プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
<< きなこ入りのショートブレッドを焼いた日 | main | 二色でもこんなに素敵な日 >>
ゆっくり双糸にした日

こんにちは〜、今日は午後はお家でゆっくり過ごしたchiguです。

 

相方が風邪気味だということもあって

ソファでそれぞれ布団やらスローにくるまってぬくぬくしつつ

録りためていた海外ドラマやら何やらを怒涛のように消化。

途中ウトウトしちゃって何も分からないまま一話終わっちゃったり、ま、何かとテキトーなんですけどね。

 

で途中から私は紡毛機のところへ移動、ここのところ紡ぎ溜めていた糸を双糸にしました。

 

PC020516.JPG

 

ふわふわした羊毛から紡ぐ作業がなかなか手間取るので気持ちとしては「あとは撚り合わせてゴール!!」ってところなんだけど

実際は撚り合わせて双糸にするのだってけっこう大変だし気の長い作業なのだ。

いつも開始してから思い出すんだけどね。

ま、ゆっくりのんびりやりました。

 

で、こうしてボビンがいっぱいになったら

 

PC020521.JPG

 

綛にすべく巻き取ります。

来たよ、白チワワのちびナナたん。こういうの見逃さない。

 

PC020519.JPG

 

わ、噛み噛みしないで下さい。

ナナたんはちびのくせに歯がたいへん丈夫で、こういう木製のもののを端っこをさっさとぼろぼろにしちゃうんだよな。

 

PC020525.JPG

 

でナナたんの攻撃をかわしつつ仕上がった糸がこちら。

相変わらず、羊の原毛の色そのままです。そろそろカラー羊毛にも手を出してみるか悩み中。

これはファインメリノの白。つやつやだなあ。

今までの中ではずいぶん細く紡ぎました。

でも完成してみるとそれでもけっこう太いんだよな。

前回のマフラーで学んだことだけれど

糸の状態での手触りは、織った時、織り終って縮絨した後とで変わっていくんだよね。

この子がどうなっていくのか、しっかり見守っていかないとね。

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 20:26 | 昨年の記事 | comments(0) |
関連している記事









http://blog-atelier.j-tirnanog.com/trackback/2005