プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
<< 今さらシネマ番外編『コールドプレイ:ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』 | main | はかどる日 >>
レッスンの日

こんにちは〜、今日はオートクチュール刺繍のレッスンで上京してきたchiguです。

 

いつも通り、明るい日差しの降り注ぐなか、景色が畑からだんだんビル街に変わっていって

それを寝てはときどき起きてちらっと眺めて。ずっと音楽を聴きながら。

 

今年最後のレッスン。すごく楽しかった!

ただ、ここのところクロッシェ(かぎ針)を使ってスパンコールやビーズを刺す練習をしていなかったのでなんとなく苦戦。

慣れて来たと思っても日頃の訓練はやっぱり大事だな。

 

今年のはじめ、織物教室に通うことを決めたとき

習い事がふたつか・・・贅沢すぎるんじゃないかという思いがよぎりました。

オートクチュール刺繍、もう何年も習っているのにオリジナルの何かにまだなっていないし

かと言って基本的な技術はちゃんと習ったわけだし

大きな刺繍枠の入ったバッグを抱えて遠くまで通うのも大変だし

レッスンはやめようか・・・とも悩みました。

 

そう思ってから

アトリエにセットしてある刺繍枠と刺しかけの課題を見たときに

自分がどんなにレッスンの課題ひとつひとつを楽しんでいるか、

やっぱりすごくすごく大好きなんだって思いがブワッとこみ上げて

やめるのをやめよう!とものごとは明快になりました。

 

贅沢だし労力もかかりますよ、

でも、大好きなことを資金も労力をかけてするって、そんな贅沢、生きているうちしかできないじゃないか。

来世でやろうってわけにいかないんだから。

 

そこから約一年経った今、よ〜く分かるんだけど

刺繍を続けたことも新しく織物を始めたことも、大正解。

どちらも私を大きく成長させてくれた。

どちらもうんと充実した時間をくれた。

 

こんな経緯があって、刺繍のレッスンへの愛はとても強くなりました。

いや、それを実感できるようになったってことかな。

素晴らしい先生に出会えて本当に幸せ。

来年もよろしくお願いします!

 

 

| chigu | オートクチュール刺繍のこと | 21:58 | | comments(0) |
関連している記事









http://blog-atelier.j-tirnanog.com/trackback/2013