?分かってもらえるかしら?経済的には大丈夫かしら?

まだ小さいナナたんを長い時間留守番させて大丈夫かしら?

こんな風に贅沢に新しいことを始めちゃって良いのかしら?

まあ、そんな風に、次々と、次々と。

小さいぜ、私。

 

なんと言うか、今の私だったらそんな数か月前の私に「そんなの大丈夫だよ」とかる〜く言えるんですけど。

その時は本当に周りの人に相談出来なかったんだよね。

あはは、なんてお馬鹿さんなんでしょう。

 

前にも書きましたけれど、かと言ってやりたいうずうずを止められる私でもない。

結局やるんだから、ど〜んと安心して、自分のことも周りのことも信頼してやりゃ〜いいじゃんね。

でもなかなかそうもいかないんだよね、その時は。

 

やってみれば良いのだ。やって良かった。

この先はどうなるか分からないにしても、

大好きな刺繍と新しく大好きになった織物をやっている日々はとても充実。

織物を始めるということは、私のなかの”やってみれば良いのだ”の確信をより強くしてくれた体験でもあります。

 

そんなこんなで、綿でスタンダードなチェックを織っています。

 

IMG_0004.jpg

 

赤と白で、うんと可愛いくてちょっとレトロな布にしようと決めてました。

うん、イメージ通りよ。少しずつ進もう。

 

IMG_0005.jpg

 

可愛いと言えば、それこそうんと可愛いパッケージのキビ団子を頂きました。

開けるのがもったいないくらい可愛い・・・と呟いた次の瞬間にぺりぺりむいて食べちゃうんだけど。

小さくてやわらか〜いキビ団子。私も小さな世界ながら、うんと柔軟にキビ団子のように居たい。なんちて。

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 18:12 | | comments(0) |
関連している記事









http://blog-atelier.j-tirnanog.com/trackback/1916