プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
<< ラムウール 赤とベージュ | main | レッスンの日 >>
今さらシネマ番外編『コールドプレイ:ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』

こんにちは〜、今日は朝からアトリエ日記を書いているchiguです(いつもはだいたい夜)。

 

アトリエ日記の「今さらシネマ」シリーズは「なんで今その映画について書くんだよ?!」という

ホットでもなんでもない映画についてよく分からないタイミングで書くことになっているので

今回はその規格に合わないんですが・・・。

観て感銘を受けたからには書いておこうということで

ライブCDとセットでリリースされたばかりの『コールドプレイ:ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』です。

 

 

長年飽きることなく聴き続けているCOLDPLAY。

2017年には我々も東京ドームで跳ねて踊って歌ってきたCOLDPLAY。

 

同じく長年飽きず聞き続けているOasisの傑作ドキュメンタリー『オアシス スーパーソニック』を観たとき

同じ監督が今度はCOLDPLAYを撮っているところだと知って、ぎゃ〜、観たい!!と待ち焦がれてました。

というわけで、珍しくリリースと同時に手に入れて観ることに(いつもはだらだらレンタル待ちしてしまう)。

嬉しいな。

 

観る前から分かっていたことだけど

やんちゃロッカー代表Oasisと、クリーンにも程があるCOLDPLAYだから当然ドキュメンタリーも対照的。

衝動に突き動かされるように、ときにしっちゃかめっちゃかな振る舞いとともに駆け抜けていくOasisのギャラガー兄弟と

当初から高い目標を掲げながらもそれに向けてまっしぐらというよりは、誠実に、苦悩とともに、一歩一歩踏みしめるCOLDPLAY。

どちらも音楽で人生とそれぞれの折り合いをつけてきた、音楽そのものがその人たちである、という部分は一緒だけど。

 

ドキュメンタリーを観るとCOLDPLAYの「優等生ぶり」は一貫してうわべだけのものではないってことがよく分かってびっくりしてしまう。

天才的な音楽の才能に加え

作曲からレコーディングに至るまでの過程ひとつひとつへの心血注ぐような向き合い方、

アルバムを完成させるまでの妥協のない取り組み方、

バンドになにかあったときのやはり妥協のない対処の仕方、

もちろんツアー、ライブに対しても。

苦悩しながらも自分たちで選び取る力。デリケートに傷つきながらも流されずに答えを出す力。

これってすんごいエネルギーがないと出来ない。

才能があるメンバーが4人揃って、

その4人が対人関係をはじめとするあらゆる人生の出来事に対処する力もあり、支え合う力もあるってすごいこと。

だいたいどこかバランスが悪くて崩壊していくアーティストもたくさんいる中で。

特に、ビッグになってからの生活に耐えられるってことは並々ならぬ力があるってことだもんねえ。

 

真面目でクリーンで、真剣にLove&Peaceを掲げ

そんなのロックじゃないと叩かれながらも(私もロッカーらしからぬと思ってる)

『希望、愛、そして一体感』って壮大な目標のアルバムツアーを終わらせた彼ら。

なんと言われようと自らの道まっしぐら、の姿勢はやっぱりロッカーなんだわな。

ライブがあんなにも感動的だったのは彼らの辿り着いた境地があってのことだったんだね。

ほんの数時間でも、その場にいられて良かったな。

 

きらきらしたお花のカレイドスコープ(万華鏡)のスクリーンをバックに

花や鳥のかたちをした色とりどりの紙吹雪が舞うという最高にメルヘンなステージで

くるくる回って踊るのが似合う中年オヤジはCOLDPLAYのクリス・マーティンしかいない。

 

というわけで、ドキュメンタリーを観たことで

あのライブにいられたことへの感動があらためてしみじみと湧き上がって来てます。

 

これまでただライブが好きだって思って行っていたけれど

ひとつのライブの背景には壮大なストーリーがある。

ビッグになればなっただけ重いもの背負ったり引きずったり、それが大きなステージで昇華されていく瞬間。

生演奏を介してバンドの思いが放たれていくのを踊る手を伸ばしてみんなが受け止めていたんだな〜。

やっぱりまた行こう、ライブ。人生におけるとっておきの瞬間なんだよ。

と思わせてくれるドキュメンタリーでした。

| chigu | 日々のこと | 10:10 | | comments(0) |
関連している記事









http://j-tirnanog.jugem.jp/trackback/2012