プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
<< かたづけ、スピンドル、昼寝 | main | 紡いだり撚り止めしたりノビたりする日 >>
早朝の海

こんにちは〜、ハンドメイドジュエリー・小物を作っているchiguです。

 

ずいぶん小さいころ、二年ほど続けて夏に家族で海に泊まったことがありました。

しょっちゅう旅行をする習慣も無かったですから、家族での海は印象深い思い出。

そのお泊りのなかでも、不思議と心に焼きついた風景があります。

 

朝早く母と海岸を散歩したときの、不思議な風景。

いつもは荒い海なのに、海岸は引き潮で静か。色彩が淡くて明るくてフワフワしていて夢の中みたい。

波の跡がラインで残っていて、

そのラインはよく見ると細かな貝殻のかけらとか、もっとわけの分からないきれいなものたちで描かれてる。

カラフルなラインの上には、ときどき見たことも無いかたちの小さなカニ、もう死んでしまっていて。

 

その風景がこれまで何度となく思い出されることがあって

私のなかでは「早朝、引き潮の海岸」はなんとなくまた見てみたいと思っていたものでした。

 

で、昨日の相方の「明日代休で休み」という発言を機に、本日は本当に早起きして海へ。

4時ごろに起きて、コーヒーをポットに落として、5時前には海岸に着いたかな。

 

それは早朝の引き潮の海岸と言っても、思い出とはまったく違った風景でした。

 

P7105487.JPG

 

もやで殆どなにも見えない。

あまりにも幻想的で、今どこにいるのやら・・・という気持ちになってしまう。

 

P7105498.JPG

 

ウミガメが打ち上げられていました。

もちろん、もう生きていない。

ものすごく大きくて、もやの向こうに見えるシルエットにまた不思議な気持ちにさせられます。

 

P7105537.JPG

 

うんと引き潮。いつもの海とぜんぜん違う。

 

P7105569.JPG

 

カニと海鳥の足跡。

カニが逃げて、海鳥が追って行ったみたい。

 

P7105546.JPG

 

逃げ延びたカニもちゃんといました。

 

P7105558.JPG

 

いつもにましてはしゃいだちび白チワワのナナたん。

 

砂をぱくぱく食べたり、何か拾っては口に入れるのでしょっちゅうそれを出してやらなくてはなりませんでした。

 

P7105512.JPG

 

もやでこんなになっちゃってますけど・・・かなり楽しかったようです。

 

 

ちびナナたん、そのあとがちょっと大変なことになってしまいました。

いろいろ拾って口に入れたのが悪かったのか、帰宅後ご飯を吐いてしまい

疲れているはずなのに落ち着いて眠ることができずうろうろ。

それが続くので、さすがに心配になって獣医さんに連れて行きました。

やはり腸が過敏になっているかな、とのこと。

輸液と注射をしてもらい、やれやれと帰宅。

薬が効いたのか、やっとぐっすり寝たところです。

 

なんだかいろいろ違った早朝の海岸。

その後のナナたんとセットで、また思い出にふか〜く残りそう・・・。

 

 

| chigu | 動物たちのこと | 18:05 | | comments(0) |
関連している記事









http://blog-atelier.j-tirnanog.com/trackback/1925