プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
<< アトリエが良い感じな日 | main | メリノが紡ぎ終った日、白チワワのエネルギーは大変な日 >>
『明るい地上には あなたの姿が見える』日

こんにちは〜、今日は暑いなか美術館に出かけたchiguです。

相方は登山で留守。

まっさらで何をしようかな〜で始まる日曜日の朝、そうだ、アートを見に行こう。

 

と言っても近所の美術館。

前から気になっていて行こう行こうと思っていたのに、近いとかえって油断して行かなくて

気がついたら明日で終わりじゃ!

ということで行って来ました。

 

PA070106.jpg

 

内藤 礼   明るい地上には あなたの姿が見える

 

タイトルからしてぐっと魅かれますよね。

 

静謐な空間に光、水、影。色彩というものがほとんど無い。

人がたくさん居ても、少し音がしても、静か。

 

で、その静けさのなかで何かを考えようとせずにただ展示と向き合う自分に気づきます。

 

アートを見に行くとついつい何か解釈しようとしたり、自分なりの何かを見い出そうとしてしまうけれど

今日見つけたのは、それをしない自分。

そして長い時間、木の小さなひとたちや風船の影が自然光で変化していくのを眺めている自分。

影は、光のうつろいで一人になったり二人に増えたり。

 

 

水に息を吹きかけて生じる波紋を見ることができる展示があったんだけど

それを見つけるなりわ〜っと近づいて行ってふ〜っと息を吹きかける人というのはいなくて

だいたい恐る恐る遠くからぐるぐる眺めて、

パンフレットに「水に息を吹きかけることができます」と書いてあるのに気づいて

それでもこれまた恐る恐る近づいて、好奇心やちょっとした勇気をもって、やっと「ふ〜」っと吹いてみる。

周りの人はその波紋を眺めて、今度は自分もそっと近づいて「ふ〜」っと吹いてみて。

やっぱり誰かがその波紋を眺めている。

その様子が、見知らぬ物体に遭遇して好奇心と警戒でないまぜの野生動物みたいで、見ていてなんだか面白いのです。

もちろん私も

はじめは遠巻き、他の人がやって見るのを見て、自分もふ〜っとやってみました。野性動物みたいに。

 

 

展示を堪能した後、館内のコーヒーショップで美味しいコーヒーを飲みました。

 

 

アートと美味しいコーヒー。自分へのプレゼント(これが自分へのご褒美となると、何か頑張らなくちゃいけないからね)。

自分へのプレゼントって大好き。

日常のささやかなことでいい、自分の心を豊かにしてあげる。それが、次の豊かさを連れてきてくれる。

気をつけなければならないのは、その逆も然りってこと。

感受性というのは日常の選択ひとつひとつの積み重ねなのだ、なんてね。

 

帰宅後は刺繍がはかどって、散歩も二回ぶらぶらして、素敵な一日でした。

| chigu | 日々のこと | 18:27 | 昨年の記事 | comments(0) |
関連している記事









http://blog-atelier.j-tirnanog.com/trackback/1967