プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
ラムウール ピンクと白 織り終りました

こんにちは〜、今日は次に何をどんな風に織ろうかと悩んでいたchiguです。

 

そう、次をどうしようかと悩んでいるということは、

織機にかかっていたものを織り終えたということです。

 

・・・思ったより早く終わった。

腕が上がったのか、瞑想の効果なのか、前より早く織り進むようになってます。

集中してやれている感覚って好き。

かと言って、「なんか今日はノリがイマイチだな・・・」なんて教室内をうろうろして先生の蔵書を見せて頂いて、

そのなかにすごく素敵な織物の写真を見つけて「やってみてぇ〜!」と思いがけずテンション上がるのも悪くない。

気分は日によっていろいろだから、それぞれヨシとすればそれでヨシなのだ。

 

ま、とりあえず、進んでいるのは嬉しいです。

2枚のマフラーが織り上がりました。

 

 

こちらは平織のマフラー。

 

 

こちらは綾織のマフラー。

 

織り方だけでなく、それぞれ微妙にピンクと白の糸の配分も変えました。

 

このあとは頑張って房を撚り、縮絨に向かいます。

がんばるぞ〜!

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 20:46 | | comments(0) |
朝、瞑想をしてみると

こんにちは〜、オートクチュール刺繍と糸紡ぎと機織りをぐるぐるやっているchiguです。

 

いや〜、ここんとこ寒かったなぁ。

私に暮らす街では本当に儚げな粒のちっこい雪が、茶こしを通してふるう粉砂糖のように降りました。

積もったら面倒だなと思ったけれどそんなこともなく、ただ静かに寒いってだけでしたね。

 

話題としてはけっこういきなりですが、朝、瞑想をしています。

瞑想って言うとなんだか”あっち側の世界”みたいに自分とはまったく関係のないものと思う方もいるようです。

宗教色を感じたり、お坊さんに肩を叩かれると思っちゃったり、異世界と繋がろうとしていると思っちゃったり。

で、ここで”マインドフルネスだよ”って言い方をすると、

「あ、テレビでやってたやつね」とか「あ、グーグルの社員さんがやってるってやつね」とピンとくる方もいるようで

これはマインドフルネスを地道に紹介してきた大学の先生なんかの功績かと思われます。

 

要は、一定の時間、何もしないでいるってだけなんですけど

人間、何もしないで座ってるなんてことはけっこう苦手な生き物で

だからだいたいは自分の呼吸に意識を集中する、とか、人によってはろうそくの炎に集中する、なんて人もいるようです。

で、その間、頭のなかには色々な考えや思いがぶくぶくと浮かんでくるわけだけれど

「ああ、今私、こんなの浮かんだな〜」とそれを観察して、呼吸に意識を戻すとな。

何も考えちゃいけないって思っちゃう人もいるようですが、

考えが浮かんでいる自分に気付いて、意識を呼吸に戻せればそれで良いのだ。

だいたい、こういうのにウマイも下手も、上手くできたも出来なかったも無いからね。

 

ちなみに私は呼吸でやっています。

ソファに座って、タイマーかけて、目を閉じて呼吸に集中する。

今は誘導してくれる便利なアプリもあるので、それを使ってみることもある。

ちなみに眠い時なんかはこっくりしちゃうこともあるさ。ま、いいじゃん、仕方ないよ。

 

なんでやってるかって、え〜と、単に頭がすっきり静かになって、その後の作業が順調に進むことが多いからです。

 

我が家ではたまたま、マインドフルネスが今のように流行るちょっと前に縁があって

好奇心も手伝ってやってみては長続きせず、ということを繰り返してきました。

 

で、最近、「またやってみるか」とふと思いついて気楽に朝やってみたら

その一日、家事も機織りも妙に順調に進むことに気付いて、その後はそのためにやっています。

とくに機織りやら刺繍やら糸紡ぎやら、できれば心静かに効率よく取り組みたいですからね。

 

当然ながら、やったら魔法のような効果があって夢みたいな日常が始まる、なんてこたありません。

効果ったってそりゃもう地味なもんです。気を付けないと効果があったのないのって分からないかも知れません。

でもうっすらとベールのように、私は効果を感じられます。

 

マインドフルネスを続けていると、人の頭の中ってのは日々いかに騒がしいのかということを感じることができます。

何故かわざわざ嫌なことを思い出して反芻したり、何かに理由をつけてみたくなったり

特に起こってもいないことを想像して不安になってみたり、もちろんその逆もあるけど。

で、それが静かになることの心地よさがクセになると言うか・・・。

で、慣れると、そういう思考のループにどっぷりはまらずに

「あ〜、今、わざわざ嫌なこと考えてたな」と気づくことが日常的にできるようになります。

もちろんさ、そういう思考にどっぷりはまるのが好きな人もいるからさ、

そういう場合はどっぷりしたら良いと思いますよ。

 

こういうのってタイミングとか(私が以前はイマイチ長続きしなかったように)相性ってもんがあるから

他人様に「ねえねえ、マインドフルネスってすごく良いんだよ!」などと勧めたりはしないです。

ただ、「今のところ私は気に入ってるよ!」と言えます。

 

で、またふっとやらなくなっちゃうかも知れないけどね、ま、それはそれで別に良いわけよね。

 

 

 

 

 

 

| chigu | 日々のこと | 20:27 | 昨年の記事 | comments(0) |
寒いけどレッスンの日、刺繍台に工夫した日

こんにちは〜、今日はオートクチュール刺繍のレッスンで上京していたchiguです。

先ほど帰って来たところ。

今日は寒かったな〜!

 

レッスンはいつも通りとても楽しかった。

難しいことを難しいなと思いながら、それも楽しい。

先生と話すのも楽しい。他の生徒さんと話すのも楽しい。

たくさんのサンプルの額がかかった教室の空間も

その隣の素材がセンス良く並べられたショップもとても美しくて居心地が良くて。

 

そんなこんなで、遠方まで行く道中は長いけれど、その価値があるのです。

 

そうそう、しばらく前、自宅に置いている自作刺繍台にまたちょっと手を加えました。

 

 

ホームセンターで買った引き出しの取っ手を取りつけて

電気膝掛けのリモコンを設置できるようにしたのです。

電気膝掛けってあったかくて便利なんだけどさ、このリモコンの置き場にすご〜く困るんですよ。

膝に置いておくと立ち上がったときにゴットンって落っこちるし

床に転がしておくと椅子のキャスターでコードをしばしば踏んでしまうし、

些細なことのようで案外悩ましい。

というわけでリモコンをひっかけるための取っ手です。

思った以上に使い勝手が良くなって作業しやすくなりました。

 

作業場ってこういうちょっとした工夫の積み重ねで、自分の空間になっていく。

で、愛着も増していく。最近はますますアトリエが大好き。

| chigu | オートクチュール刺繍のこと | 21:34 | | comments(0) |
気が付くと1100人

こんにちは〜、今日は糸紡ぎなどをしていたchiguです。

 

昨年は新作を出さなかったPwca minne店、気が付くとフォロワーさんが1100人を超えていました。

そして最近minneさんの特集でネックレス1点を取り上げて頂いたこともあり

お問い合わせやご購入をたくさん頂きました。

 

嬉しいな。

手元にアイテムが届いたお客様から嬉しいメッセージやレビューを頂きました。

私が素材を選んで、アイテムに仕立てて、写真を撮って、説明して。

お客様にそれを見て頂いて、ご購入頂いて、ご感想頂ける、この流れ。

活発なやりとりは久しぶりで、ああ、そうだ、喜んで頂けるってこんなに嬉しいんだったってしみじみ思い出しました。

本当に、心からありがとうございます。

 

Pwcaは、刺繍ジュエリーを制作するなかで、妹ブランドとして生まれました。

刺繍ジュエリーのヴィンテージ素材を集めていると

刺繍ジュエリーには使えないんだけれど可愛くてつい入手してしまう素材も増えてきてしまう。

でもせっかく長年きれいなままで残されてきた素材たちは、私の手元で眠っちゃう。

そこで、アクセサリーに仕立てて販売することにしました。

 

刺繍ジュエリーほど手間はかからない、その分、さらに直感勝負で「かわいい!」をアクセサリーに仕立てて。

可愛く撮ってあげるね、と撮影して、良いところをたくさん伝えるよ、と説明文を書くのはウキウキする楽しい作業でした。

まあ、大変な時だってあったけど。

販売当初からたくさんご購入頂いたPwcaの子たち。

素晴らしいお客様方に恵まれて、いつもお取引はとても心地よいものでした。

 

Pwcaは良い素材と出会えない限り、なかなか新作をご紹介できないシリーズです。

だから、これからどうなるかも分からないんだけど。

私が続けたいかどうか、そう思うような良い素材と出会えるかどうか。

 

でもとにかく、久しぶりにお客様たちと嬉しいやりとりをさせて頂いて、

そんな良い時間をもたらしてくれたPwcaの可愛い子たちにも感謝でいっぱい。

いつもオールオッケーな気持ちではない時もあったけど(その件はまた別の機会にお話しできれば)

やってきて良かったよ。

 

Pwcaではちょっと販売のスペースを空けるため、

人気の月と星シリーズ、アニマルシリーズの一部をSaleしています。

再入荷はしないので、気になるアイテムがあれば、この機会にぜひ!

 

あらためまして、フォロワーさん1100人、本当にありがとうございます☆

| chigu | SHOPに関するお知らせ Pwca | 18:51 | | comments(0) |
織り始めた日

こんにちは〜、今日は織物に取り組んだchiguです。

 

ここのところ、夜はクロスステッチのサンプラーか、糸紡ぎのための羊毛の下準備、

日中は織物、糸紡ぎ、オートクチュール刺繍をして過ごしています。

 

どれも集中力の要る作業なので、そのときの自分のフィーリングをよく確かめて

「今日、この時間ははこれが出来るぞ」と確信を得ながら。

と言っても織物は教室でしかできないので、教室の曜日には自分をしっかりそちらに引き付けることも必要。

だいたいは呑気に暮らしていますが

そのときそのときの自分の状態を把握すること、そのうえで作業に丁寧に向き合うことにはかなり気を配っているのだ。

 

さて、ここのところ経糸を機織り機にかける作業をしていたのが、今日からやっと織りに入ることができました。

 

IMG_0289.jpg

 

なぜかピンク続き・・・。おかしいな、そんなつもりじゃなかったのにたまたま選んだのがこの配色で。

自分では気づかない、「その色を選ぶ気分」というのがあるんでしょうね。

 

画像ではちょっと濃く写っていますが、実物は透明感のある配色です。

フワッと軽い質感に仕上げられたら嬉しい。

とりあえず、しばらくは無心にトントン、と織っていく時間が続く予定。

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 18:03 | | comments(0) |
暖かい日

こんにちは〜、今日は白チワワのちびナナたんをシャンプーしたchiguです。

 

シャンプーの前にお散歩。

なんと梅がもう咲いていた。

 

OI000026.jpg

 

 

紅梅は早いのはホントに早くから咲くんで、もう終わりかけの花もある。

 

 

OI000030.jpg

 

え〜、白い花ももうこんな咲いちゃう?!と思ったけど、さすがにこの木が特別だったようです。

すごく良い匂いだったな。

 

 

OI000025.jpg

 

ちびナナたん、ゴキゲンでよく走ってたな。

ってことはリードを持っている私ももれなく一緒によく走ったわけで

車に戻ったときはけっこう汗かいちゃってたよ。

 

 

午後から洗ったちびナナたん、きれい・フワフワになって一緒に昼寝しました。

犬の犬臭いのってすごく好きなんだけど

ラベンダーの香りになったフワフワナナたんを抱えて昼寝ってのも至福です。

| chigu | 動物たちのこと | 21:06 | 昨年の記事 | comments(0) |
Pwca 一部SALE開始しました

こんにちは〜、久しぶりに腰を据えてPC作業していたchiguです。

 

突然ですが、Pwca minne店で一部作品をSALE開始しました!

 

 

SALE品はトップページに移動したのですぐにご覧頂けます。

人気の月と星シリーズ、アニマルシリーズの一部を20%オフにしました。

 

ちょっと在庫を整理して、今後の活動のためのスペースを空けたいと思ってのことです。

人気のシリーズをあえて売り切りSALEとさせて頂きました。

在庫がなくなったら再入荷はありません。この機会にぜひどうぞ。

 

minneさんでは今日から2月5日までキャンペーンもしているので同時にご利用されるともっとお得ですね。

 

お楽しみ頂ければ幸いです!

どうぞよろしくお願い致します☆

 

 

画像が無いのも寂しいので、実家のヒーターの前で温風を楽しむ小さな2匹をお届けします。

 

 

奥に写っているちびちび白黒チワワのうめたんは背中を掻いてもらって最高にご満悦の姿です。

 

 

 

 

 

 

| chigu | SHOPに関するお知らせ Pwca | 16:41 | | comments(0) |
感じ方が以前と違う日

こんにちは〜、先日、クラシックの公演を聴きに行き感動冷めやらぬchiguです。

 

 

行ってきたのはこちら↓

 

 

企画だけでもちろん行きたいな!と感じたのですが

演目のなかにラヴェルの『亡き王女のためのパヴァーヌ』があると知り(大好きな曲)

あの曲のあの出だしを一流のホルン奏者が吹いたらどんなに素敵だろうと思ったら本当にとっても行きたくなって

チケットをとりました。

いつものことだけれどチケットをとってからライブまでの時間も大好き。

楽しみに待っている時間。

ちょっと忘れている時もあって、ふと「あ、そうだ、もうちょっとじゃん!」と思い出したときもすごく嬉しいし。

 

演奏はそりゃもう素晴らしかったです。

 

ラヴェルはもちろん、知らない曲も良く知っている曲も、ぐ〜っと引き込まれて。

あんなによく知っている筈の『白鳥の湖』のメロディでどうして泣きたくなるくらい心を動かされるのか。

馴染みの無い初めて耳にする『ミニマル・ミュージック 11&1』の不思議なリズムとメロディで

どうしてこんなに身体がふわっとするのか。

一瞬一瞬が大切。

 

少し大人になってから、音楽と美術の鑑賞については手間とお金を惜しまないようにしようと決めて

見たい、聴きたいと感じたものには足を運ぶようにしてきました。

何にでも行けば良いというものではない。

勉強とか教養とかということともまったく違う。

評判の展覧会だから行くわけでもない、有名だから見ておいた方が良い、ということでもない。

ただ、これを私は見たい、この公演のその場にいたい、それだけ。

 

そうして展覧会、公演に足を運ぶなかで知ったことが、今回のコンサートで急に言語化されました。

それは、「この演奏はこの場、この瞬間かぎり」だということ。

当たり前に聞こえるでしょ?よく聞く言葉だよね。

でも「生演奏を聴く」「実物を前にする」経験を繰り返し、

ある日小さなホールでラヴェルの美しい調べに心を委ねるなかで、不意に「ああ、この瞬間は今だけ」と切なくなるのは違う。

 

言葉にすれば当たり前のことを痛感するってありそうでなかなか無い体験なのだ。

 

同じメンバーが同じ演目を同じ場所でまた演奏したとしても

私はもう今の私ではないし、メンバーも演奏も場の空気も、同じではない。

その日の演奏が録音されたものを入手できても、もちろん同じに聴こえはしない。

私たちの脳は深く感動したサウンドをいつまでも鮮烈に記憶にとどめておくことはできない、残念ながら。

 

私は今聴いているこの音を二度と体験できない、こんなにも素晴らしいのに。

 

だから、頭をからっぽにして、言葉で考えることもやめて、ただ、聴く。ただ、見る。感じて、踊る。

何かを残そうなんて思わないで、この瞬間だけを大切にする。

素晴らしいものを前にして出来ることってそのくらい。

 

そんなことを実感させてくれた演奏でした。行くことにして良かったよ!

 

 

じつは今、見たい絵の展覧会があって、

少し遠いしお金もかかるし、行こうか行くまいかと悩んでいたんだけれど

悩んでる場合じゃないな〜ってつくづく思いました。

見たい絵は二度と同じように並ばない。

見たいと思う私は二度といない。ね、行かなきゃね!

 

 

| chigu | 日々のこと | 15:07 | | comments(0) |
もくもくと準備する日

こんにちは〜、ここのところ新しい織物の準備に一所懸命なchiguです。

 

 

細いラムウール。オフホワイトとピンク。

まずは経糸に必要な本数を、必要なメートル分、こうして木の枠にかけて用意するのだ。

先生にはこの整経という作業がその後の工程にず〜っと影響するから、落ち着いて取り組んでねと言われています。

 

 

こうして準備した糸を先日は織機に巻き取ったりし、今日は綜絖通しという作業。

 

 

織機はペダルを踏んだときに横糸を通す道が出来るのですが、その道を作るための作業です。

細かい作業だけれど淡々とやっていれば終わるので、淡々とやります。

 

考えてみれば織物の工程というのは、準備から織りから殆どが淡々とした作業ばかりです。

もちろん織っていてその美しさにわ〜っと嬉しくなるときもあるけれど

あとはず〜っともくもく、たんたん。

 

そういうところがまた好きなのかも知れないな。

そりゃたまに盛り上がりたいときもあるけどさ、そういうのは違う場面でやれば良いわけだしね。

 

次回は織りに入れると思います。もくもく、たんたん。

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 20:51 | | comments(0) |
縮絨がうまくいった日

こんにちは〜、今日は織物教室だったchiguです。

 

昨日は午後じゅうかけて自宅で新しい織物のために経糸の準備をし、

今日は教室でその経糸を機織り機にかける作業をしました。

と言っても作業できた時間が短いので完了せず。残りは次回に持ち越し。

機に糸をかける作業、少しずつ慣れてきて流れで進められるようになってきました。

 

ひとつひとつの作業に無心で取り組む時間。

 

 

さて、先日話題にした房を撚っていた手紡ぎ糸のマフラーをお湯に浸けて縮絨しました。

最後の緊張の工程。

丁寧に進めれば大丈夫、と自分に言い聞かせながら、感覚を頼りに、マフラーの様子をよく見ながら。

 

P1260818.JPG

 

ふわふわにできた〜!嬉しい。

 

P1260820.JPG

 

目がずいぶん詰まって全体のサイズはかなり縮み、程よく起毛しました。

すごく手触りが良いです。素肌に着けても大丈夫。

手紡ぎ糸にしても、購入した糸にしても、素肌に着けられる手触りは大きな目標のひとつ。

今回はうまく到達できたようです。

まだ目標はあって、もっと軽く仕上がると良いな、とか、サイズのバリエーションを増やしたいな、とか。

ひとつひとつ試行錯誤しながらよい良いものに近づけていきたい。

そういった探求がまた楽しいんだよね。

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 21:34 | | comments(0) |