プロフィール
ジュエリー、アクセサリー作家chiguと申します。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。↓
作品のご購入はこちらから
記事のカテゴリー
最近のコメント
最近の記事
過去の記事
ブログ ヘッダー最新1000px.jpg

アクセサリー作家chigu&白チワワのナナのアトリエ日記

アクセサリー作家chiguのブログです。
アトリエで起こるゆったりエピソードを、chiguとちっちゃなチワワたちがお届けします。
もくもくと準備する日

こんにちは〜、ここのところ新しい織物の準備に一所懸命なchiguです。

 

 

細いラムウール。オフホワイトとピンク。

まずは経糸に必要な本数を、必要なメートル分、こうして木の枠にかけて用意するのだ。

先生にはこの整経という作業がその後の工程にず〜っと影響するから、落ち着いて取り組んでねと言われています。

 

 

こうして準備した糸を先日は織機に巻き取ったりし、今日は綜絖通しという作業。

 

 

織機はペダルを踏んだときに横糸を通す道が出来るのですが、その道を作るための作業です。

細かい作業だけれど淡々とやっていれば終わるので、淡々とやります。

 

考えてみれば織物の工程というのは、準備から織りから殆どが淡々とした作業ばかりです。

もちろん織っていてその美しさにわ〜っと嬉しくなるときもあるけれど

あとはず〜っともくもく、たんたん。

 

そういうところがまた好きなのかも知れないな。

そりゃたまに盛り上がりたいときもあるけどさ、そういうのは違う場面でやれば良いわけだしね。

 

次回は織りに入れると思います。もくもく、たんたん。

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 20:51 | | comments(0) |
縮絨がうまくいった日

こんにちは〜、今日は織物教室だったchiguです。

 

昨日は午後じゅうかけて自宅で新しい織物のために経糸の準備をし、

今日は教室でその経糸を機織り機にかける作業をしました。

と言っても作業できた時間が短いので完了せず。残りは次回に持ち越し。

機に糸をかける作業、少しずつ慣れてきて流れで進められるようになってきました。

 

ひとつひとつの作業に無心で取り組む時間。

 

 

さて、先日話題にした房を撚っていた手紡ぎ糸のマフラーをお湯に浸けて縮絨しました。

最後の緊張の工程。

丁寧に進めれば大丈夫、と自分に言い聞かせながら、感覚を頼りに、マフラーの様子をよく見ながら。

 

P1260818.JPG

 

ふわふわにできた〜!嬉しい。

 

P1260820.JPG

 

目がずいぶん詰まって全体のサイズはかなり縮み、程よく起毛しました。

すごく手触りが良いです。素肌に着けても大丈夫。

手紡ぎ糸にしても、購入した糸にしても、素肌に着けられる手触りは大きな目標のひとつ。

今回はうまく到達できたようです。

まだ目標はあって、もっと軽く仕上がると良いな、とか、サイズのバリエーションを増やしたいな、とか。

ひとつひとつ試行錯誤しながらよい良いものに近づけていきたい。

そういった探求がまた楽しいんだよね。

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 21:34 | | comments(0) |
やっぱり房を撚る日

こんにちは〜、今日は織物教室だったchiguです。

 

ここのところ取り組んでいた手紡ぎメリノのマフラーを織り上げ、機からおろしました。

毎度のことで、この後は房を撚る作業。ちょっと面倒。

 

 

とは言え単純作業なのでなんとなくやっているうちにふっと終わっちゃう。

今夜リラックスした気持ちで淡々とやっちゃおう。

その後は縮絨が待ってる。どう仕上がるかドキドキするしワクワクもするのだ。

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 20:47 | | comments(0) |
シェットランドを紡ぐ日

こんにちは〜、昨日は長いこと糸紡ぎ、今日は織物だったchiguです。

 

先日の紡毛を紡ぐ、の続きでご報告。

 

先生にアドバイスを頂き、

トップの状態で購入した羊毛も一度繊維の向きをあえてあちこちにして

そしてまたカードをかけてローラグにする、という作業をしました。

そう考えると、洗っただけの羊毛を買って、自分でほぐしてカードかけても良かったのか・・・。

とりあえずやってみよう!って何も知らずにきれいに整ったトップで何種類か買っちゃったからなあ、

ここからいろいろ試してみるしかないな。

こうして経験を積んでいくんだねえ。

 

というわけで、今回は初めてシェットランドを紡いでいます。

 

 

 

天然の色そのままの茶。

こんな風にきれいに整った状態なのを

 

あえて手でちょっとまぜまぜしてからカード。

 

 

で、繊維があちこち向いたふわふわローラグにして、紡ぐと。

 

 

 

シェットランドはするするとほそ〜く紡げるので、わ〜面白い!とどんどん紡いでみました。

 

あれ、手触りが想像したふわふわと違う。

どちらかというとキリッとしてるなあ。

そうなると何に使うかよく考えないとなあ。

 

なんでもやってみないと分からない。

やってみて、そうなのか、と触って体感して・・・ハッとここで気づいたんだけど

そう言えば糸紡ぎについてはちゃんとしたサンプル帳も作ってないな。いろいろ試してるんだから作ろうかな。

 

と、またやることがひとつ増えたのであった。

 

サンプル帳か、なんかカッコいい響き・・・フフフ、楽しそう。

 

 

ところでふわふわ画像が続いたところで、我が家のふわふわちゃんも載せておきましょう。

 

 

静電気で顔まわりの毛が広がってます。なかなか可愛い。

 

 

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 18:09 | | comments(0) |
紡ぎをいろいろ試してみたい日

こんにちは〜、日々糸紡ぎとオートクチュール刺繍に取り組んでいるchiguです。

 

オートクチュール刺繍の華やかな世界と

もさもさした原毛を一定のリズムでひたすら引き延ばして撚りかけする糸紡ぎでは

何もかもが違う。

違うんだけどさ、どっちもやたら楽しい。

どっちも大好きさ。

 

さて、ここのところメリノ・単色の紡ぎをやっていました。

 

 

羊毛の時点でとても艶やかで美しい色でしたが、撚ってきゅっと細くなると色が凝縮されてまた違った美しさになる。

 

ただ、実のところ今回は思ったことが出来ていないんだよな。

つまりさ、きれいに整えられた(いわゆる”トップ”の状態)羊毛から

繊維があちこちする紡毛を紡ぐにはどうしたら良いか?ということについて

自分なりにいろいろ試してみようとして、なんだか失敗したらしい…。

トップを少量引き抜いてそのままちょっと広げてくるっと丸めてローラグにしたんだけれど

その隅っこを引っ張り出して紡ぐと、だんだん繊維が引っ張られて揃って行ってしまって

繊維の方向が揃った梳毛になってしまう。私の作りたい紡毛ではなくなっちゃうのだ。

 

ここはひとつ、先生の助言を求めたところ何点か素晴らしい教えを頂きました。

教わったからには早くそれを試してみたい、今のローラグを早く紡ぎ終えて次にいきたい〜!!

 

というわけでずいぶん熱心に糸紡ぎして過ごしました。ふふ。

次は羊の種類も変えてみることに決めて準備と試し。

ご報告は後日。

 

 

 

白チワワのちびナナたんは相変わらずハスキーハッキー(注:ぬいぐるみ)に甘えています。

さっきまで耳をくわえて振り回していたというのに、今度はべったり。

 

 

一緒に寝るのが気持ち良いらしいです。​

良いね、友達がいるってさ。

 

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 21:10 | | comments(0) |
手紡ぎ糸のマフラー織り始め

こんにちは〜、今日も織物をしてきたchiguです。

 

先日載せた記事に引き続き、今日も経糸をかける作業を続け、やっと準備完了〜。

というわけで織り始めることが出来ました。

 

 

あれ、色がちょっと濃い目に写っちゃったな。

もう少し薄いピンクと白の糸で格子柄。

今回も隙間を均等にあけて織っていくので、単純な織り方でも気をつかってなかなか進まない。

 

一日集中して作業できました。

次は何をするかも同時に考えておかないとな〜。

学んでは経験を積むの繰り返し。

なんとなく時間が過ぎてしまわないように

今していることから

感じること、考えること、反省すること、次回に活かすこと・・・出来る限り吸収できるように

アンテナを立てつつ作業、心のなかでメモしつつ作業、なのだ。

 

 

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 17:58 | | comments(0) |
縮絨して満足した日

こんにちは〜、今日は織り上がったマフラーを縮絨したchiguです。

 

ウールなんかの素材のものが織り上がったら、

お湯に浸けて、場合によっては押したり揉んだりして刺激を与え

程良く縮ませたり起毛させたりするのです。

それが縮絨。

 

これまで何回かやってみて「これで程よく出来ているのだろうか・・・」という点でいまいちピンと来ていませんでした。

 

今回はもともと細いラムウールで更にスカスカに見えるくらい隙間をあけて薄く織り

縮絨して薄手のふんわりマフラーに仕上げよう!という具体的なイメージがありました。

なので、織るときから打ち込む力などかなり気をつけていました。

 

今日は洗面所でお湯に浸け、

縮め〜!ふんわり起毛しろ〜!と念じながらけっこうモミモミオシオシしてみました。

 

 

こちらの画像が縮絨前、房を撚っている写真の拡大バージョン。

 

P1090734.jpg

 

ほら、スカスカ。こんな隙間あけちゃってホントに大丈夫かな〜とも思ったのですが

 

 

 

P1150745.jpg

 

縮絨後。お〜、かなり目が詰まって、起毛しました。

起毛の仕上げのためにスチーマーで湯気もあててみました。

 

P1150743.jpg

 

がさがさした織り上がりだったのが、今はとってもふんわりちゃん。

目指した通りに出来たんじゃないかな。嬉しいな。

赤とベージュの二種類のパターンを組み合わせたチェックです。

模様も気に入ったし、満足だい。

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 18:04 | 昨年の記事 | comments(0) |
新しく機掛けする日

こんにちは〜、今日は織物教室だったchiguです。

 

新しい織物に取り掛かりました。

 

 

綜絖通しという作業をしているところの写真です。

この綜絖にどんな風に糸を通し、そしてこの綜絖をどんな風にペダルと繋げるかで、織れる模様が変わってくるのです。

と言っても今回はごくシンプルに平織。

手紡ぎ糸の風合いが生きるように。

 

織るまでの作業中、糸を触るたびに、ふんわり柔らかく紡げたことがわかり嬉しくなります。

織ったときどうなるかな。それを早く知りたくて、早く織り始めたい!

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 18:30 | 昨年の記事 | comments(0) |
房を撚る日、ふたたび

こんにちは〜、今日はうとうと昼寝しちゃってたchiguです。

 

先日織り上がったストールの房を撚っています。

 

 

織物ってほんと、準備と始末にかかる時間が多くて実際に織る作業って意外とちょっとなんだよね。

房を撚るのだってなかなか時間がかかるのだ。で、けっこう大変なんだよね。

でも早く仕上げて縮絨して本当の仕上がりを見てみたい。頑張るぞ。

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 20:35 | | comments(0) |
リジットへドル機で続きをする

こんにちは〜、今日は小さなコースターを織っていたchiguです。

 

しばらく織物教室は休みで高機で織物をすることが出来ません。

でも何か織りたいな〜。

というわけで、我が家には頂いたリジットへドル機があるじゃないですか。

しかも少し前にコースターを織り始めて、中断していたところ。

続きをやろう。

 

 

教室で使った糸の残りと、自分で紡いだでこぼこの糸。

 

 

これはどちらも手紡ぎの糸。

それぞれ引き揃えで。

 

コースターだしリジットへドルだし気負いなく作業できるのが良いところ。

籠に盛った手紡ぎ糸の小さな玉を気軽に選んで緯糸にする。

スピンドルでコツコツ紡いだカラフルな糸の玉たち、可愛いんだよね。

 

 

白チワワのちびナナたん、窓際でまったり顔。

 

 

 

| chigu | 織物・紡ぎのこと | 20:44 | | comments(0) |