プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
<< 房を撚る日 | main | 窓際の日 >>
ちょっとした宝物のような日

こんにちは〜、今日はマイペースにのんびり過ごしたchiguです・・・いや、今日に限らずか。

 

相方は山にハイキングに出かけると言うので私は白チワワのちびナナたんとお留守番。

仕込んでおいたパン種、冷蔵庫に入れっぱなしだからさすがに焼かないとな〜、とまずパン焼き。

二次発酵やら焼く時間やら待ち時間がたくさんあるので、

ナナたんと散歩したり糸紡ぎしたりしながら待つと。

 

最近ナナたんは散歩中にたくさん走りたがるので私も一緒に走ります。

軽いスニーカー必須。

ナナたんは小さいから走るスピードも程良くて、一緒に運動するにはもってこい。

家を出たときは肌寒く感じたのが帰宅後にはそれなりにあったかくなって、良い気持ち。

 

パンも焼けた焼けた。

 

相変わらずライ麦パン。天然酵母。胡桃とドライイチジク入り。

冷蔵の超熟発酵はぶわ〜っとは膨らまないんだけれど、風味はすごく良くなるように感じます。

ライ麦、クルミ、イチジクは間違いないトリオだよね。

 

その後近くの百貨店に出かけたら、そこで本当に素晴らしい出会いがありました。

 

 

期間限定で、インドの刺繍工房のストールを販売していたのです。

そのフロアは入るのにちょっと敷居が高いように感じたし

店員さんに勧められたりしたらちょっと面倒だななんて思ってしまって迷ったんだけれど

表に飾ってあった刺繍のストールを見たらどうしても他のものが見たくなって。

 

入ってみて良かった!それは素晴らしい手仕事がたくさんありました。

私が刺繍をやっているから手仕事を見るのが好きなのだと伝えると

店員さんは「昨日もそういう方がいらっしゃいましたよ」と言い、

色んなタイプのストールを広げて説明しながら見せてくれました。

これはどうですか、と勧めることもなく、ただ、その仕事の素晴らしさを教えてくれた。

自分のファイルに入っている工房の写真も取り出して見せてくれ、

立派なパンフレットもくれました。それが上の写真ね。

 

実はすぐに見てしまうのはもったいなくて、あとでゆっくり眺めようと、パンフレットはまだあけて見ていない。

 

カシミアにシルク糸でびっしり刺繍を施したストールが飾ってあって、200万円だそうです。

(ほかに100万円代のストールも普通に値札付きで並べてありました。)

あたたかな艶のある薄地のカシミアに、奇をてらわない上品なペイズリー。

一人の職人さんが刺繍を仕上げたものだそうで、端っこにこれまた刺繍で簡単なサインも入っていました。

刺繍を仕上げるだけで何年もかかるそう。

それが200万円と考えると、高いんだか安いんだか・・・頭が混乱するような。

 

思いがけず美しい手仕事の数々をじっくり見せて頂いた時間。

ふわっと気持ちが高揚して、帰りはうっかりスキップするところだよ。

 

日常のなかに、たまにこういう小さな宝物のような時間がぽんと飛び込んでくることがあります。

宝石のような、栄養のような、甘い蜜のような時間。

私の心のなかに、身体のなかに、すみずみまで行きわたりますように。

 

| chigu | 日々のこと | 18:10 | | comments(0) |
関連している記事









http://blog-atelier.j-tirnanog.com/trackback/1999